タイ語で「推し」は何と言う?BNK48の人気によって日本語からそのままタイ語になった4つのキーワード

BNK48のリーダー、チャープラン(เฌอปราง)。
不動の人気を誇る。

BNK48のタイでの人気は、凄まじいものがあります。

BNK48の大ヒットは、タイにおいても、様々な社会現象を巻き起こしているのですが、

中でも興味深いのは、「BNK48関連の日本語が、そのままタイ語にとして使われている」という点です。

そのため、これらの用語を知っておけば、

たとえこちらがタイ語を話せなくても、タイ人のBNKファンたちと、十分会話が可能です。

今回は、日本語からそのままタイ語になった、BNK48関連の4つのキーワードについて、ご紹介していきます。

BNK48関連の4つのキーワード

4つのキーワードとは、

・ヲタ
・推し
・選抜
・センター

…この4つです。

これらの言葉は、タイ語でそれに相当する単語がなかったため、

日本語のままで、普通にタイでも使われているんです。

なかなか、興味深い現象ですよね。

では、1つずつ見ていきましょう。

1.ヲタ

「ヲタ」という言葉は、もともとは「オタク」という意味で、タイ語に早くから導入されていた言葉です。

タイ語では、「オータ」と発音します。

・オータ(ヲタ)
・オータ・BNK(BNKのファン)

「ヲタ」は昔からあった。

BNK48がデビューする前から、ヲタという言葉は、普通にタイ語でも使われていました。

しかし、当時のタイは「アニメオタク」がメインで、昔はまだ「アイドルオタク」は少数派でした。

その後、タイでも「アイドルオタク」、いわゆる「ドルヲタ」というものが認知されていくようになり、

これに伴って、タイ語のヲタという言葉も、次第に、アイドルオタクを指すようになっていきました。

「ヲタ」1語だけでOK

日本だと、「アニメオタク」「アイドルオタク」は、それぞれ別の存在ですが、

タイの場合は、「ヲタ」の一語で、アニヲタとドルヲタの両方を指します。

しかし、ここからが面白いのですが、

BNK48がタイで大ヒットをするに伴い、タイ語のヲタという言葉は、それだけで、

「BNK48のファン」

を表すようになっていきました。

BNK48の3rdシングル『初日』

BNK48の3rdシングル『初日』

つまり、「オータ」と言って自己紹介をすれば、それはそのまま、「私はBNK48のファンです」という意味になる、ということです。

要は、それぐらい、BNK48が、国民的アイドルになっている、ということです。

タイ語の例文

「私は~です」というときは、男性の場合は、タイ語で「ポムペン~」と言います。

女性が言う時は、「シャンペン~」になります。

ただし、今回の例文の音声は、

女性が使う機会は少ないかな?と思ったので、すべて、男性言葉にしてあります。

「ペン」は英語のBe動詞に相当し、

「ポムペン・オータ」

で、「私はヲタです(=BNK48のファンです)」と、なります。

かなり簡単ですよね。

ただし、「オータ」だけだと、「何のファンなのか分からない」という時もあります。

その時は、「オータ〇〇」と言います。

『初日』のPVでセンターに大抜擢された、「ヌーイ」

『初日』のPVでセンターに大抜擢された、「ヌーイ」

タイ語は、日本語と語順が逆なので、

「オータ〇〇」で、「〇〇のファン」という意味になります。

「オータ・BNK」…BNKのファン

では、例文の音声を聞いてみましょう。

・ポムペン・オータ・BNK・カップ
(私はBNKのファンです)

こうして見ると、
タイ語の「オータ」という言葉は、日本語の「ヲタ」に比べて、かなり敷居が低く、

オープンなニュアンスがある、と言えそうです。

2.推し

先日の、「BNK48がタイで大人気の理由」の記事でもご紹介していますが、

「推し」という概念も、これまでタイになかったものです。

そのため、「推し」は、タイ語でもそのまま「オーシ」と言います。

また、「誰推し?」と聞くときは、

オーシ・カイ?

と言います。

↓音声はこちらから
・オーシ(推し)
・オーシ・カイ(誰推し?)

前項と同様、「私は~です」は、「ポムペン~」と言いますので、

「私はモバイル推しです。」と言うときは、

ポムペン・オーシ・モーバーイ・カップ

と、なります。

今回センターを務めた「モーバーイ」

今回センターを務めた「モーバーイ」

「モバイル」は、タイ語風に読むと、モーバーイになります。

↓音声はこちらから
・ポムペン・オーシ・モーバーイ・カップ
(私はモバイル推しです)

「推し」は、今回のテーマで、最も重要なキーワードです。

「○○推しのファンが増える」

という現象は、これまでタイの歴史上、一度もなかったことだからです。

神推し

また、最近では、「神推し」という言葉を使うタイ人も増えてきました。

「神推し」とは、

「1人の特定のメンバーを、まるで神をあがめるかのように、猛烈に推している」

という意味の、アイドル用語です。

タイ語では、「คามิโอชิ カーミ・オーシ」と、発音します。

そもそも、

「神推し」なんていう言葉は、日本人でさえ、そんなに知りません。

もしも知り合いのタイ人が、「神推し」を使ってきたら、

そのタイ人は、相当気合いの入った、ガチなファンだと見てよいでしょう。

でも…

タイは仏教国なのに、「神のように推す」という言葉があるなんて、なんだか面白いですよね。笑

「アイドルは、宗教・文化の壁を越える」とは、まさにこのことですね~。

3.選抜

「選抜」も、タイ語でそのまま「選抜」と言います。

これも、なかなか興味深いですよね。

「選抜」の発音は、タイ語風になまって、

「センバッス」

みたいな感じになりますが、まさしく日本語の「選抜」そのままです。

また、「結果発表」は、タイ語で「プラガーッ」と言います。

この2つをつなげると、
「プラガーッ・センバッス」

これで、「選抜の結果発表」という意味になります。

↓音声はこちらから
・センバッス(選抜)
・プラガーッ・センバッス(選抜の結果発表)

選抜の意味は?

タイ語の「選抜」には、大きく3つの意味があります。

・新しい加入メンバーを選抜で決める

・次の曲のセンターを選抜で決める

・選抜総選挙

…などです。

これらは、タイ語のニュース記事などでも、日本語のまま、「センバッス(選抜)」といいます。

なぜそうなったのか、という理由を考えていくと…

おそらく、タイ語で「選抜」を意味する
「ルアックタン」という言葉が、

「衆議院総選挙」のような、すごく格式張った言葉だからでしょう。

これを、アイドルの選抜に使うのはあまりふさわしくないのではないか、という思いから、

日本語の「選抜」という言葉を、そのままタイ語に導入したのだろうと考えられます。

実際のところ、

こういう言葉は、一度使い始めれば、定着していくものですから、

BNK48の「選抜」関連のニュースでは、普通に「選抜」と日本語で言っているわけです。

現在では、タイ人の多くが、「センバッス」という言葉を知っています。

設立当初から高い支持率を得ている「ミウ」

設立当初から高い支持率を得ている「ミウ」

例文も、おぼえておきましょう。

「選抜はいつあるのですか?」
ミー・センバッス・ムアライ・カップ

(「ムアライ」は「いつ?」という意味)

↓音声はこちらから
ミー・センバッス・ムアライ・カップ

4.センター

「センター」も、日本語がそのままタイ語になっています。

タイ・イングリッシュのなまりで、後ろにアクセントが置かれ、

「セントァーッ」

みたいな発音になりますが、これはまさしく、日本のアイドル業界で使われる「センター」の意味です。

そもそもタイ語には、
「歌やダンスの時に中央に立つ人」を一言で表す単語がありませんでしたから、

日本語の「センター」という言葉が、非常に便利だった、というわけです。

↓音声はこちらから
・セントァー(センター)
・カイペン・セントァー(誰がセンターなの?)

カイペン~で、「誰が~」という意味です。

もしも、チャープランがセンターの場合は、

「カイ」の部分を、「チャープラン」に変えます。

BNK48キャプテン、チャープラン。 不動の人気を誇る。

BNK48キャプテン、チャープラン。
不動の人気を誇る。

「チャープラン」は、タイ語風に読むと、「シュープラーン」という発音になります。

↓音声はこちらから
シュープラーン・ペン・セントァー・カップ
(チャープランがセンターです)

まとめ

いかがでしたか。

今回は、日本語がそのままタイ語になっている、4つのキーワードとして、

・ヲタ
・推し
・選抜
・センター

などの用語について、ご紹介してきました。

最後にもう一度、今回の例文を、聞き流してみましょう。

・ポムペン・オータ・BNK・カップ
(私はBNKのファンです)

・ポムペン・オーシ・モーバーイ・カップ
(私はモバイル推しです)

・ミー・センバッス・ムアライ・カップ
(選抜はいつあるの?)

・シュープラーン・ペン・セントァー・カップ
(チャープランがセンターです)

聞いてのとおり、「私は何々です」というタイ語の構文ではあるものの、

中に入っている言葉は、日本語そのままですから、非常に簡単ですよね。

覚えるべきこととしては、「ペン(タイ語のBe動詞)」ぐらいです。

こうしたアイドル用語が、日本語のままでタイに輸入されている、というのは、日本人としては、やはり嬉しいですよね。

もしも今後、タイ人のBNKファンと話す機会があれば、ぜひ、参考になさってみてくださいね。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る