(今年タイは仏暦何年?)~タイ語で西暦と仏暦を尋ねる言い方

サムネイル仏暦

タイ語で、

西暦は、「ค.ศ. コォーソォー」

仏暦は、「พ.ศ. ポォーソォー」

と言います。

タイには仏暦がある

タイは仏教国で、「仏教が国教である」とタイの憲法に定められています。

そのため、タイのカレンダーも、

我々が一般に使用する西暦とは別の、「仏暦」という暦(こよみ)を使っています。

換算方法は、「プラス543」です。

西暦に543を足すと、
仏暦になります。

(例)

 西暦2020年 +543
=仏暦2563年

「พ.ศ. ポォーソォー」をフルで言うと?

タイ文字の部分を見て分かる通り、

ค.ศ. ポォーソォー(仏暦)
พ.ศ. ポォーソォー(西暦)

と、2文字だけで表記されていますが、
これは、略語です。

元は、もっともっと長い言葉です。

ค.ศ. コォーソォーは、

「クリッス・サッカラート (キリストの暦=西暦)」の略。

พ.ศ. ポォーソォーは、

「プッタ・サッカラート (ブッダの暦=仏暦)」の略です。

それぞれ、頭文字を2つとって、

「コォーソォー/ポォーソォー」
と呼んでいるわけです。

ふだんは略称で呼ぶ

タイのTVニュースなどでは、「プッタ・サッカラート(仏暦)」と毎回フルで言っていますが、

この言い方はあまりにも長いので、タイの日常会話ではあまりフルで言うことはありません。

日常会話ではもっぱら、頭文字2つを取った「พ.ศ. ポォーソォー」の略語のほうで言います。

今年は仏暦何年ですか?

そして、「西暦何年?/仏暦何年?」と尋ねる時は…

「ค.ศ. コォーソォー/พ.ศ. ポォーソォー」の後ろに、「アライ(何)」を置くだけです。

コォーソォー・アライ?
(西暦何年?)

ポォーソォー・アライ?
(仏暦何年?)


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
当サイト管理人による【タイ文字習得講座】のご案内はこちら
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

そして、「今年」はピーニーと言いますので、

「今年は何年ですか?」と聞きたいときは…

ปีนี้ พ.ศ. อะไร คะ

ピーニー、 ポォーソォー・アライ・カァ?
(今年は、仏暦 何年ですか)

↓タイ語音声はこちら↓

答える時は、 

ポォーソォー(仏暦)またはコォーソォー(西暦)の後ろに、数字を置きます。

ปีนี้ พ.ศ. ๒๕๖๓ ค่ะ
ピーニー、ポォーソォー・ [ソンパン ハーローイ ホクスィップ サーム]・カァ
(今年は、仏暦[2563]年です)
ปีนี้ พ.ศ. ๒๐๒๐ ค่ะ
ピーニー、コォーソォー・ [ソンパン イースィップ]・カァ
(今年は、西暦[2020]年です)

と、なります。

ค.ศ. コォーソォーとพ.ศ. ポォーソォー、どっちを使う?

そして、ここが大事なところですが…

タイの日常生活では、ポォーソォー(仏暦)のほうがメインで使用されます

最近はタイも近代化が進んで、

「海外では、コォーソォー(西暦)を使うらしい」

ということが、一般的に認知されるようになりました。

しかし、、

昔は、コォーソォー(西暦)の存在は、まだタイであまり認知されておらず、

日常生活では、ポォーソォー(仏暦)一択でした。

なので、今でも、タイの地方へ行くと、「そもそも西暦何年か知らない」という年配の人はけっこういます。

こういった事情から、タイでの生活では、

必然的に、仏暦が中心になりますので、

ปีนี้ พ.ศ. อะไร
ピーニー、ポォーソォー・アライ
(今年は、仏暦何年か)

ということを、把握しておくようにしましょう!

今回は、ポォーソォー(仏暦)とコォーソォー(西暦)のお話しでした。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2
クイズの答えはこちら


これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
↓↓↓
オンラインのタイ文字習得講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


【ホーム画面】へ戻る