男女の友情は成立するのか~タイで異性の親友ができにくい理由をタイ人の貞操観念から考察してみる

02-3

「男女間の友情は、
 成立するか、否か」

というのは、昔からよく話題に上る、いわば永遠のテーマですよね。

問いの答えは、「あり得る」とも言えるし、「あり得ない」とも言えます。

スポンサードリンク

しかし、ここタイという国に限定して話をするならば…

「異性同士の友情が成立する可能性は、極めて低い」

と、言えます。

今回は、私がそのように考える理由について、現代タイの情勢なども鑑みつつ、お話をしていこうと思います。

既婚者のケースは?

このテーマではまず、

男女が「未婚か、既婚か」で、場合分けをして考える必要があります。

始めに、既婚者同士のケースを考えてみましょう。

例えば、二組の夫婦がいて、

夫婦Aを、夫Aと妻A、
夫婦Bを、夫Bと妻B、とします。

この時、夫Aと妻Bの間で、友情は、成立するでしょうか。

日本なら、成立するかもしれません。

しかし、タイの場合は、やはり「困難」です。

そもそもタイでは…

「困難だ」と言える理由はいくつかありますが、最大の理由は、

「そういう前例が少ないこと」です。

では、どういう前例なら多いのかというと、これは明らかで、

「他人の奥さんや旦那さんであっても、平気で関係を持ってしまう」

というケースです。

タイでは、そうした「道を外れた、ただならぬ関係」が、非常に多いんです。

それが「デフォ」だと言っても、過言ではありません。

夫婦同士の思惑は…?

そして、当のタイ人も、このことを熟知しています。

こうなると、先程の例で言うと…

妻Aは、自分の夫Aに対し、

「私の夫Aが、よその妻Bと仲良くするなんて、あり得ないわ! もし、デキちゃったらどうするのよ!?」

と考え、夫Aと妻Bの友情関係を、認めようとしません。

夫Aのほうも、タイ人の場合は案外、「あわよくば…」なんて考えていますから、

妻Aがブレーキをかけてくれないと、本当に、妻Bのところへ行ってしまうかもしれません。

また、妻Bも同様で、「ひょっとしたら、夫Aは、私にその気があるのかも…」なんて考えたりしています。

つまりこのケースで言えば、3人が3人とも、「不 倫 が当然あるもの」として考えている…ってことです。

タイの男女は「ゼロ100」?

こうなると、必然的に、夫Aと妻Bは…

「適度な距離を保つか、

あるいは一切付き合わないか、

あるいは道を踏み外して、

ただならぬ関係を結んでしまうか」

という、非常に「ゼロ100」的なところが、タイにはあります。

ですので、日本ではよく、「男女の友情ってあると思う?」ということが、話題に上りますが、

タイでは、それは「ほとんどない」と言ってよいでしょう。

階層による?

ひょっとしたらここで、女性の読者からは、

「えっ、でも私には、素晴らしい男性の友人がいます。

彼には、下心なんてありません!

タイ人男性を、一緒くたにしないでください!!」

という意見を言う人も、いるかもしれません。

しかし、それはおそらく「アッパークラス」。

つまり、タイでかなり「高位」の階層の人です。

タイでも、中産階級のもっと上になると、

日本や欧米などの先進国と、ほぼ変わらないか、あるいはもっと先進的な考え方をしています。

そういう人たちは、きちんと「節度」を知っていて、

男女間であっても、清らかで深い友情を、築き上げることができます。

タイの庶民は…

しかし、今回私がお話ししているのは、あくまでも、

「タイの一般庶民の話」です。

タイの庶民の男は、たとえ既婚者であっても、目の前に気に入った女性が現れたら、

「すべてを忘れてアプローチ」

を、してしまうような、情熱的(?)なところがあります。

そして、女性の側も、そうしたタイ人の性質を熟知していて、

「男はそういうもの。自分もいつか、そんな男性と、道ならぬ恋を…」

なんて考えているフシがあります。

ワンチャンを狙う人たち

そのため、

もしも、あなたが男性で、タイの女性と「友情を築きたい」と思っていても、

相手のタイ人女性のほうは、「きっと、私を狙っているのね」と考えます。

一方、あなたが女性で、タイ人男性と親友になろうとしても、相手の男性は、

「あわよくば…」なんて考えていたりする、ということです。

逆に怒られる?

こうなると、のんびり「友情」なんて、言ってられません。

もしも、相手が未婚者なら、

スポンサードリンク
「私にこれだけ気を持たせておいて、『ただの友情』ってどういうことよ! 私があなたに捧げた時間を返しなさいよ!」

と、逆ギレをされてしまいます。

一方、相手が既婚者なら、

「私には旦那がいるし、やっぱり、既婚者の異性と仲良くするのはいけないわ。 あなたも、自分の奥さんと仲良くしたら?」

ってなもんです。

…と、こういう事情で、タイでは特に、「男女の友情」は成立しにくい…というわけです。

我が家のケースで言うと…

実際のところ、私のもとにも、見知らぬタイ人の女性から、

「日本語を教えて欲しい・日本のことを知りたい・通訳してほしい」

と言って、連絡をよこしてくることがあります。

でも、私はやっぱり、「相手の男女関係」を警戒して、ちょっと消極的になりますし、

うちの奥さんも、

「えぇ~、よその奥さんから? 相手の旦那はそのこと知ってるの? ややこしくなると困るから、無視したら?」

と、消極的になっていますし、

相手方にしても、

「やっぱり、既婚男性に突然連絡するなんて… ちょっとハシタなかったかしら?」

と、やっぱり消極的です。

こうして、三者三葉、みんなが、「あらぬ関係」を警戒して、消極的になり…

結局、連絡が途切れるか、話がお流れになるか、なぁなぁになるか、というパターンが多いです。

タイ人女性はタイ人女性を信じない

ただしこれは、「相手がタイ人女性」というケースです。

日本人女性に対しては、うちの奥さんも、信頼していますので、これまで通り、気軽にご連絡してきていただいて大丈夫です。

要は、うちの奥さんは、「タイ人女性を信頼してない」ってことです。

タイ人の女性は、タイ人の女性をあんまり信頼してないようなところがあります。

これは、うちに限ったケースではなく、

タイ在住の読者であれば、おそらく共感をしていただけるんじゃないかと思います。

唯一あるとしたら…

しかし、タイでも、「恋愛関係に発展しない、男女間の信頼関係」が可能なケースもあります。

それは…

「主従関係」です。

つまり、日本人男性のボスと、タイ人女性の部下や従業員、というケース。

この場合は、友情関係ではなく、主従関係ですから、

お互いに深い信頼を築いて、なおかつ恋愛感情は抱かない、ということも可能です。

主従関係はタイでうまくいきやすい

実際のところ、私の見る限り、

タイ人の「恋愛対象外」の異性と、うまくやっている日本人というのは、

この「主従関係」が、きちんとしているケースが多いです。

しかし、これがもしも、主従関係ではなく、

変に「平等」や「対等」をちらつかせてしまうと…

「友達以上、恋人未満、でもあんまり信頼関係は無い…」

という、「ドロドロ・ギスギス・モヤモヤ」した関係に、陥ってしまいがちなんです。

一度、タイ人と「主従関係」を築いたなら、

その関係をキープしていくことが、男女限らず、タイ人と末永くうまくやっていくコツだと思います。

まとめ

今回の内容をまとめると…

●タイでは一般的に、男女間の友情は難しい

●アッパークラスならありえるが、庶民で男女間の友情は少ない

●なぜならタイでは、「道を外れた恋愛」をしている前例が多すぎるから

●そのため、男女ともに、友情から恋愛に発展することを警戒し、期待もする

●タイでは、恋愛対象外の男女は、お互いに距離を保っている

●日本人の場合、恋愛対象外の異性は、主従関係にしておくのがベスト

●一度主従関係を築いたら、変に「対等感」を出さない。

●今まで主従関係を築いていた相手と、対等になろうとすると、バランスが崩れる

…と、なります。

以上は、もちろん、私の主観に基づく、ただの個人的な考察ですから、

「私は、タイ人の庶民の異性と、長年に渡って友情を維持しています!!」

という人もいるでしょう。

しかし、それはやはり「レアケース」であって、

一般論としては、

「タイではやっぱり、男女間の友情は、難しいんじゃぁないかな??」

と、思うわけです。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク