NontTanont君によるタイソング ฝืนตัวเองไม่เป็น (フーン・トワエン・メィペン) カタカナ歌詞

サムネイルnont

今回は、NontTanont(ノン・タノン)君によるタイソング、

ฝืนตัวเองไม่เป็น フーン・トワエン・メィペン
(自分の気持ちを押さえつけるなんてできない)

をお送ります。

タイ語には日本語にない音が多いため、以下の歌詞ではカタカナと平仮名を使って、発音の違いを区別しています。
(ただし、目的はあくまでも歌を楽しむことなので、発音はあまり気にしなくても大丈夫です)

【凡例】
カ:Kh ガ:K タ:Th た:T
パ:Ph ぱ:P ラ:L ら:R
フ:H ふ:F ン:N ん:Ng

ฝืนตัวเองไม่เป็น フーン・トワエン・メィペン
カタカナ歌詞

1.
ขอให้เธอรับฟังได้ไหม หากปล่อยทิ้งไว้นานไป มันก็ไม่ดีกว่านี้
コォ、ヘィトァー らプふァん ダィマィ
ハークぽィ ティんワィ ナーンぱィ
マンゴ メィディー ゴワニー

เธออย่าห้ามฉันเลยได้ไหม ปล่อยให้ฉันนั้นเป็นไป หยุดรักเธอไม่ได้แล้ว
トァー、ヤハーム シャンルーィ デイマィ
ぷロィヘィ シャンナン ぺンぱィ 
ユッ らクトァー… メィダィ レェーォ

เข้าใจทุกอย่างที่เธอบอกนะ เข้าใจทุกสิ่งที่เธอกำลังจะอธิบาย เข้าใจเสมอ
カォヂャィ トゥクヤーん ティトァー ボォークナ
カォヂャィ トゥクスィん ティトァーガム 
ラんヂャ アティ バーィ
カォ ヂャィ サ ムー

แต่จะให้ฉันให้ฉันทำอย่างไร ฉันรักเธอแล้วทั้งใจ
てヂャ ヘィシャン ヘィシャン タムヤんらィ
シャンらク トァーレェーオ タんヂャィ

จะไม่ให้รักไม่ให้รักได้อย่างไร ฉันฝืนตัวเองไม่เป็น
ヂェメィ ヘィらク メヘィらク ダィヤんらィ
シャンふーン とワエーん メィぺン

ไม่ได้อยากจะกวนใจ อยากถามเธอสักคำหน่อย
メィダィ ヤークヂャ ゴヮンヂャィ 
ヤーク タームトァー サッカム…ノォィ

หากว่าเธอรักใครสักคน เธอฝืนใจได้หรือเปล่า
ハーク ワトァー らッカィ サッコン 
トァふーン ヂャィ ダィるッ ぷラォ

(間奏)

2.
ฉันไม่อยากซ่อนใจอีกแล้ว เจ็บยังไงก็ต้องเสี่ยง ดีกว่าทนเก็บเอาไว้
シャン、メィヤーク ソォンヂャィ イークレェーォ 
ヂェプ ヤんガィ ゴとォん スィァん
ディーゴヮ トン ゲプ アォワィ

เข้าใจทุกอย่างที่เธอบอกนะ เข้าใจทุกสิ่งที่เธอกำลังจะอธิบาย เข้าใจเสมอ
カォヂャィ トゥクヤーん ティトァー ボォークナ
カォヂャィ トゥクスィん ティトァーガム 
ラんヂャ アティ バーィ
カォ ヂャィ サ ムー

แต่จะให้ฉันให้ฉันทำอย่างไร ฉันรักเธอแล้วทั้งใจ
てヂャ ヘィシャン ヘィシャン タムヤんらィ
シャンらク トァーレェーオ タんヂャィ

จะไม่ให้รักไม่ให้รักได้อย่างไร ฉันฝืนตัวเองไม่เป็น
ヂェメィ ヘィらク メヘィらク ダィヤんらィ
シャンふーン とワエーん メィぺン

ไม่ได้อยากจะกวนใจ อยากถามเธอสักคำหน่อย
メィダィ ヤークヂャ ゴヮンヂャィ 
ヤーク タームトァー サッカム…ノォィ

หากว่าเธอรักใครสักคน เธอฝืนใจได้หรือเปล่า
ハーク ワトァー らッカィ サッコン 
トァふーン ヂャィ ダィるッ ぷラォ
Oh…

(Cメロ)
ฉันรู้ฉันเป็นแค่คนไกล ไม่ใกล้ใจเธอเลย ฉันรู้ตัวดีถึงฉันบอกรัก เธอก็อาจเมินเฉย บอกเธอว่ารักก็ต้องเจ็บ เก็บไว้ยังไงก็ยิ่งเจ็บ มองแล้วไม่เห็นจะมีทางไหน
シャンるゥー シャンぺン ケコングラィ 
メィグラィ ヂャィトァー ルーィ
シャンるゥ とヮディー トゥんシャン ボォクらク 
トァーゴ アーッムーン シューィ
ボォクトァー ワらッゴ とんヂェプ 
ゲプワィ ヤんガィゴ イ゙ん ヂェプ
モォんレェォ メィヘン ヂャミー タんナィ
Oh…


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
当サイト管理人による【タイ文字習得講座】のご案内はこちら
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

แต่จะให้ฉันให้ฉันทำอย่างไร ฉันรักเธอแล้วทั้งใจ
てヂャ ヘィシャン ヘィシャン タムヤんらィ
シャンらク トァーレェーオ タんヂャィ

จะไม่ให้รักไม่ให้รักได้อย่างไร ฉันฝืนตัวเองไม่เป็น
ヂェメィ ヘィらク メヘィらク ダィヤんらィ
シャンふーン とワエーん メィぺン

ไม่ได้อยากจะกวนใจ อยากถามเธอสักคำหน่อย
メィダィ ヤークヂャ ゴヮンヂャィ 
ヤーク タームトァー サッカム…ノォィ

หากว่าเธอรักใครสักคน เธอฝืนใจได้หรือเปล่า
ハーク ワートァー らッカィ サッコン 
トァふーン ヂャィ ダィるッ ぷラォ
Oh…

ไม่ได้อยากจะกวนใจ อยากถามเธอสักคำหน่อย ได้ไหม
メィダィ ヤークヂャ ゴヮンヂャィ 
ヤーク タームトァー サッカム…ノォィ ダィマィ

เวลาเธอรักใคร เธอห้ามใจได้ไหม เธอ
ウェラー トァー らックラィ 
トァハーム ヂャィ… 
ダィマィ… トァー



เธอจะรักไม่รักมันก็ไม่รู้ จะเก็บไว้ในใจมันก็ไม่อยู่ อย่างเดียวที่รู้คือทนต่อไปไม่ไหว
トァー ヂャらク メィらク マンゴ メィるゥ
ヂャ ゲプワィ ネィヂャィ マンゴ メィユゥ
ヤんディァォ ティーるゥ クートン とォぱィ メィワィ

เธอจะรักไม่รักมันก็ไม่รู้ จะเก็บไว้ในใจมันก็ไม่อยู่ ก็เลยต้องถามเธอดูให้รู้ใจ
トァー ヂャらク メィらク マンゴ メィるゥ
ヂャ ゲプワィ ネィヂャィ マンゴ メィユゥ
ゴルーィ とんターム トァドゥー ヘィるゥー ヂャィ

เธอจะรักไม่รักมันก็ไม่รู้ จะเก็บไว้ในใจมันก็ไม่อยู่ อย่างเดียวที่รู้คือทนต่อไปไม่ไหว
トァー ヂャらク メィらク マンゴ メィるゥ
ヂャ ゲプワィ ネィヂャィ マンゴ メィユゥ
ヤんディァォ ティーるゥ クートン とォぱィ メィワィ

เธอจะรักไม่รักมันก็ไม่รู้ จะเก็บไว้ในใจมันก็ไม่อยู่ ก็เลยต้องถามเธอดูให้รู้ใจ
トァー ヂャらク メィらク マンゴ メィるゥ
ヂャ ゲプワィ ネィヂャィ マンゴ メィユゥ
ゴルーィ とんターム トァドゥー ヘィるゥー ヂャィ

まとめ

曲のタイトルは、
『フーン・トヮエーン・メィペン』。

フーンは、「強制する、押さえつける」

トヮエーンは、「自己、自分」

メィペンは、「できない」

つなげると、「自分の気持ちを押さえつけることなんて、できない」という意味になります。

歌詞全体としては、、

「もう私を愛さないで」と君は言うけれど、

そんなこと、できるわけない

分かってる、分かってるんだ

君が言いたいこと、僕はすべて分かってる

でも、無理なんだ

僕はもう、心の限り、

君を愛してしまっている

でも、逆に、教えてほしい

もし君が、「好きな人を愛してはいけない」と言われたら、

そんなこと、できるかい?

…という内容になっています。



かつて、NontTanont(ノン・タノン)君が、

タイのTV番組『I Can See Your Voice』に出演した際、

この「フーン・トヮエーン・メィペン」曲を披露し、ファンの間で話題になりました。

『I Can See Your Voice』の動画は、こちら
 ↓


■ 関連動画『ムーンカムラー』

なお、NontTanont君によるメガヒット曲は、この曲ともう1つ、

『ムーンカムラー』
があります。

こちらも、とても綺麗な曲なので、

まだ聴いていない人は、ぜひ視聴してみてください!

 ↓↓
NontTanont君による【ムーンカムラー】はこちら



◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2
クイズの答えはこちら


これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
↓↓↓
オンラインのタイ文字習得講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


【ホーム画面】へ戻る