BNK48『恋するフォーチュンクッキー』のYoutube動画が再生回数1億回!大ヒットの理由を考えてみる(คุกกี้เสี่ยงทาย)

今回センターを務めた「モーバーイ」

このたび、BNK48の『恋するフォーチュンクッキー』の動画再生回数が、

なんと1億回を超えました。

これは、タイのアイドルの動画としては「異例」すぎるほどの快挙です。

スポンサードリンク

後述しますが、この動画は、固定ファンだけでなく、まだファンになっていない、タイの一般ユーザーにも見られています。

少なくとも、BNK48の「恋するフォーチュンクッキー」は、タイで「大ヒットしている」と言って間違いないでしょう。

今回は、BNK48の「恋するフォーチュンクッキー」が、

「そもそもなぜここまでヒットしているのか」

ということについて、少し考察をしてみようと思います。

異例の大ヒット

2018年4月現在、BNK48の「恋するフォーチュンクッキー」は、再生回数1億回。

動画はこちら↓

ちなみに、前回私が、

「恋するフォーチュンクッキー」タイ語版のカタカナ読みの歌詞を、記事として公開したのは、2018年2月。

当時、再生回数は4千万回でした。

そしてその後、再生回数は、5千万、7千万、と右肩上がりに伸び続け…

動画公開後、わずか4ヶ月で1億回という、異例の快挙を成し遂げました。

タイ語の記事よりも…

また、これに伴い、私のこのブログも、「恋するフォーチュンクッキー BNK」などのキーワードで、検索されることが増え、

おかげさまで、多くの方々に読んでいただいています。

見ての通り、記事サイドバーの「よく読まれている記事」の欄では、「恋するフォーチュンクッキー」の記事が、常に上位表示されています。

これはつまり、

「ほかのタイ語学習関連の記事は読まれなくても、恋するフォーチュンクッキーの記事だけは、読まれ続けている」

ということを意味しています。

現に、現在このブログを読んでいただいている読者の、「約3分の1」は、

「恋するフォーチュンクッキーで、このブログを知った」

という人です。

「BNK48の影響力、恐るべし」という感じですよね~。

再生回数1億回の理由は?

私は、BNK48の「恋するフォーチュンクッキー」の再生回数がここまで伸びたのには、いくつかの理由がある、と考えています。

1つ目は、

タイ全国の学校の、部活やサークル、発表会などで、ダンスがコピーされまくっている

という点です。

つまり、学校で、クラスの出し物を考える際…

「何する?」
「そうだ、恋するフォーチュンクッキー踊ろうぜ!」

と、提案する学生が、全国にいた、ということです。

現に、タイの地元のニュース記事を読んでいると、ほぼ、週に1回ぐらいの割合で、

「名門〇〇学校の卒業式で、生徒たちによる恋するフォーチュンクッキー」

という記事が出ていました。

また近年は、学校で何かあれば、すぐにFacebookに投稿する、という学生が多いですから、

こうなると、
「〇〇学校では、恋するフォーチュンクッキーをやったらしいぞ」
「じゃあうちもやろう」

という風に、全国へ伝播していったのだろうと思います。

私の周囲でも、けっこう多くの人が、

「子供が学校で、恋するフォーチュンクッキーを踊ったらしい」と言っていましたから、

タイの学生の間で、BNKの流行が爆発した、と見て間違いないと思います。

時期的に、タイで「恋するフォーチュンクッキー」が発表されたのは、ちょうど卒業シーズンでしたから、

これはかなり大きな要因だっと思います。

計算ずくだったかどうかは分かりませんが、もしも、プロダクション側が、

「あえて卒業の時期に発表して、学校で踊ってもらう」

ということを想定していたとしたら、凄まじい先見の明です。

ダンスが簡単だった

また、恋するフォーチュンクッキーの動画が、いわゆる「キレッキレのダンスではなかった」という点も、大きいと思います。

見ての通り、クラスで数日練習すれば、十分コピーが可能な、シンプルなダンスです。

これにより、「ちょっと動画を見ながら真似して踊ってみよう」という層を、確実にゲットすることができるわけです。

もしも、「プロのダンス集団によるキレッキレのダンス」であれば、タイではここまでヒットしたかっただろうと思います。

クラスの出し物で、BNKを踊る

「クラスで踊る」ということになれば、クラス全員が、この動画を何度も見て練習しなければなりません。

また、学校で、どこかのクラスが踊れば、自然と、「えっ、あの曲は何?」と話題になりますから、

BNKを知らなかった子も、感化されることになります。

スポンサードリンク

このようにして、全国の学校で、興味の連鎖反応が起き続けたのだと思います。

一番日本っぽいアイドルグループ

また、BNKには、ほかのどの海外グループにもない、BNKだけの、突出した特徴があります。

それは…

「BNKが、一番日本のアイドルっぽい」ということです。

ほかのグループ、例えば、ジャカルタのJKT48や、上海のSNH48の動画を見ると…

メンバーは、「その国の美人」が集められています。

SNH48の「恋するフォーチュンクッキー」

JKT48の「恋するフォーチュンクッキー」

こうなると、確かに「綺麗さ」のポイントは、高いかもしれませんが、

「日本のアイドル文化のイメージ」とは、かけ離れてしまうことになります。

別の記事でも紹介していますが、

中国の「SNH48」による恋するフォーチュンクッキーでは、なんと…

日本語の歌詞は、1つも出てきません。

そのため、何も知らない人が、SNH48の動画を見ると、

「地元のチャイニーズアイドルが、日本の楽曲をカバーしただけ」

のように見えます。

こうなると、「日本風のアイドルを見てみたい」という層を、ファンとして獲得するのが困難になります。

BNKには日本のアイドルっぽい女の子が多い

その点BNKは、「よくぞここまで集めた」と言いたくなるぐらい、

「日本のアイドルっぽい女の子」たちが、厳選されて集められています。

いわゆる、「超美人」ではなく、

「クラスにいそうな可愛い子」という、日本のアイドル文化が、かなり忠実に取り入れられています。

今回センターを務めた「モーバーイ」

今回センターを務めた「モーバーイ」

デビュー時から高い支持率を誇る「ミウ」

デビュー時から高い支持率を誇る「ミウ」

これにより、BNKは、タイ人の「日本アイドルのファン」や「ドルヲタ」を、確実に獲得でき、なおかつ、

「タイのジャパニーズアイドルを見てみたい」という外国の層も、獲得できる、というわけです。

実際のところ、

BNKの動画は、タイだけでなく、アメリカやヨーロッパ、そして、日本でも、数多く再生されています。

これはつまり、「AKBグループの海外進出」というキーワードで、動画を検索した人の多くが、SNHやJKTの動画よりも前に、

まず初めに、BNKの動画をチェックしている…ということなんです。

まとめ

BNKの「恋するフォーチュンクッキー」が、これほどの大ヒットを収めることができたのは…

・タイの学生がカバーしやすいダンスPVだった

・他の「美形」の海外グループに比べて、「かわいらしさ」が突出していた

・「日本っぽさ」が前面に出ていたため、タイ以外の、海外のファンも獲得することができた

…などの理由が考えられます。

ただし、以上は、あくまでも私の個人的な見解で、賛否両論もあるかとは思います。

BNKの動画再生回数は、今後さらに伸びていくことが予想されます。

ひょっとしたら、2019年には、再生回数2億回ぐらいになっているかもしれません。
今後の活躍に、期待しましょう!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク