タイでも地震はある?タイ語で地震を何と言うか

タイ語 タイ文字

タイ語で「地震」のことを

「แผ่นดินไหวペン・ディン・ワイ」
と言います。

北タイで地震発生

2019年11月21日未明、北タイ全土で地震が観測されました。

この日チェンマイにいた多くの人が揺れを感じました。

地震発生が早朝であったにも関わらず、多くのネットユーザーがSNSに「地震発生!」と書き込んだため、

わりと早い段階で情報が共有されたようです。

このニュースは、地元タイのニュースメディアでも、すぐに大きく取り上げられました。

震源地は、ナーン県の対岸、ラオス領のサイニャブリー県。

チェンマイからは遠く離れているとは言え…

チェンマイ在住者の多くが、早朝に揺れを感じて目が覚めるぐらいの揺れがあったようです。

「タイは地震が少ない」は迷信

また、今回の揺れで、

2014年の5月5日に北タイを襲った「メーラオ地震」を思い出した人も多いのではないでしょうか。

(ちなみに、あのときの地震には、メーラオ地震という名前が付けられました)

今回は、2014年のメーラオ地震から、まだ5年しか経っていません。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
当サイト管理人による【タイ文字習得講座】のご案内はこちら
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

タイ語 タイ文字

2014年5月5日、M6の揺れが北タイを襲った
「メーラオ地震」

M5以上の規模の地震が、わずか5年のあいだに2回も起こった以上……

さすがにもう「タイは地震とは無縁です」などと余裕をカマしてられへん、というコトですね。

ペン・ディン・ワイ(地震)

さて、前置きが長くなりましたが、

そんなわけで、今回は『地震』を意味するタイ語をご紹介しようと思います。

地震はタイ語で

「แผ่นดินไหวペン・ディン・ワイ」
といいます。

ちょっと長いですが、
逐語訳すると…

まず真ん中の「ดินディン」は土(つち)という意味です。

「ペン・ディン」と言うと、大地とか国土みたいなニュアンスになる。

最後の「ไหวワイ」は「揺れる」という意味があります。

声調は5声で、低めから尻上がりに発音します。

「ペン・ディン・ワイ」というのは直訳すると「大地が揺れる」で、

これで「地震」という意味になります。

生死にかかわる単語なので、丸暗記しておきましょう。

「揺れを感じた」とタイ語で言うと

また、この単語に関連して、

「ルゥースック(感じる)」
という動詞があります。

これは「揺れを感じた」などの文脈で使います。

前半の「ルゥー」は「知っている」という意味なので、

รู้ルゥー ⇒ 知る
รู้สึกルゥースック ⇒ 感じる

……という風に、関連付けて覚えておくと良いでしょう。

もしも次回、タイで揺れを感じた時は、

「ルゥースック・マイ?(揺れを)感じましたか?」

と、周囲のタイ人に、タイ語で聞いてみましょう。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2
クイズの答えはこちら


これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
↓↓↓
オンラインのタイ文字習得講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


【ホーム画面】へ戻る