タイで男同士のスキンシップは普通?タイ人に二の腕を握られた時の対処法

にぎにぎ

「タイ人の男の人って、ちょっとスキンシップをしすぎじゃない?」
「もしかして、俺に気があるとか…」

と、気になったことはありませんか?

今回は、タイ人の「スキンシップ」について、お話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

タイ人はスキンシップが多い?

まず、今回のテーマで、あなたに知っておいてもらいたいのは…

タイ人は基本的に、男も女も…

スキンシップを好む傾向がある、ということです。

特に多いのは、

「二の腕をもみながら握る」

というスキンシップです。

「サバーイ・ディー・マァイ?」

と、言いながら、こちらの二の腕を

「にぎにぎ」と、もむ

…みたいな。

狙っているのではない

ですので、

「<同 性>が好き」

とか、

「スキンシップが多すぎて、なんか、狙われてるみたいで怖い…」

とかっていうとのは、全く別の問題である…ってことです。

もちろん、「<同 性>が好き」であったり、「狙っている」ことが目的のスキンシップも、当然あります。

でも、そうではなく、いわゆる「挨拶がわり」のスキンシップが非常に多い…

というのは、タイにおける対人関係の、1つの特徴でもあります。

二の腕を握るスキンシップ

特に、冒頭でご紹介した、

「二の腕をもむように握る」

というスキンシップは、老若男女問わず、タイでは広く見られます。

ですので、二の腕を握られたからといって…

「ちょっとちょっと、何握ってんだよ!」

と、慌てる必要は、全くありません。

むしろ、あなたも、相手に合わせて…

「お、おう、サワディーカップ…、にぎにぎ」

と、握り返してあげればいいんです。

スキンシップの様々なケース

しかし、二の腕を握るスキンシップが、いつでも有効かというと…そんなことはありません。

あくまでも、「ケースバイケース」です。

例えば、あなたが男性だとして、40代ぐらいのタイ人男性の友人と、話をしていたとします。

男性は、あなたの二の腕を、「にぎにぎ」ともみながら、話をしてきますが、これは、至って普通のことです。

そして、あなたが、友人男性の二の腕を、同じく「にぎにぎ」と握り返しても、全く、問題ありません。

<異 性>にはOKなの?

しかし、この男性が奥さんを連れて現れた…という場合。

奥さんの二の腕を握ってもいいかどうか、っていうのは、ケースとしては「半々」です。

あなたが、夫婦ともによく知っていて、「友人の奥さんとも普通にスキンシップをする」という場合なら…

奥さんの二の腕を「にぎにぎ」ともんでも、全く問題ありません。

でも、そうではなく、奥さんとはあまり面識がないのに、奥さんの腕を握って、なおかつ「にぎにぎ」ともんでしまうと…

友人も、その奥さんも、2人ともを敵に回してしまう可能性があります。

若い女性は絶対NG

また、さらに、この友人に、女子高校生の娘がいる…という場合。

スポンサードリンク

この娘の二の腕を握って「にぎにぎ」をやってしまうのは、「完全にNG」です。

これは「マイペンライ」では済まされません。

下手をすると、友人にあなたの顔面を殴られる可能性すらありますので、友人の娘の二の腕を握るのは、やめておきましょう。

スキンシップのルール

以上を踏まえると、『二の腕をにぎにぎ』というスキンシップには、いくつかのルールがあることがわかりますよね。

●<同 性>なら、あり

●女性が男性にするのは、あり

●男性が女性にするのは、かなり親しい間柄の時だけ、あり

●<異 性>で、大して親しくもない相手にするのは、なし

と、なります。

つまり、あなたが男性だった場合、タイ人の男性があなたの二の腕を「にぎにぎ」ともんでくるのは、いたって普通のこと…ということです。

<同 性>を好きなケースも?

また、ここで、「<ノン ケ>か、<ノン ケ>でないか」ということは、あまり、関係がありません。

もちろん、「<ノン ケ>ではないから握ってくる」というケースも、タイではよくありますが…

基本的にタイでは、<ノン ケ>とか、<ノン ケ>ではないとか、そういうことに関係なく、男性が男性の二の腕を握る、という習慣が、普通にあります。

また、女性の友人が、男性であるあなたの二の腕を握ってきたとしても…

「おぉっ、モテ期到来の予感…?」

と、勘違いしてはいけません。

<異 性>からのスキンシップがあったからと言って、「特別に気がある」というわけではなく…

これまた、至って普通のことです。

ただし、握り返すときは、少々注意が必要。

男性が、女性の二の腕を握り返しても良いケース、というのは…

「充分親しい間柄である」

と、お互いが認識しているときに限る…ってことなんです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、タイでの対人関係でよく見られる、「二の腕を握る」というスキンシップについて、ご紹介してきました。

ポイントとしては…

<同 性>でも<異 性>でも、二の腕を握るのはよくあること

慣れないうちは、握られたからといって、握り返さなくてもいい

慣れてきたら、握り返すべき相手かどうかをよく考える

特に<異 性>は要注意

…と、なります。

また、二の腕に限らず、タイ人は基本的に、「スキンシップそのものを好む「傾向があります。

ですので、今回の「二の腕にぎにぎ」というのは、いわば入門編。

これを完璧にクリアできれば、その他もろもろのタイ流スキンシップも、抵抗なく、受け入れることができますよ!

タイで突然、友人から二の腕を握られたときは、あせらず、落ち着いて、

「お、おう、サワディーカップ…」と、

まずは笑顔で返すようにしましょう!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク