タイ語の「オーイ!」ってどういう意味?会話でよく使う「驚き・感動」の感嘆詞5選【タイ人もびっくり】

CarinaChen / Pixabay

タイの人が、「オーイ!」と言って叫んでいるのを、聞いたことはありませんか?

大の大人がびっくりして、「オーイ」「オーイ」と絶叫している姿って、何ともコミカルで、可愛げがありますよね。

そこで今回は、タイ語のこうした「感嘆詞」について、ご紹介していきます!

「オーイ」

「オーイ!」

これは主に、「びっくりしたとき」に使います。

そのため、組み合わせとしては、「ヂェプ(痛い)」というワードと、よくセットになって使われます。

「オーイ!」
(うわっ)

「オーイ!ヂェプ」
(うわっ、痛っ!)

…という感じです。

また、「オーイ」をよく耳にするシチュエーションとしては…

●タンスの後ろから突然虫が出て、「オーイ!」と驚愕する。

●タンスの角に足の小指をぶつけて、「オーイ!」と絶叫する。

●熱湯がこぼれて足にかかり、「オーイ!」とさけぶ。

…など、要は「突然の出来事」に対する、驚きや苦痛を表すときに、タイ人は「オーイ!」と発声する、ということです。

日本語の、「うわっ!」とほぼ同じように使うことができますので、

例えば、マッサージ屋で、ツボをぎゅっと強く押されすぎたときなどには、ちょっと痛々しい感じで…

「オォーーイっ!」

と、言ってみましょう。

「アーオ」

「アーオ!」

これは、タイ人独特で、なかなか面白い感嘆詞です。

タイ語の「アーオ」というのは、

「おいおい…やれやれ…なんだよそれ~」

のようなニュアンスです。

例えば…

「あなた、あの書類、もう出しといてくれた?」
「えっ、書類って何のこと?」
「アーオ!(もう、先週出しといてねって言ったじゃないの!)」

「あなた、今月は海に連れて行ってくれるんでしょう?」
「えっ、そんなこと言ったっけ?」
「アーオ!(もう、ずっと前から行くって言ってたじゃないの!)」

「こないだのテストは、何点だったの?」
「32点取れたよ、母さん!」
「アーオ!(もう、4点しか上がってないじゃないの!)」

…というようなニュアンスです。

要は、「期待を裏切られてちょっと呆れたような感じ」を表す感嘆詞です。

言う時は、眉毛をしかめながら、顔をちょっと「残念だ!」という感じにして、

「アーオ…(やれやれ…)」と、発声してみましょう。

「オーホー」

「オーホー!」

これは、ほぼ日本語の「おぉ~」に相当します。

例えば…

「最近、毎朝2時間勉強してるんだ!」
「オーホー!(やるじゃん!)」

「この服、新しく買ったんだけど、どう?」
「オーホー!(すごく似合ってるよ!)」

「日本の10番がゴール決めたぞ!」
「オーホー!(すげえプレーだ!)」

「あの西洋人のお客さん、チップを千バーツもくれたのよ!」
「オーホー!(おぉ~、羽振りがいいねえ!)」

…という感じです。

これは比較的、ニュアンスが分かりやすいのではないでしょうか。

要は、「驚嘆・称賛」のようなニュアンスです。

また、口の形も、まん丸にして発音しますから、まさに、日本語で「おぉ~~」と言うのと同じような感じですよね。

「すごいねぇ~、びっくりだねぇ~」というニュアンスを、表すことができます。

舌打ちで賞賛を表す

また、「オーホー!」に関連して、タイ独特の、賞賛のやり方があります。

それは…

「チュッチュッチュッ」と舌打ちして、賞賛の気持ちを示す、というジェスチャーです。

どちらも、人を褒める時に使うので、

そのため、前項の「オーホー」と「チュッチュッチュッ」は、

セットにして覚えておくと、わかりやすいです。

「長男が、こんどニュージーランドに留学するんです!」
「オーホ~、チュッチュッチュッ」
(へぇ~…すっごいねえ!!)

みたいな。

舌打ちが賞賛、というのは、はじめのうちは、どうも違和感があります。

まるでネコを呼ぶときのような音で、

チュッチュッチュッ

と言われるので、「本当に褒めてんの??」という気になってしまいます。

「トッ」

「トッ!」

「まあ呆れた!」というニュアンスです。

「ラーメン3杯も食ってきたぜ!」
「トッ!(まあ、よく食べるのね!)」

「セブンイレブンのスタンプ、今日1日で10個も揃ったぜ!」
「トッ!(まあ、また馬鹿みたいに買い物したのね!)」

「ワイルドだろぉ~?」
「トッ!(馬鹿ねぇ、全然ワイルドじゃないわよ!)」

…というような、使い方をします。

「トッ!」

というときは、強く息を漏らしながら、「トホーッ!」というのがポイントです。

こうすることで、「呆れた!」というニュアンスを、さらに強めることができますよ!

上記で列挙したような、なんかこう、「ちょっとズレた感じ」で、「スケールが大きめ」の出来事が起きた時は…

呆れた顔で、「トッ!」と言ってみましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、タイ語日常会話でよく使う、感嘆詞について、ご紹介してきました。

1.オーイ!(悲鳴)

2.アーオ!(残念)

3.オーホー!(驚嘆)

4.チュッチュッチュッ(賞賛)

5.トッ(呆れた)

こうして並べてみると、なんだか可愛らしいですよね。

タイ語には、まだまだ多くの感嘆詞がありますが、

今回はとりあえず、会話で最もよく耳にする、代表的な5つのフレーズを、ご紹介しました。

感嘆詞を使うと、会話がぐっとネイティブっぽくなりますから、

タイ人との会話で、ぜひ、使ってみてくださいね!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る