【愛してる??】タイ人女性に騙されやすい男に共通するたった2つの特徴&騙されない方法

sasint / Pixabay

あなたの周囲に、

「どういうわけか、いつもタイ人女性に騙されてばかりいる」

という人はいませんか?

本人は純愛のつもりでも、フタを開けてみたら女性の目的はお金だった、

というケースは、タイではよく耳にします。

でも、なぜか特定の人ばかりが、タイ人女性の餌食になっている、と思いませんか。

そこで今回は、あなたやあなたの友人が、美しいタイ人女性の毒牙にかからないようにするために、

「タイ人女性に騙されやすい男に共通するたった2つの特徴」

と題して、お話をしていきます。

特徴1:
周囲に相談せずに物事を決めるタイプ

私がこれまでに見てきたところでは、

「誰も詐欺だとは分からないような巧妙な手口」

というのは、非常に少ないです。

圧倒的に多いのは…

「誰が見ても明らかに詐欺だとわかるような稚拙な手口」
ばっかりです。

具体的には、

●まだ知り合ってから日が経っていないのに、やたらと結婚をちらつかせる

●親類縁者の病気や進学などの話題が異様に多い

●なぜか小銭ではなく、まとまった金額を借りようとする
(=小銭なら自分で出そうとする)

…などです。

これらは、典型的な「騙そう」としてくるパターンです。

また、こうした手口には、

「シングルマザーで育児が大変だから」

という理由が付帯してくることも少なくありません。

この場合、下手をすると、

その女性の子供の人生を、丸抱えすることになる

というリスクを伴います。

これについては、

【タイで子連れ再婚をするときに必ず知っておくべきこと】の記事も、参考にしてみてください。

周囲の人は気づいているのに…

さて、上の文章を読んだだけでも、

「ええっ、知り合ったばかりの女性に、そんなこと言われたら、絶対怪しいんじゃないの?」

って、思いますよね。

おそらく、10人中9人は、そのように考えるはずです。

ところが、10人中1人、つまり、騙される本人だけは、そのことに気がつきません。

ここで、その騙される日本人男性を、仮にAさんとします。

もしもAさんが、周囲の声に耳を傾けて、

「怪しい!」という忠告をしてくれた人に、ちゃんと「相談」していれば、

自分が騙されていることに、早期に気づくことができたはずです。

でも、なかなか人に相談しない…というのが、まさにAさんのウィークポイントなのです。

なぜ相談したくないのか

「騙されやすい人」というのは、往々にして、周囲への相談を嫌います。

そこには、「ダメ出しされるかもしれない」という、後ろめたさのようなものもあります。

また、Aさんはもう目の前しか見えていませんから、

「忠告なんて聞きたくない」

という感情もあるでしょう。

そういうわけでAさんは、騙されているにもかかわらず、そのことを周囲に相談することもなく、

「自分は騙されていない!」

と、半ば妄信的な感情によって突き進んでしまい…

結果として、周囲の予想通り、Aさんはまんまと騙されてしまうわけです。

もしも事前に、誰かに相談さえしていれば、こんなことにはならなかったかもしれないのに……

やはり、いつでも相談できて、信頼のおける友人を、大切にしておきたいものです。

海外で生活をしているなら、なおさらのことですよね。

特徴2:
誘惑をこらえることができない

私がこれまで見聞きしたケースの中で、よくあるパターンとしては…

「タイ人女性が策を仕掛けてきてから、実際にお金を支払うまでのスピードが、あまりにも早い」

というケースです。



「スピードが速い」
とはどういうことか。

ここで、とある日本人男性Aさんの、実際の体験談をご紹介します。

タイで実際にあった話

Aさんは、タイの市場で、あるタイ人女性と知り合いました。

市場で顔合わせるたびに会話をするようになり、

次第に2人は、親密になっていきます。

…とまあ、ここまでは、よくある話ですよね。

タイの場合は、ここからが違います。

信じられないことですが、この市場の女性はなんと……

出会ってからまだ数日も経っていないのに、ある日突然、

自分から、避妊具持参で、Aさんのアパートの部屋を訪れたんです。

「はぁ!?何それ」

って感じですよね。

普通の感覚なら、

「なんかちょっと、展開が早すぎない?」

と考えるはずです。

いきなり異性の部屋を訪れるなんて、あまりにも常識はずれな行動ですから、

「部屋では何ごともなく、お話ししてさようなら」

というのが、常識的な対応のはずです。

しかし、Aさんは、「甘い誘惑をこらえることができないタイプ」です。

しかも、狙っていた女性が自分の部屋にいます。

「今を逃すと、次はない」

という発想になってしまうのも、仕方のないことです。

Aさんは、その日のうちに、

「俺にもチャンスが巡ってきた!」

とばかりに、タイ人女性の誘惑に引っかかってしまいました。

そして、二人が結ばれたあと、

この女性はおもむろに、次のように切り出しました。

「実は、市場に出しているお店の運営資金が足りなくて…… 2万バーツほど、貸してくれないかしら?」
と。

これはどう考えても、その後もずるずるとお金を引っ張られるパターンです。

しかも、2万バーツ(6万円)というと、日本でも大金ですよね。

普通は、こんな要求をされても、すぐには貸さずに、

「そんなお金、すぐには用意できない」

「ちょっと考えさせてくれ」

「まず親戚に頼むのが筋じゃないのか?」

「なぜそんなズボラな経営をしていたんだ」

「店をたたむという選択肢はないのか?」

……等々、このように言えば、借金の申し出なんて、いくらでも断ることができたはずです。



あるいは、その場ですぐには断ることができなかったにせよ…

ある程度時間をおけば、「七日間のクーリングオフ」と同じで熱も冷めますから、

きっぱりと断ることもできます。

しかしAさんは、前項でもお話ししたように、周囲の人に相談することが苦手です。

相談して、否定されでもしたら、市場の彼女と会えなくなってしまうかもしれません。

そのため、この急な借金の申し出を、その場で、「1人で」抱えこんでしまうんです。

これは、典型的な騙されるパターンです。



また、Aさんの頭の中では、

「彼女ともっと親密になりたい!
 あわよくば、次回も、その次も、
 しっぽりと結ばれたい!」

というスイッチが既に入ってしまっていますから、もはや理性的な判断はできません。

結果として、Aさんは、

彼女に言われるがままに、2万バーツを彼女に手渡してしまうわけです。

「2万バーツで終わりではない」
とは知らずに……

詐欺のパターンは万国共通

余談ですが、宗教やマルチ商法の勧誘なども、手口はこれと似ています。

彼らの勧誘も、基本、ファミレスや喫茶店などの「閉鎖空間」で行なわれます。

これは、

「ちょっと考えさせてください」
「ちょっと旦那と相談してみます」

というワンクッションを置かせないためです。

「誰にも相談させず、その場で決意させる」

というのが、古今東西、人を騙す人が用いる常套手段なのです。

女性に「ちょっと待って」が言えない男

この時のAさんの行動からわかることは…

Aさんは、甘い誘いに対して、
「ちょっと待って」が言えない

ということです。

出会ってわずか数日、即決でお金を貸してしまい、しかも、この2万バーツは、回を重ねていくごとに、どんどんエスカレートしていきます。

「もしも、最初に部屋で借金を頼まれた時点で断っていたら…」

と、考えても、あとの祭り。
実に悔やまれることです。

「誘惑を誘惑と見抜く」とまではいかなくても、

せめて最低限、「ちょっと待って」という、ワンクッションは、絶対に必要です。

しかし、騙されやすいタイプの人というのは、目の前の誘惑に対し、

「今を逃したら、もうチャンスはない!」

という思考をします。

そのため、「ちょっと待って」が言えず、相手からの誘いに対して、即断即決してしまうんです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、美しいタイ人女性に騙されやすい男の特徴として…

1:
周囲に相談せず、一人で物事を決めるタイプ

2:
誘惑や欲望をこらえることができず、その場で欲に任せて突き進んでしまうタイプ

という、2つのケースについて、ご紹介してきました。

逆に言うと、

・「ちょっと待って」を言う
・親友に相談して事態を客観視する

この2つが、騙されないための方法です。

たとえ彼女からの申し出が、最初は数千円単位で、日本人にとっては微々たる額であったとしても、

回を重ねていけば、
いつかは莫大な金額になります。

「でも、そこには愛があるんだから…」

というのは、騙されているAさんの主観にすぎません。

ひょっとしたら相手のタイ人女性は、愛情なんてこれっぽっちも感じていないかもしれないんです。

最悪の場合、その女性は、自分に彼氏がいる状態で、平然とAさんにお金を出させている、というケースも多いんです。

これではAさんがあまりにも哀れです。

こんな悲劇を繰り返さないよう、

たとえ海外生活であっても、
何事も即断即決は控え、

問題はいったん持ち帰ってから、
信頼できる友人に相談する

という心の余裕を、大切にしておきたいものです。

■関連記事

また、このような事情から、日本人男性とタイ人女性の離婚率は、年々高くなっています。

「女性に愛はなかった
 男性は浮かれていただけだった」

ということに後から気がついて、結婚生活が冷めきってしまうんです。

これについては、
【見た目で結婚相手を選ぶと離婚率が跳ね上がる理由】
の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

海外だからこそ、周囲の日本人にはいつでも相談できるようにしておこう


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る