タイ語で「懲りる/こりごりだ!/もう二度とイヤだ!」は何と言う?~反省・自戒のフレーズ

sasint / Pixabay

楽しいタイ生活。でも、暮らしていると、ついつい嫌気を感じてしまうことだって、あります。今回は、

「もうこりごりだ!」
「もうこんなことは二度と嫌だ!」

というニュアンスを表す、便利なタイ語のフレーズを、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」

は、「懲りる」という意味の動詞です。

「ケット・ラープ!(こりごりだよ)」

と、単独で使用することもできますが、

「もうこりごり!」

という「完了」のニュアンスを表したいときは、

「レェーオ」

を後ろに続けて、

「เข็ดหลาบแล้วケット・ラープ・レェーオ!」

と、言います。これで、

「もうこりごりだ」
「もうこんなことは2度とやらない」

というようなニュアンスになります。

では、

●「ケット・ラープ!(こりごりだ)」

●「ケット・ラープ・レェーオ!(もうこりごりだ)」

この2つのフレーズを、続けて聞いてみましょう。

↓音声はこちらから

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」の使い方

日常生活で、「เข็ดหลาบケット・ラープ!」を使う場面としては、例えば・・・

●役所に行くために、市バスを乗り継いで行こうとしたら、何時間もかかってしまい、結局閉館時間ギリギリになってタクシーで行った。

「เข็ดหลาบケット・ラープ!(市バスなんて、もうこりごりだ!)」

というような場合。または…

●自分が住んでるアパートの近くで携帯電話の中古品を買ったら、とんでもない粗悪品を掴まされた。

「เข็ดหลาบケット・ラープ!(こんな店では、もう二度と買わない!)」

というケース。または…

●近所のレストランで、カオパット(タイのチャーハン)を注文したら、さんざん待たされた挙句に、とんでもない手抜き料理が出てきた。

「เข็ดหลาบケット・ラープ!(二度とこんな店来るもんか!)」

…などなど、このような状況の時に、

「もう二度とするもんか!」

という、辟易と反省の気持ちを表す最適のフレーズが、

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」なんです。

こうしてみると、意外と大切なフレーズだと思いませんか?

↓もう一度、音声を聞いておきましょう。

タイ人は色恋沙汰でこれを言う

前項でご紹介した「เข็ดหลาบケット・ラープ!」のシチュエーションというのは、あくまでも、我々日本人旅行者目線です。

一方、タイ人はというと…

日常生活では、あまり使いません。

タイ人が「เข็ดหลาบケット・ラープ!」のフレーズを使うのは、もっぱら色恋沙汰です。

●「もう見た目で男は選ばないって決めてたのに、結局、また見た目で選んじゃった…、いい男なんて、もうこりごりよ」

●「私、ダメ男に弱いのよね。つい尽くしてあげたくなっちゃう。でも、今まで私が痛い目を見てきたのも、やっぱりダメ男ばっかりなのよね」

…とまあ、こんな具合です。

そもそも「懲りる」とはどういうプロセスか

さて、「外国語の勉強」という観点から言えば、

上記のような「เข็ดหลาบケット・ラープ!」の使い方をマスターしていれば、それで問題ないのですが、

私たちは日本人として、さらにもう一歩踏み込んで、考えてみましょう。

スポンサードリンク

「懲りる」というのは要するに、「過去の失敗から学ぶ」ということです。

日本人は潜在的に、過去の失敗から学ぶことが得意な人が多いです。

これは、小さい頃から「反省」の概念を、家庭や小学校などでよく学んで来ているからです。

そのため、今回ご紹介している「เข็ดหลาบケット・ラープ!」の用法を1度聴けば、

「なるほどそういう風に使うのか」ということがすぐに判ります。

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」は、タイ人よりも日本人の方が使い方をよく知っている

しかし、タイを始めとして、日本以外の外国では、必ずしもそうではありません。

特にタイでは、前回からご紹介している「マイペンライ!」という便利な言葉があります。

このマイペンライによって、タイ人は、イヤな思い出をとにかく忘れようとしてしまうため、

タイの人たちの多くは、過去の失敗からあまり学ぼうとしません。

そのため、今回ご紹介している「เข็ดหลาบケット・ラープ!」は、

日常語でありながら、タイの人は普段の生活であまり使わない、ということなんです。

そして、その結果として…

「過去に失敗したことを再び繰り返す」

という残念なことになってしまうんです。

要は、「ケット・ラープ(懲りる)」ができていない、ということです。

逆に、私たちのような、タイ語を話す日本人の方が、

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」

という言葉の、本当の意味をよく知っているのではないか?と思います。

上記の例で言えば…

「この店には粗悪品しか置いていない、もうこりごりだ!」

というようなケースです。

タイの一般の人は、こうした経験をしたあとでも、

「店長と知り合いだから」

というような理由で、ついつい同じ店で買い物をしてしまい、結局また、粗悪品を掴まされてしまうんです。

これは、とどのつまり、

「ケット・ラープ(懲りる)」ができていない、

ということです。

まとめ

今回は、「もうこりごりだ!」「もう二度とやるもんか!」というニュアンスを表したいときの、タイ語フレーズについて、ご紹介してきました。

最後にもう一度、続けて聞いてみましょう。
↓音声はこちらから

●ケット・ラープ!
(こりごりだ)

●ケット・ラープ・レェーオ!
(もうこりごりだ)」

「เข็ดหลาบケット・ラープ!」

の辞書的な意味は「懲りる」だけですが、

ここに込められた最も重要な意味は、

「過去の失敗から学ぶ」
「過去の失敗は二度と繰り返さない」

ということです。

こうした反省の概念は、日本以外の国では苦手な人が多いですから、

タイでも、むしろ日本人の方が、「เข็ดหลาบケット・ラープ!」の意味をよく理解していたりします。

今回の「เข็ดหลาบケット・ラープ!」をしっかり練習して、過去の失敗から学び続け、

「さすがは日本人だ!」と言われるような振る舞いを、していきたいものです。

●「懲りる・反省する」ということができるのは、文化的に成熟した国の人だけである。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク