タイ文字が読めればタイはもっと楽しくなる!【タイ文字習得講座】1期生募集のご案内

shutterstock_japan

こんにちは!
いつも『タイ語.link』をお読みいただき、ありがとうございます。

管理人のでんいちです。

「タイ文字を自由に読めるようになりたい!」

「タイ文字でLINEやメールを書けるようになりたい!」

と、感じたことはありませんか。

このたび当サイトでは、読者の皆様からのこうしたご要望にお応えし、

『タイ文字習得のための動画講座』

を、開講することになりました。

現在、第1期生を募集中です。

この講座を受講すると、

タイ文字学習に特化した全150回の動画付きページが、「半年間自由に閲覧可能」となり、

スキマ時間の動画学習で、無理なくタイ文字を習得することができます。

メニューが読める!

タイのレストランで、

「本当は色々注文してみたいけれど、メニューが読めないから、カオパット以外を注文したことがない」

というのは、タイ滞在者の多くが経験している、タイあるあるです。

もしも、タイ文字が読めるようになれば、タイ料理の名前もすぐに覚えられるようになり、

レストランのメニューを自由に読んで、今まで食べたことがない新しい料理を、どんどん試していくことができます。

看板が読める!

タイでは、レストランのメニューに限らず、看板や道路標識など、ありとあらゆるものが、タイ文字で書かれています。

これらを読むことができれば、道路やエリアの名前、建物の名前が分かりますから、

初めての街でも迷うことなく、自由にタイを旅することができるようになります。

ソムタム屋さんの看板

これは、ソムタム屋さんの看板
ส้มตำ(sômtam)と書いてあります

講座の到達点は?

このたび受講していただく半年間のタイ文字講座の到達点は、

「タイ語の全ての子音文字と
母音記号、声調記号を習得し、

タイ文字の読み書きの
ルールをマスターすること」

です。

講座を修了すれば、これまでからは想像もできなかった、タイ語の新しい世界へとステップアップすることができます。

辞書や単語アプリなどで、新しい単語を覚える際、

タイ語をカタカナで覚えるのと、直接タイ文字で覚えるのとでは、「音」の正確さに雲泥の差があります。

タイ文字を読めれば、正しいつづりと発音で、単語をインプットできるようになります。

つまり、新しく覚えたタイ語の単語を、すぐに正しい発音で読めるようになる、ということです。

自分で作文ができる

また、講座内ではタイ語の初級文法についても解説していきますので、

ただタイ文字が分かるだけでなく、タイ文字を使って自分で文章を作ることが可能になります。

特に、「タイに友人や恋人がいる」という人なら、

「LINEの自動翻訳で、言葉のすれ違いや、もどかしい思いをしたことがある」

という経験が、一度や二度ではないはずです。

タイ語の場合、翻訳アプリやGoogle翻訳では限界がありますから、

やはり、自分自身がタイ文字の読み書きができるに越したことはありません。

LINEやSNSの文章を、タイ文字で書くことができれば、相手とのやりとりはさらに親密なものになります。

また、LINEの日常のタイ語会話程度なら、

翻訳を通さなくても、タイ文字講座を受講していただくだけで、十分読むことが可能になります。

ぜひこれを機に、タイ文字を習得して、

これまでよりも3倍楽しいタイ生活を、手に入れてみませんか?



⇒今すぐ受講の詳細を見る

タイに行く予定がある人には特におススメ

このタイ文字講座は、

「1年以内にタイへ行く予定がある」

「毎年タイへ旅行に行っている」

という人には、特に強くお勧めしています。

読み書きのスキルは、会話と違って、放っておいても上達するわけではありません。

そのため、現在タイ文字を読むことができない人は、次回タイへ行っても、やはり読むことができません。

しかし、

タイへ行くまでの間に、タイ文字の読み書きのルールを身につけておくことができれば……

タイへ到着した後は、毎日のタイ生活で、タイ文字のメニューや看板、標識などを自由に読めるようになります。

また、これによって確実が語彙が増えますから、

タイ語の会話力も相乗的にアップすることができます。

タイ語の次のステップを目指そう

そして、タイ文字が読めるようになれば、

初級から中級、中級から上級へと、どんどん習熟度を上げていくことができます。

また、タイ文字講座の卒業生を対象にした、中級者用の講座も、随時開講予定です。

ですので、このたびのタイ文字習得講座は、

「タイ語の次のステップ(中級以上)に進むための土台作り」

と、考えて頂ければと思います。

日本人がつまづきやすいポイント

また、私は、これまで10年以上に渡って日本人のタイ語指導に従事してきた経験から、

「日本人がつまづきやすいポイント」を熟知しています。

そうしたポイントをすべて盛り込んだ講義ですから、つまづくことなく、着実に習熟度を上げていくことができます。

習得にかかる期間は?

タイ文字講座の受講期間は、「半年間」です。

タイ文字の学習にあたっては、

無理のない期間を設定し、毎日確実に、学習を継続しなければなりません。

もしも仮に、
1ヶ月やそこらで無理やり詰め込もうとしてしまうと、

「翌月に全部忘れてしまった」

という残念な事態になる恐れがあるからです。

「半年」という期間は、長すぎず、短すぎず、タイ文字の知識を着実に身につけるための期間なのです。

150回は長い?

期間は半年間、講義動画は、全部で150回あります。

あえて講義を150回に分けているのは、学習を着実に継続してほしいからです。

内容をコマ切れにして、継続して視聴することで、1回1回の動画の内容を、確実に理解することができます。

半年間、全150回の動画を継続して見て頂ければ、

今までタイ語の勉強をしたことがない人でも、確実にタイ文字の読み書き能力が身につくよう、構成してあります。



⇒今すぐ受講の詳細を見る

タイ文字講座の3つの特徴

このタイ文字習得講座には、他のオンライン教材にはない3つの特徴があります。

1.
項目ごとの短くまとめた動画構成

2.
書き順や手書きの書き方の解説

3.
豊富なタイ語ネイティブ音声

1.毎回の動画は4分程度

この講座では、毎回の動画を「1回4分程度」にしています。

動画学習における私たちの集中力は、

一般に、4分~7分ぐらいしか持たないからです。

10分以上の動画だと、見るのに疲れて集中力が飛んでしまい、学習を継続するのが困難になってしまいます。

しかし、

4分の動画なら、集中力を途切れさせずに、動画の内容をすべてきちんと理解することができますから、

主婦や社会人の方でも、スキマ時間を利用して、無理なく続けることができます。

また、

4分間に、毎回の講義の内容をすべて凝縮していますので、ダラダラと数十分の動画を見続けるよりも、確実に知識量が増えます。

そして、学習の間隔を空けず、毎日1回ずつ動画を視聴していただければ、

前日の復習もできますので、さらに記憶が定着しやすくなります。

つまり、

「1回4分、全150回の動画を、
 半年間視聴する」

という当講座のシステムは、最も継続しやすい、合理的な学習プランなのです。

2.書き順と文字の形

タイ文字学習の際に、意外と重要なのが、

「書き順と文字の形」です。

タイ語関連のサイトで、タイ文字のフォントをいくら眺めてみても、

「書き順や書き方」までは分かりません。

また、Youtube上の無料動画を見ても、

書く時のコツや書き順などを、詳細に説明していないものがほとんどです。

そのため、いくら書き取りを独学で練習しても、

「実際のタイ文字と違う」というケースが往々にしてあります。

その点、この講座では、手書きのタイ文字を重視しているため、

毎回の講義で板書を用意し、実際に、私が板書でタイ文字を書いていきます。

そのため、フォントとは違う、手書きのタイ文字の正しい書き方を習得することができます。

3.豊富なタイ語音声

このたび受講していただく『タイ文字動画講座』では、

タイ語音声を随所に挿入しています。

そのため、全150回の講義動画は、

「ただ見るだけ」の動画ではなく、タイ語の音声を復唱して、きちんと「文字の発音練習」もできるようになっています。

耳と口を最大限に活用することで、着実に、タイ文字を習得していくことができます。

完全非公開動画

そして、これらの講義動画はすべて「完全非公開」ですので、

会員以外は
視聴することができません。

受講登録をいただいている会員だけが、視聴可能な動画です。

受講特典

現在、タイ文字習得講座を受講いただくと、

・会員専用の『タイ文字講座』150回分の動画が、半年間、自由に閲覧可能

・メールマガジンによる定期的な学習サポート

・タイ語学習に関する質問を、メールやスカイプなどで随時受付

・来タイやタイに関する案件のご相談受付

・そして、2018年限定、1期生のみの特別割引価格

など、様々な特典があります。

ぜひこれを機に、タイ文字を習得して、

これまでからは想像もできなかったほどの、奥深いタイ生活の楽しみを、手に入れてみませんか?



⇒今すぐ受講の詳細を見る