【タイ語の勉強】日本人に教わるのとタイ人に教わるのはどちらが効果的か

Mariamichelle / Pixabay

「タイ語を、日本人講師に教わるのと、タイ人に直接教わるのとでは、どちらのほうが良いのでしょうか」

というのも、よく聞かれる質問です。

今回は、この件について、お話ししていきます。

上達度による

日本人にタイ語を教わるのと、
タイ人にタイ語を教わるのとでは、
どちらが良いのでしょうか。

結論を先に言うと、

これは、「上達度」によります。

つまり、タイ語能力が、ある一定のレベルに達しているのなら、「タイ人相手」のほうが良いです。

これは、

「自分でタイ語の文章を作文でき、タイ人に自分の言いたいことを伝え、タイ人からの言葉も聞き取れる」

というレベルです。

このレベルなら、ネイティブの発音や言い回しに慣れるためにも、タイ人とどんどん話していくべきです。

しかし、そのレベルに達する前の、タイ語入門の段階では、

日本人に習ったほうが、絶対に良いです。

要は、タイ語レベルが中級未満なら、日本人。

中級以上なら、タイ人から教わった方が良い、ということです。

分からないポイントが分からない

これは、なぜかというと…

日本人がタイ語の学習を進めていると、「タイ語のややこしいポイント」というものに、必ず出くわします。

しかし、タイ人の多くは、そうした「タイ語のややこしいポイント」が、「なぜややこしいのか」が分からないからです。

たとえば、声調や末子音など、

「タイ語独特の発音のルール」とかは、その最たるものです。

こういうのは、入門の段階では、日本人に教えてもらったほうが、理解が早いです。

タイ人は生まれつきタイ語を話せる

タイ人は、声調や末子音などを、「生まれた時から知っている」ため、理解できない人の気持ちが分かりません。

そのため、「どうやって発音すればよいのか」という、発音のコツなどが、タイ人は、うまく教えられないんです。

もちろん、

超有名タイ語学校のタイ人講師とかになると、そういうこともキチンと理解していますから、正しく教えることができますが、

でも、そういう人は少数派です。

やはり、プロの講師ではない、世間一般のタイ人は、

「発音のコツ」のようなものを、日本人に教えることは困難です。

日本人講師は習得のコツを知っている

その点、タイ語に熟達した日本人講師であれば、

「どのように発音すればよいか」
「なぜ日本人はこの発音が苦手なのか」

ということを、熟知していますから、そういう人に習えば、

比較的スムーズに、タイ語の初歩的な発音などを習得することができます。

初級文法も、日本人の方が良い

また、文法とかもそうです。

タイ人は、生まれつきタイ語を話していますから、

タイ人自身が、タイ語の文法について、良く知らないことが多いです。

これもやはり、はじめのうちは、日本人から習った方が良いでしょう。

まとめると、

●初歩の発音
●初歩の文法
●初歩の読み書き

…これらは、日本人講師から習ったほうが理解が早いです。

そして、自分である程度、正しい発音ができて、正しい作文ができるようになれば、

タイ人に対して、自分の言いたい文章が言えるようになるわけですから、

タイ人から、直接タイ語を習って、更に上達できます。

つまり、勉強を始めたばかりのころは、日本人から教わった方が良い、ということです。

ドラクエの『船』のようなもの

「語学の中級レベル」これは、例えて言うと…

RPGの『ドラゴンクエスト』シリーズで言うところの、「船入手」に相当すると思います。

ドラクエでは、船を手に入れるまでは、「徒歩のみ」ですから、

行けるところが非常に限られていますよね。

今の町からは、次の町までの間のエリアしか行けないよう、ロックされているわけです。

なので、勝手に町を飛ばしたりせず、1つ1つ順々に、ストーリーを進めていかなくてはなりません。

つまり、基本を確実にこなしていく、ということで、

これがいわば、「タイ語の初歩」の段階です。

自由度が上がる

でも、船を手に入れた途端、進めるマップが一気に広がりますよね。

今まで、ちまちまとレベル上げをしていたのに、

突然、マップを無視して、メタル狩りをスタートし、経験値稼ぎができるようになったりします。

これが、「タイ人とタイ語で話せる段階」です。

初歩がきちんとできていれば、まるで、ドラクエで船を入手して、世界中を旅できるのと同じように、

タイ語でも自由度が上がって、自分で何でも、好きなことを会話できるようになります。

先に船を手に入れると…

ですので、船の入手までに、最低限の「経験値」、つまり「基礎」を積んでおかないといけません。

でも、もしも、レベル1の段階で、先に船を手に入れてしまったら、どうなるでしょうか。

この場合、海の敵が強すぎて、すぐに全滅してしまいますよね。

最低限の経験値(基礎)がないため、いくらストーリーが進んだように見えても、船で外海へ出ていくことができないんです。

これは、タイ語の基礎ができていないのに、タイ人社会に入ってしまう、という状態に相当します。

つまり、ある一定の段階までは、基礎を身につけておいた方が良い、ということです。

どこで習うべきか

……さて、

ドラクエの話が長くなってしまいましたが、要は、

「基礎となる学習は、日本人に習った方が良い」ということです。

こうなると、次に気なるのは、「じゃあどこで習えばよいのか」という点ですよね。

しかし現在、ネット記事を見渡してみても、

「体系的なタイ語初級の学習」というものに特化したサイトは、私の知る限り、非常に少ないです。

これはつまり、タイ語初級においては「それほど覚えることが多い」ということを意味しています。

タイ語の初級は、「ネット記事を数ページ読めば分かる」というような、簡単なものではないからなんです。

そのため、

私自身、サイトの記事の中で、「初歩をしっかり身につけましょう」と書いておきながら、

肝心の、「初歩を身につけるための場所」を、読者の皆様に提供できていなかったことに、「反省の念」を抱いていたわけです。

メルマガ講座を開講します。

そこでこのたび、当サイトでは、タイ語初級者の方が、無理なく勉強を進められるよう、

近日中に、『タイ文字習得のためのメルマガ講座』を、開講いたします。

すみませんが、もうしばらくお待ちください。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る