タイ語で「炒める/煮る/焼く」は何と言う?タイ料理を知るための調理ワード7つ【前編】

DSCN9190

「タイ料理の名前がなかなか頭に入らない」と悩んでいませんか。

タイ語は、発音が難しいため、タイ語を習いたての頃は、「料理の名前がなかなか覚えられない」ということがよくあります。

でも実は、タイ語の料理名には、ある一定のルールがあるんです。

スポンサードリンク

そのため、タイ語で料理名を言うときのコツさえ知っていれば、長いタイ語の料理名であっても、すぐに覚えることができます!

そこで今回は、タイ語で料理名を言うコツと、

調理方法を表すタイ語について、ご紹介していきます。

タイ語で料理名を呼ぶときのルール

タイ語の料理名には、一定のルールがあります。

これを知っておくと、初見のタイ料理でも、名前を聞けば

「あー、そういう料理ね♪」

と、判別できますので、なにかと便利です。

タイ語の料理名は、おおむね次のようになっています。

①(調理法)+(メインの具材)

または逆の、

②(メインの具材)+(調理法)

ほとんどは、この2パターンです。

どちらかというと、

①の(調理法)+(メインの具材)のほうが主流で、

大体の料理名は、「調理方法」を先に言って、その次に「メインの具材」を言う、という語順になります。

例えば、

誰もが知っている「トムヤムクン」であれば、

調理法:トム&ヤム(辛酸っぱくして、スープにする)

具材:グゥン(エビ)

…というわけです。

そのため、

「タイ語の料理名を覚える」とは、言い方を変えれば、

「調理方法のタイ語を覚える」

ということになります。

そこで次に、調理方法を表す7つのタイ語を見てみましょう。

1:パッ(炒める)

「炒める」は、タイ語でผัดパッと言います。

タイ料理の最も有名なメニューの1つである「ผัดไทยパッタイ」は、

直訳すると「タイ炒め」で、これで

「タイ風焼きそば」

という意味になるわけです。

パッタイ(タイ風焼きそば)

このパッタイに関しては、次のようなエピソードがあります。

戦時中、タイで焼きそばと言えば、まだ中華風の焼きそばしかなかった頃、現在のパッタイが考案され、

「これはタイの焼きそばである!」というナショナリズム的な思いも込めつつ、

ผัดไทยパッタイ(タイ風焼きそば)」

と名付けられた、と言われています。

パッタイ

なにせ、当時のタイの首相が直々に、

「タイ民族はパッタイを食べよう!」

という広報政策を進めていたほどですから、パッタイの重要度が伺えます。

パッ・ガパオ(バジル炒め)

)

また、同じく外国人に人気のメニューである、

「ผัดกระเพราパッ・ガパオ」

も、(調理法)+(メインの具材)の語順です。

「ガパオ」とは、

「バジルの葉っぱ」

という意味です。

「パッ・ガパオ」というのはつまり、「バジルの葉っぱを炒めたもの」ということです。

●ผัดパッ(炒める)

●ผัดกระเพราパッ・ガパオ(バジル炒め)

↓音声はこちらから

カオパッ(チャーハン)

また、この語順とは逆に、(メインの具材)+(調理法)となっているものもあります。

スポンサードリンク

これの代表格は、ご存じ

「カオパッ(チャーハン)」です。

「カオ」は「ご飯」という意味です。

でも、本来であれば、「ご飯を炒める」のですから、

「パッ・ガパオ(バジルを炒める)」のと同様に、「パッ・カオ」という語順になりそうなものなのですが、

なぜか調理法があとに来て、「カオパッ」と言います。

これはおそらく、文法的には、

「ご飯を炒める(動詞+目的語)」ではなくて、

「炒めたご飯(修飾語+名詞)」

という意味なんだろうと思います。

2:ヤム(辛酸っぱく和える)

辛酸っぱい味付けで和(あ)えることを、タイ語で

ยำヤム

と言います。

ヤム・ウンセン(春雨サラダ)

)

「タイ風春雨サラダ」として知られる、

「ยำ วุ้น เส้นヤムウンセン」

は、「春雨(ウンセン)を、辛酸っぱく和えたもの」という意味です。

●ยำヤム(和える)

●ยำวุ้น เส้นヤム・ウンセン
(春雨和え)

↓音声はこちらから

3:トム(煮る)

「煮る・スープにする」は、タイ語で

ต้มトム

と言います。

トムヤムクン(エビの辛酸っぱいスープ)

冒頭でもご紹介した「トムヤムクン」は、

トム 煮る
ヤム 辛酸っぱく
クン エビ

という語順で、

トムヤムクン

つまり、後ろから訳すと、

「エビを辛酸っぱく煮たもの」

という意味になるわけです。

●ต้มトム 煮る

●ต้มยำกุ้ง トム・ヤム・グゥン
(エビを辛酸っぱく煮たもの)

↓音声はこちらから

まとめ

いざ書き始めてみると、予想以上に、かなり記事が長くなってしまったので、

ここまでで一旦「前編」としておきます。

今回は、タイ料理のことをもっとよく知ってもらうために、「調理」に関するタイ語のキーワードをご紹介してきました。

今回ご紹介したのは…


1.
●ผัดパッ(炒める)

●ผัดกระเพราパッ・ガパオ(バジル炒め)

2.
●ยำヤム(和える)

●ยำวุ้น เส้นヤム・ウンセン
(春雨和え)

3.
●ต้มトム 煮る

●ต้มยำกุ้ง トム・ヤム・グゥン
(エビを辛酸っぱく煮たもの)

以上3つのタイ語キーワードと、料理名です。

いずれも、非常に有名なメニューばかりですよね。

こうやって、タイ料理の名前の意味が分かると、タイで食事をするのがもっと楽しくなると思いませんか?

では引き続き、「後編」をご覧ください。

→【後編】へ進む


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク