【タイ語学校】独学とどっちがいい?タイ語学校のメリットとデメリットを比較検証

School

本格的にタイ語を勉強するにあたり、

「タイ語学校に通ったほうがいいのだろうか」
「学校に通うのと独学とでは、どちらがいいのだろうか」

と、考えていませんか。

スポンサードリンク

もちろん、
語学学校には、
語学学校でしか得られないメリットがあり、
独学には独学なりのメリットがあります。

またこれには、
あなた自身の性格も、
大いに関わってきます。

そこで今回は、この件に関して、
少し深く掘り下げて、
考えてみたいと思います。

語学学校に通う2つのメリット

まず、はじめに断っておきますが、
「留学ビザが取れる」というのは、
今回メリットからは除外したいと思います。

それはシステム的なメリットであって、
語学学習そのものに関するメリットではないからです。

留学ビザはいったん除外して、
語学学校での学習そのものについての、
メリットを考えてみましょう。

講師に間違いを指摘してもらえる

語学学校に通えば、
講師が間違いを指摘してくれる。

私はこれが、
一番大きなメリットだと考えています。

独学でも、ある程度は、
タイ語を身に付けることができますが、

もしも間違えていたときに、
独学の場合は
それを指摘してくれる人がいません。

当然語学学校であれば、
あなたの会話や作文に対して、

  • 「ここが間違っている」
  • 「ここはもうちょっとこうしたほうがいい」

などのアドバイスをくれますから、
間違いの矯正がしやすくなります。

(逆に言えば、間違いを指摘してくれない講師であれば、メリットはあまりありません)

同じ目標を持つ仲間がいる

語学学校では、
同じようにタイ語を勉強している仲間がいる。

これも、大きいと思います。

独学では、
自分1人の努力に全てがかかっていますので、

  • 自分がどれぐらいできたのか、
  • どれぐらいできていないのか、

ということがわかりにくくなります。

その点、語学学校であれば、
よくできる仲間もそうでない仲間もいますから、
自分のレベルを常に確認することができます。

また、サボりの防止にもなります。

もしも自分の努力が足りていないときや、
レベルが落ちそうになったときに、
仲間がいれば、すぐに気づくことができます。

これは、
語学学校の最大のメリットの1つです。

講師や仲間がいないことが、独学のデメリット

語学学校のメリットとして、

  • 間違いをしてくれる講師がいること、
  • 同じ目標を持つ仲間がいること、

この2つを紹介しましたが、

逆に言うと、

  • 間違いを指摘してくれる講師がいない、
  • 同じ目標を持つ仲間がいない、

このことが独学のデメリットだといえます。

これをカバーするには、

自分が独学で身に付けたタイ語が間違っていないかどうか、
動画やオンラインの資料などで、
定期的に自分のタイ語をチェックする、
という作業が必要になります。

そして、仲間がいなくても、
自分ひとりで毎日コツコツ努力を続ける、
という精神力が必要になります。

この2つができる人は、
独学でも十分タイ語を身に付けることができますし、

スポンサードリンク

そうでない人は、
語学学校に通ったほうがいい、ということになります。

独学の2つのメリット

それでは次に、
独学のメリットを見てみましょう。

クラスの進度に合わせる必要がない

語学学校に限らず、学校というものは、
中程度の生徒に進度を合わせることが多いです。

そのため、もしもあなたが、
中程度以上に習得できても、
授業は、中程度の生徒を基準にすすめられるため、
いずれ語学学校の授業内容に物足りなくなります。

「自分は語学学校の倍以上のスピードで勉強を進めることができる」

というタイプの人は、独学の方が向いています。

コマ切れの時間で勉強できる

語学学校の場合、
1回1時間とか、1日3時間とか、
まとまった時間を取られます。

ですので、
「自分は毎日べつにやりたいことがある」
「3時間教室で習うより、20分ずつ10回やったほうが自分に合っている」

というタイプの人は、
語学学校よりも独学の方が向いています。

進度と時間の融通がきかないことが、語学学校のデメリット

  • 自分1人でもどんどん勉強を進められる
  • 細切れの時間で効率よく勉強ができる

こういうタイプの人は、
独学の方が向いています。

逆に言うと、
語学学校のデメリットは、

  • 自分がどれだけ習得できても、
    中程度を生徒に合わせなければならない
  • 毎日又は毎週、まとまった時間を、
    学校の授業と通学に費やさなければならない

ということになります。

まとめ

今回は、語学学校と独学の、
メリットとデメリットをそれぞれ検証してみました。

以下に、
箇条書きでまとめておきます。

・語学学校のメリット

  • 間違いを指摘してくれる講師がいる
  • 同じ目標を持つ仲間がいる

・語学学校のデメリット

  • 中程度の生徒に合わせなければならない
  • 定期的にまとまった時間を取られる

・独学のメリット

  • 自分のペースでどんどん先に進められる
  • 細切れの時間を有効に使える

・独学のデメリット

  • 間違いを矯正しにくい
  • 自分のレベルを確認しにくく、サボりがち

これらのメリットとデメリットを踏まえた上で、
重要になってくるのが、性格です。

語学学校に向いている性格は、

  • みんなで楽しく、
    仲間といっしょに進んでいくのが好きで、
    講師の人にも受けがいい

というようなタイプの人です。

反対に、
独学が向いている性格は、

  • 仲間がいなくても1人でどんどん進める事ができ、
    講師に質問したりするのはあまり得意ではない

というようなタイプです。

以上、自分の性格や、
生活スタイル、勉強スタイルなどを分析して、

自分に最も合ったやり方で、
タイ語を勉強していくようにしましょう。


●何事も、自分が一番やりやすいようにやるのが、習得の近道。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク