タイ語の日常会話をたったの10日間で習得するための厳選フレーズ集【第1回挨拶・数字】

Girl, Friends

「タイ旅行を目前に控え、出発までに少しでもタイ語を習得しておきたい」

と、考えていませんか? せっかくタイ旅行へ行くからには、やっぱり、現地の言葉であるタイ語を覚えて、タイの人たちと、タイ語で会話をしてみたいですよね。

でも、渡航の日が近づくにつれ、「残りわずかな日数では、どうせ勉強しても、何も覚えられないよなぁ」と、タイ語の習得を諦めてしまいがちです。

今回は、そんなあなたのために、たったの10日間でタイ語の日常会話を習得できるよう、厳選必須タイ語フレーズをご用意しました。1日分✕10日の内容を、音声付きでご紹介していきます。

初日:必須フレーズ8つ

まず、初日は、あまり文法や発音のことは考えず、「タイに行ったら確実に毎日使う」というタイ語必須フレーズ8つを、完全に暗記してしまいましょう。

8つだけですから、行きと帰りの通学・通勤電車の中で聞き流していれば、自然と頭に入っていきます。

1.สวัสดีค่ะ
サワッディー・カァ
こんにちは

2.สบายดีค่ะ
サバーイディー・カァ
元気です

3.ขอบคุณค่ะ
コォープ・クゥン・カァ
ありがとう

4.ไม่เป็นไรค่ะ
マイペンライ・カァ
どうしたしまして、いいですよ、問題ないです、気にしないで

言わずと知れた、タイ語の超有名フレーズ。「ありがとう」に対する「どういたしまして」の他、人から何かを勧められて「いいです」と、断るときなどにも使えます。

5.กินข้าว
ギン・カーオ
ご飯食べる、食事

「ギン・カーオ」は、「ご飯を食べる」という文ですが、これはほぼ挨拶文だと言っても過言ではありません。タイ人の、特に田舎の人は、「とりあえずご飯の話題を振る」と言うようなところがあります。

タイでは、話題に詰まったら、とりあえず、「ギンカーオ、ギンカーオ」と、連呼しておきましょう。

6.ไปเที่ยว
パイ・ティアオ
遊びに行く、観光に行く
散歩しているときに話しかけられたら、このように答えましょう。

7.อร่อยค่ะ
アロォーイ・カァ
おいしい!
食事の後は、とりあえず「おいしい!」と言いましょう。

8.ใช่ค่ะ
チャイ・カァ
はい、そうです
日本語の「そうそう」のようなニュアンスです。 日本語を言う時のノリで、「チャイチャイ」と2~3回繰り返してもOK。

この8つの文は、タイ滞在中、ほぼ毎日使うフレーズですので、完璧に覚えておきましょう。

ちなみに、語尾に「カァ」と付けるのは、女性言葉です。

男性の読者の方は、「カァ」の部分を、「カップ」に変更しておいてください。

例)
「アロォーイ・カァ」おいしい(女性言葉)

「アロォーイ・カップ」おいしい(男性言葉)

初日は、ここまでです。

上記の8つのフレーズを、何も見なくても言えるようになれば、合格です。

あまり多くを詰め込もうとすると、記憶が定着しにくくなりますので、続きの練習は、また翌日から改めてスタートするようにしましょう。

次は、2日目です。

2日目:受け答えのフレーズ9つ

2日目は、受け答えです。

タイ人からタイ語で聞かれたときに、正しく答えられるよう、タイ生活で頻出の疑問文と、その答えの文は、セットで覚えるようにしましょう。

「食べた?」と聞かれて、「食べた」と正しく答えるには、たずねる方の疑問文も知っておかなればならないからです。

「I’m fine」だけ練習していても、「How are you?」の疑問文を知らないと、どこで「I’m fine」と答えればいいかがわからないですよね。それと同じことです。

なお、実際のタイ人との会話で失礼がないよう、文末にはすべて、女性の丁寧語の「カァ」をつけてあります。

●1 「ご飯食べた?-食べた」

กินข้าว, รึยัง
キン・カーオ・ルヤン
もうご飯食べた?

กินแล้วค่ะ
キンレェーオ・カァ
食べました

ยังค่ะ
ヤン・カァ
まだ食べていません

●2 「どこ行くの?-遊びに行く」

ไปไหน
パイ・ナイ
どこ行くの?

ไปเที่ยวค่ะ
パイ・ティアオ・カァ
遊びに行く/観光に行く

●3 「観光で来たの?-観光で来ました」

มาเที่ยวเหรอ
マー・ティアオ・ルォ
観光で来たの?

มาเที่ยวค่ะ
マー・ティアオ・カァ
観光で来ました!

「パイ」は「行く」、
「マー」は「来る」、

という意味です。

「パイ・ティアオ」で、
「市場やお寺へ遊びに/観光に行く」

「マー・ティアオ」で、
「日本からタイへ遊びに/観光に来た」

となります。

「マー・ティアオ・ルォ?(遊びに来たの?観光で来たの?)」という疑問文は、タイ人が旅行者に対して必ず質問する、決まり文句です。

タイ人にタイ語で話しかけられると、ほぼ100%、「マー・ティアオ・ルォ?」と聞かれますので、

「マー・ティアオ・カァ」
(遊びに来ました!)

と、元気に答えるようにしましょう。

●4 「暑いですか?-暑いです」

ร้อนมั้ย
ロォーン・マイ
暑いですか?

ร้อนค่ะ
ロォーン・カァ
暑いです

語尾に「マイ?」をつけると、疑問文になります。

例)ロォーン・マイ?
(暑いですか?)

答える時は、「マイ?」を外せば普通の文になります。

例)ロォーン
(暑い)

旅行の時期にもよりますが、タイの日中は、もう本当に何もする気が起こらないくらいの、激しい猛暑になります。

そのため、

ロォーン・マイ(暑いですか?)
ロォーン・カァ(暑いです)

というフレーズは、まるで挨拶言葉のように連日交わされますので、「暑い!」という表現は、ぜひ、覚えておきましょう。

●5 「好きですか?-好きです」

ชอบมั้ย
チョォープ・マイ
好きですか?(タイ料理、タイ旅行など)

ชอบค่ะ
チョォープ・カァ
好きです

●6 「おいしいですか?-おいしいです」

อร่อยมั้ย
アロォーイ・マイ
おいしいですか?

อร่อยค่ะ
アロォーイ・カァ
おいしいです!

●7 「楽しいですか?-楽しいです」

สนุกมั้ย
サヌゥク・マイ
楽しいですか?

สนุกค่ะ
サヌゥク・カァ
楽しいです

●8 「元気ですか?-元気です」

สบายดีมั้ย
サバーイディー・カァ
元気ですか?

สบายดีค่ะ
サバーイディー・カァ
元気です

●9 ありがとう-どういたしまして

ขอบคุณค่ะ
コォープ・クゥン・カァ
ありがとう

ไม่เป็นไรค่ะ
マイペンライ・カァ
どうしたしまして、問題ないです、気にしないで

2日目の内容は、ここまでです。

「9つの受け答え」とはいっても、初日に覚えたフレーズも、かなり重複しています。

新しい単語もそこまで多くはないので、 何度か聞き流していれば、自然に覚えられるはずです。

外国語の会話は、とにかく受け答えが重要ですので、質問と答えのフレーズを、しっかり練習しておくようにしましょう。

3日目:数字1から10

海外生活では、数字は必須です。

まずは、1から10までを、何度も繰り返して練習してください。

タイ語の1から10は、

「ヌン・ソォーン・サーム・スィー・ハー」

「ホック・ヂェッ・ペェーッ・ガーオ・スィプ」

と、発音します。
↓音声はこちらから

1から10までを完璧に覚えてしまえば、11から99までは、その応用です。

注意点としては、

まず、「11」は、「スィプ・ヌン」ではなく、

「スィプ・エッ」。

その後、21も31も、一の位が「1」のときは、「~エッ」と言います。

また、「20」は、「ソォーン・スィプ」ではなく、

「イースィプ」

と言います。その後は、

「21 イースィプ・エッ」
「22 イースィプ・ソォーン」

と、20台はすべて「イースィプ~」となります。

数字で特に注意すべき点としては、「~エット」と、「イースィプ」、この2点ぐらいです。

【1から100までの数字の覚え方】は、こちらの記事にもまとめてありますので、参考にしてみてください。

3日めの内容は、数字だけです。

他の例文なども、合わせて勉強しても良いのですが、

それよりも、数字がちゃんと言えないと、タイへ行った時、買い物などの場面で困ることが多いですので、

まずは今日1日かけて、とにかく「1から100まで絶対覚える」と決めて、何度も繰り返して、聞き流すようにしてください。

1から100までの数字音声聞き流し用の動画はこちら↓

3日に1回、休日を挟む

今回、「10日間でタイ語会話を習得する」と題して、タイ語の必須フレーズをご紹介していますが、

もしも、あなたの渡航予定が、ギリギリ10日後ではなく、まだ2週間ほど猶予があるなら…

3日間勉強して1日休み

という勉強法をおすすめします。

つまり、ここまでの記事で、3日間の学習項目を見てきましたが、ここでいったん、1日休日を挟んで、

3日間覚えてきた勉強内容を、もう1度ひと通りちゃんと復讐する、ということです。

3日間の内容を、きちんと覚えられているかどうか、

どれが覚えられて、どれが覚えられなかったのか、

ということを、4日目の休日に、チェックするようにします。

こうすると、記憶が定着しやすくなり、また、勉強中に抜けてしまっていた記憶を、カバーすることができます。

まとめ

いかがでしたか。

今回、初日から3日間で習得した内容を、4日めにもう一度、すべて聞き流しておきましょう。

では、【第1回】10日間コース、最初の3日間はここまでとします。

→次へ【第2回】


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る