ラオスの首都ビエンチャンで地元名産のラオスコーヒーを飲もう

IMG_20161220_084641

ラオスは、コーヒーが名産です。ホットコーヒーの相場は、120円前後。

でも、「そういえばラオスで、地元屋台のラオスコーヒーを、飲んだことがない!」と感じている人は、意外に多いんです。

特に、外国人向けのホテルが多いエリアに滞在すると、周囲はおしゃれな喫茶店ばかりで、なかなか地元屋台を目にする機会もありません。

そこで今回は、ラオスの地元の人達が飲んでいる、屋台のラオスコーヒーについて、ご紹介していきます。

ラオスの屋台のホットコーヒー

2017年現在、首都ビエンチャンの喫茶店でホットコーヒーを飲むと、大体1万から2万キープほどかかります。

「キープ」というのは、ラオスの通貨単位です。

「キープ」については、こちらの記事でも紹介していますが、円換算の目安としては、おおむね、キープの金額からゼロを2つ取って、1.2倍すると、円になります。

そのため、1万キープというと、大体120円ぐらいです。

「お店のホットコーヒーが120円」と聞くと、安いように感じるかもしれませんが、ラオスではかなり高級な値段設定です。

屋台のホットコーヒーは1杯60円

屋台でホットコーヒーを飲むと、一律5,000キープ、

日本円で60円ほどです。

この60円のコーヒーは、少し苦味の強いラオスコーヒー。

お隣のタイよりも、味にパンチが効いていて、飲み応えがあります。

また、ラオスのコーヒー屋台では、ろ過する時の設備も目が細かくないので、

コーヒー豆がコップの底にちらほら沈んでいますが、この雑さがまたいいんです。

ラオスでは、このコーヒーにコンデンスミルクを入れて飲みます。

ラオスはアイスコーヒーが高い

ホットコーヒー60円、と聞くと、

「だったらアイスコーヒーは70円ぐらいだろう」

と考えるかもしれませんが、アイスコーヒーはなんと120円、ラオスの通貨で言うと、1万キープです。

アイスコーヒーの値段は、ホットコーヒーの1.5倍~2倍なんです。

●ホットコーヒー5,000キープの店なら、アイスコーヒーは1万キープ。

●ホットコーヒーが16,000キープの店なら、アイスコーヒーは24,000キープ。

ラオスで飲むならアイスコーヒーよりもホットコーヒー

でも、だったら、ホットコーヒーを2杯飲みたいと思わないですか?

どういうわけか、ラオスでは、コーヒーをアイスにすると、値段が異常に跳ね上がります。

そういう事情で、私はラオスで、アイスコーヒーというものをあまり飲んだことがありません。

ローカルのホットコーヒーはどこで飲めるの?

外国人用のホテルが多く集まったホテルなどでは、やはりおしゃれな喫茶店ばかりで、

地元のコーヒー屋台はほとんどありません。

コーヒー屋台が集まっているのは、やはり市場周辺です。

地元コーヒーを飲むなら、タラート・サオ

ビエンチャンの中心地、タラートサオのバスターミナルがあるエリアは、

バスターミナルを背にして正面、南側の道路に、地元向けの屋台が林立しています。

その中に、地元のホットコーヒー屋台が数軒あります。

比較的注文しやすい店は、フランスパンなどが並んでいるブロックの一番東の店です。

ここは、ラオス料理の一品おかず屋台ですが、コーヒー屋台も併設されているので、座って注文がしやすいです。

この店では、ホットコーヒーが5,000キープ(約60円)です。

まとめ

●ローカルの市場エリアへ行くと、コーヒー屋台が必ずある
●地元のコーヒー屋台では、5,000キープ(約60円)でホットコーヒーが飲める
●ビエンチャンのコーヒー屋台のオススメは、町一番の繁華街の、タラート・サオ周辺
●ラオスはなぜかアイスコーヒーが高い

ビエンチャンの夏は、酷暑です。

でも、そんな暑い中で、あえて汗を流しながら飲むホットコーヒーが、また格別なんです。

ビエンチャンの地元屋台コーヒー。

ラオス旅行の記念に、ぜひ、いちど試してみてはいかがでしょうか。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る