【タイの曜日】月曜から日曜までのタイ語名と、曜日に関するタイ語会話速習例文

theartofsounds2001 / Pixabay

今回は、タイ語の曜日の名前を、ご紹介していきます。

タイでの生活がある程度慣れてくると、曜日の感覚は必須になります。

●月曜から仕事、
●土曜日に買い物に行く

スポンサードリンク

などです。

そこで今回は、タイ語の曜日の言い方を、勉強していきましょう。

曜日に関する受け答え、3つのフレーズ

はじめに、「何曜日ですか?」という疑問文を、覚えましょう。

  1. 何曜日?
  2. 今日は何曜日ですか?
  3. 今日は土曜日です。

まずは、いかにご紹介する、これら3つのフレーズを、何度か聞き流して、練習してみましょう。

ちなみに、なぜ例文に「ワン・サオ(土曜日)」をチョイスしたかというと、

休日が大好きなタイ人との会話では、「土曜日」という言葉が、7つの曜日名の中で、最も使用頻度が高いと考えられるからです。

フレーズ1:何曜日?

ワン・アライ?

↓音声はこちらから

フレーズ2:今日は何曜日ですか?

ワンニー・ワン・アライ?

↓音声はこちらから

フレーズ3:今日は土曜日です

ワンニー・ワンサオ

↓音声はこちらから

これら3つが基本文型になりますので、しっかりと聞き流しておいてください。

それでは次に、7つの曜日名を、順に見ていきましょう。

タイ語の7つの曜日の名前

タイ語の曜日の言い方は、星の名前が元になっています。

日曜→太陽
月曜→月
火曜→火星 …

そのため、天体観測が好きな人にとっては、必須知識です。

7つの曜日をタイ語で覚えることができれば、自動的に、太陽系の惑星の名前を覚えられる、

ということになります。

月曜日

ワン・ヂャン

↓音声はこちらから

火曜日

ワン・アンカーン

↓音声はこちらから

水曜日

ワン・プゥト

↓音声はこちらから

まずはここまでの3つを、続けて復唱してみましょう。

その際、「ワン(曜日)」は省いても構いません。

「ヂャン・アンカーン・プゥト」
「ヂャン・アンカーン・プゥト」
「ヂャン・アンカーン・プゥト」・・・

これは、日本語で言うところの、「月火水の3日間」のような言い方で、タイでも普通に、

「ヂャン・アンカーン・プゥト」

という言い方をします。

スポンサードリンク

木曜日

ワン・パルハト

↓音声はこちらから

おそらく、一番覚えにくいのが、木曜の「ワン・パルハト」です。

つづりも長い上に、木曜は、曜日のちょうど真ん中で、「月火水」「金土日」のいずれからも、外れています。

どうしても覚えにくい場合は、木曜は後回しにしましょう。

金曜日

ワン・スゥク

↓音声はこちらから

土曜日

ワン・サオ

↓音声はこちらから

日曜日

ワン・アーティト

↓音声はこちらから

先ほどと同様、「金土日」とセットで復唱してみましょう。

「スゥク・サオ・アーティト」
「スゥク・サオ・アーティト」
「スゥク・サオ・アーティト」・・・

まとめ

最後に、今回ご紹介したすべての表現を、続けて聞いてみましょう。

補足:「何曜日生まれ?」

ちなみに、タイでは、「生まれた曜日」というのが重視されます。

日本で言う、「血液型占い」のような位置づけで、タイでは、曜日ごとに、人の性格や運勢が決まるとされています。

興味のある人は、一度、日付から曜日を割り出すこちらのサイトなどで、曜日を算出してみてください。

「生まれる」は、タイ語で「เกิดグァート」と言います。

そのため、生まれた曜日を言うときは、前述の曜日の受け答えの文の前に、「เกิดグァート」を置くだけです。

●เกิด วันอะไร グァート・ワン・アライ
何曜日生まれですか?

●เกิด วันจันทร์ グァート・ワン・ヂャン
月曜日生まれです。

タイのお寺では、生まれた曜日ごとに、お祈りスペースや賽銭箱が分かれていたりしますので、

タイでは自分の生まれた曜日を把握しておくと、何かと重宝しますよ!

Youtube動画

BGM付き動画はこちら


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク