CGM48のデビュー曲『Chiangmai106』のタイ語&カタカナ歌詞

CGM1

2020年2月、タイ北部の都市チェンマイで、
AKBの姉妹グループであるCGM48がデビューを果たしました。

今回は、CGM48のデビュー曲である『Chiangmai106』のタイ語歌詞、
および、カタカナの読みをご紹介していきます。

なお、オリジナルの楽曲は、新潟のNGT48の曲『Maxとき315号』となっており、

このへんも、地方都市のアイドルグループというコンセプトのこだわりを感じます。

NGTとCGM

まずは、NGTの『Maxとき315号』を聴いて、大まかなメロディーを頭に入れてから、

続けて、CGMのタイ語版を聴くと、分かりやすいと思います。

NGT48『Maxとき315号』

CGM106『Chiangmai106』

CGM106『Chiangmai106』タイ語歌詞

1.
เส้นทาง เส้นนี้ ล้อมราย ด้วยต้นยาง 106 พาฉันเข้าไปเจอ เมืองที่งามท่ามกลางหมอกสีจางๆ
センターん、センニー ロォームらーィ ドヮィトンヤーん
ヌんスゥン ホックパーシャン カォぱィヂュー
ムアんティーンガーム タームガーん 
モォークスィー ヂャんヂャーん

ผู้คน รอยยิ้ม มิตรไมตรีเต็ม เปี่ยม ในทุกๆวัน หัวใจ อ่อนโยน อบอุ่นและคุ้นเคยมานาน อยากจะแนะนำให้เธอ รู้จักจัง
プゥコン、ろォーィイ゙ム ミッマィてィー てムぴァム 
ナィトゥクトゥクワン
ホヮヂャィ オンヨーン オプウゥンレッ 
クゥンクーィ マーナーン
ヤヂャ ネナム ハィトァー るゥーヂャッガン

ให้เวลา นำพา เธอมาซักวันนึง เส้นทางเดินที่หวน ชวนกลับมา ในค่ำ คืน นั้น ที่ เรา ได้ พบ ได้เจอได้สัญญา
ハィウェラー ナムパートァーマー サクワンヌん 
センターん ドァーンティー ホヮンショヮン ガプマー
ナィカム クーンナン ティーらオダィ 
ポプダィヂュー ダィサンヤー

แม้พรุ่งนี้เป็นอย่างไร อนาคตพลิ้วไหว เลือนลาง อ่อนโยนกว่า ที่ฉันคิดมองไปทุกทาง ไม่ชัดเจนยังคง เฝ้าตามหา
メェプゥんニー ぺンヤんらィ 
アナーコッ ピゥワィ ルアンラーん
オンヨーン ゴヮーティーシャン 
キッモォーんぱィ トゥクターん
メィシャッヂェーン ヤんコん、ふァオた-ムハー

เส้นทางฝันใกล้เข้ามาถึง เท่านี้ ความรู้สึกดีๆ มันเอ่อล้นออกมา มองที่ฉัน ข้างในแววตา แล้วเธอจะเข้าใจ เธอและฉัน จะก้าวเดินไป ไปนะ ไปโตยกัน
センターん ふァンガィ カォマートゥん、
タォニー、コヮームるゥースク ディディー、
マンウーロン オォークマー 
モォーんティーシャン カんナィ ウェオたー、
レェオトァー ヂャカォヂャィ…

トァーレッシャン ヂャガォドァーンぱィ 
ぱィナッ ぱィとィガン!

2.
กี่ร้อน กี่หนาว ฤดูที่แปรเปลี่ยน กี่ฝน กี่พายุที่วนเวียน ทำให้ใจนั้นโตขึ้นทุกๆวัน
ギーろォーン、ギーナーォ るドゥーティー ぺェぴアン
ギーふォン、ギーパユゥ ティーウォンウィアン 
タムヘィ ヂャィナン とークン トゥクトゥクワン

ท่ามกลาง ดอกไม้ ส้มแดงอมเทา กลีบทองกวาวแย้มบาน เส้นทางที่เดิน อาจเจอะและพบความลำบาก แต่อย่างน้อย เราก็โต ขึ้นอีกวัน
タームガーん ドォークマーィ、ソムデェーん 
オムタォ ギープトォーんゴヮーオ イェムバーン
センターん ティードァーン アーッヂュッレッ 
ポプコヮーム ラムバーク
てェヤんノォーィ らオゴォとー クンイークワン

และในวันที่ฉันเคว้งคว้างลอยบนฟ้าไกลๆ ฉันยังคงได้พบ ใครสักคน ที่จะคอย ส่ง ยิ้ม และ คอย เป็นพลัง ในวันที่หมองหม่น
レッネィワンティー シャンクゥェんコヮん 
ロォーィボンふァー ガィガィ
シャンヤんコん ダィポプ カィサッコン
ティーヂャコォィ ソんイ゙ム レッコォィ 
ぺンパラん ネィワン ティーモォんモン

แม้พรุ่งนี้เป็นอย่างไร อนาคตพลิ้วไหว เลือนลาง หากยังรอให้ฉันพบและเจอเส้นทาง โหดร้ายยังไง ไม่ยอมแพ้
メェプゥんニー ぺンヤんらィ 
アナーコッ ピゥワィ ルアンラーん
ハークヤん ろォーハィ シャンポプ 
レッヂュー センターん
ホーッらーィ ヤんガィ、メィヨォムペェー

เพราะความรักนั้นมีความหมาย กลั่นเป็นหยดน้ำที่ยังคลอ และเอ่อล้นออกตา นี่แหละความสุขที่มีค่า มากมายเกินสิ่งใด
ポッコヮーム らクナン ミーコヮームマーィ
ガンぺン、ヨッナーム ティーヤんコォー 
レッウーロン オォクたー
ニーレッ コヮームスゥク ティーミーカー、
マークマーィ グァーンスィんダィ


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
当サイト管理人による【タイ文字習得講座】のご案内はこちら
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

(間奏)

3.
หนาว ยังมีวันเหือดหาย น้ำค้าง กลายเป็นอุ่นไอ บนพื้น ดินยัง คง กำเนิด เกิดเป็นพันธุ์ไม้ขึ้นใหม่
ナーオヤん ミーワン フアッハーィ 
ナムカーん ガーィぺン ウゥンアィ
ボンプーン ディンヤん コんガムヌーッ 
グーッぺンパン マーィクンマィ

ทั้ง เรื่องราวที่เศร้าใจ จะทุกข์ หม่นหมอง และอ่อนไหว จะกลับกลายเป็นวันดี ปลุกรอยยิ้มที่เคยมี และยังคงมีพรุ่งนี้ ให้เริ่มใหม่
タんるアんらーォ ティーサォヂャィ 
ヂャトゥク モンモォん レッオォンワィ
ヂャ ガプガーィ ぺンワンディー 
ぷゥーク ろォーィイ゙ム ティークーィミー
レッヤんコん ミー プゥんニー ハィ るームマィ



แม้พรุ่งนี้เป็นอย่างไร อนาคตพลิ้วไหว เลือนลาง อ่อนโยนกว่า ที่ฉันคิดมองไปทุกทาง ไม่ชัดเจนยังคง เฝ้าตามหา
メェプゥんニー ぺンヤんらィ 
アナーコッ ピゥワィ ルアンラーん
オンヨーン ゴヮーティーシャン 
キッモォーんぱィ トゥクターん
メィシャッヂェーン ヤんコん、ふァオた-ムハー

เส้นทางฝันใกล้เข้ามาถึง เท่านี้ ความรู้สึกดีๆ มันเอ่อล้นออกมา มองที่ฉัน ข้างในแววตา แล้วเธอจะเข้าใจ เธอและฉัน จะก้าวเดินไป ไปนะ ไปโตยกัน
センターん ふァンガィカォ マートゥん、タォニー、
コヮームるゥースク ディディー、マンウーロン オォークマー 
モォーんティーシャン カんナィ ウェオたー、
レェオトァー ヂャカォヂャィ…

トァーレッシャン ヂャガォドァーンぱィ 
ぱィナッ ぱィとィガン!

歌の世界観

この『Chiangmai106』の歌詞については、
タイ北部、チェンマイに関する若干の「基礎知識」が必要です。

まず、106というのは国道の番号で、タイの「国道106号線」を表しています。

そして、タイの国道106号線はどこを走っているのかというと、

これは、タイ北部のランプーン県からチェンマイ県へと続く国道です。

国道106号線を北上して、チェンマイ県に入ると、「サラピー」というエリアを通るのですが、

サラピーは、巨大な樹木の「並木道」で有名です。

この並木道は、いわばチェンマイを象徴する風景の1つで、

車でそこを通ると、

「あぁ、チェンマイにやって来たなぁ」

という思いが、ふつふつと湧き上がってくる、そんな郷愁あふれる並木道。

『Chiangmai106』の歌詞の出だしのところで歌われているのは、
そうした国道106号線の並木道の情景なんです。

いっぽう、NGT48の『Maxとき315号』は、上野と新潟を結ぶ特急列車の名前です。

こちらも、歌い出しのところが、

「最後のトンネルを抜ければ近づく美しいあの街」

となっていて、同じように、故郷の情景描写になっています。

つまり、どちらの歌も、

「東京から新潟へ」
「バンコクからチェンマイへ」

という、郷愁の世界観を共有している、
というわけです。

こういった歌をCGM48のデビュー曲に持ってくるあたり、

プロダクション側の相当なこだわりと熱意を感じますよね。

北タイ方言

また、この歌にはもう1つ、チェンマイならではのこだわりがあります。

それは、チェンマイの「方言」です。

『Chiangmai106』には、チェンマイの方言が歌詞に登場します

ただし、歌詞をコテコテの方言にしてしまうと、バンコクのファンが聞き取りできなくなるぐらい、

バンコク語とチェンマイ語は、離れています。

なので、方言は1ヶ所だけ、サビのラストのところで登場します。

それは、「パイ・トイガン(一緒に行こう)」という言葉です。

バンコクの標準語では、「ไปด้วยกัน(パイ・ドヮイガン)」と言うのですが、

タイ北部のチェンマイの方言だと、「ไปโตยกัน(パイ・トーイガン)」になります。

これで、「一緒に行こう」という意味です。

そして、『Maxとき315号』のほうでも、サビのラストは「あなたと一緒に歩きたい」となっていますから、

ここでも見事に、
歌詞の世界観が共有されています。

そして、ファンの目線から見ると、、

『Maxとき315号』を聴けば、特急列車で新潟へ行きたくなるのと同じように、

『Chiangmai106』を聴けば、国道106号線の並木道を通って、チェンマイに行きたくなる

というわけです。

いやー、しかし、本当に名曲ですよね!

CGM48の今後の活躍に期待しましょう!!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2
クイズの答えはこちら


これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
↓↓↓
オンラインのタイ文字習得講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


【ホーム画面】へ戻る

1 個のコメント

  • 初めてコメントします。私は雪国の農村の出身者です。NGT48のカバー曲だと言うので、のどかな農村地帯から大都市へ向かう特急列車の名がチェンマイ始発の『チェンマイ106』なのだと思ったのは、私だけでしょうか ··· 。私の年齢の世代では故郷から列車で上京すると(途中、下車しない限り)、最初に降り立つ駅が終点の上野駅でした。時代の流れは速いモノで、今、東京へ向かう殆んどの列車の終点は東京駅になります。今の日本は豊かになりました。でも ··· 私の子供時代には有った『人の温もり』が感じられません。私の実家は兼業農家で冬の降雪期になると、私を施設などに預け父母は都市部に働きに ··· 当時の幼い私にはそれが寂しくてね ···· よく施設を抜け出して実家の前に立って ··· 近所の人が私を見て哀れに思ったのか家に連れて行って御飯とか食べさせてくれてね ··· そんな『人の温もり』を私は都市から感じられません。

    どうか、タイの人達は『人の温もり』だけは捨てないで欲しいと思います。

  • コメントを残す