翻訳がおかしい?~タイ人とのLINEで、タイ語自動翻訳アプリの精度が低いのはなぜなのか

タイ人のネットタイ語は、もはや暗号??

タイ語の自動翻訳アプリは、

「だいたい精度が低い」
「翻訳がおかしい」

というのが、定説になっています。

おそらくあなたも、実際にそのように感じたことがあるのではないでしょうか。

今回は、「タイ語の自動翻訳アプリの精度が低い理由」について、お話をしていこうと思います。

自動翻訳アプリは進化を続けている

近年、外国語の自動翻訳アプリの進化は目覚ましく、

英語ベースの翻訳なら、「ほぼ完ぺき」というぐらい、精度が上がっています。

実際のところ、

「文法的に正しい、きれいな【英語】を、日本語に直す」
「文法的に正しい、きれいな【英語】を、タイ語に直す」

という、英語ベースの作業なら、自動翻訳アプリの翻訳で、全く問題ありません。

タイ語ベースの自動翻訳は…

……と、これほどまでに、翻訳アプリは進化を続けているのに、

「タイ語ベースの翻訳」に関しては、かなり「お粗末」な印象があります。

「タイ語ベース」とはつまり、

「タイ語から、英語に直す」
「タイ語から、日本語に直す」

という風に、タイ語をもとに、他の言語に翻訳する、ということです。

こうした、タイ語ベースの翻訳の場合、

ほぼ100%の確率で、「おかしな翻訳」が出てきます。

タイ語翻訳アプリの精度が低い理由

ではなぜ、こんなことになってしまうのでしょうか。

初めに断っておきますが、これは「開発者の努力不足」ではありません。

開発者はおそらく、日々、素晴らしい翻訳アプリの開発に心血を注いでいるはずです。

それなのに、どれほどの現代技術を駆使しても、

タイ語を外国語に自動翻訳するアプリの開発自体が、「非常に難しい」と言える理由があります。

私は、3つの理由を考えています。

①省略が多すぎる

1つめは、タイ語の口語は、省略が多すぎることです。

会話では、まず9割がた、主語を言いません。

例えば、
「マー・マイ?(来る?)」というタイ語文があったとして…

この文の主語は、私なのか、あなたなのか、彼なのか、

文脈を見ないことには、さっぱり分かりません。

もうこの時点で、英語圏への翻訳は無理です。

英語では、どんな文にも「主語」が付いていますから、

「主語のない文を、主語のある文に変換する」というプロセスの中で、必ず「誤訳」が生じてしまいます。

もしも仮に、こういう誤訳を防ごうと思ったら、

会話全体から主語を自動で検索するような、「文脈読み取り機能」とかがないと、無理なんです。

②書き言葉と話し言葉が違いすぎる

また、書き言葉と話し言葉の違いもあります。

辞書に載っているのは、「書き言葉」です。

一方、LINEメッセージでは多くの場合、「話し言葉」で文章を書きます。

こうなると、「辞書に載っていない言葉」が自動翻訳にかけられることになりますから、

機械による翻訳は「ほぼ不可能」です。

たとえば、

「そうなんですか?」という時、タイ語では、正しくは

チャイ・ループラオ

と言います。

でも、これは正式な表現ですから、ふだんの会話では、簡略化されます。

「そうなんですか?」を口語的に縮めて言うと、

チャイ・ループラオ

チャイ・ルッパオ

チャイ・パ

と、どんどん、縮まっていきます。

こんなの、自動翻訳で訳せるはずがありません。

なぜなら、そんなタイ語の文は、辞書には一切載っていないからです。

③つづりもメチャクチャ

また、タイ人の多くは、特にLINEやSNSなどでは、綴りがけっこう「適当」です。

例えば、
「誰といるの?」は、正式なタイ語では、

อยู่ กับ ใคร
ユゥ・ガップ・クライ?

と言います。

でも、LINEやSNSの会話とかだと、

ยุ กะ คัย
ユ・ガ・カイ

みたいに、単語の綴り1つ1つが、かなり崩れているというか、簡略化が徹底されています。

こんなの、もはや暗号ですから、

自動翻訳アプリが意味を検知できるはずがない、ということなんです。

対処法は?

なので、タイ人との会話で、自動翻訳アプリを使用する際は、こういう事情を知ったうえで、

あらかじめ、相手のタイ人に、対策を伝えておく必要があります。

対策とは、上記の逆、つまり…

①主語を省略しない。私が、彼が、という主語を、きちんと書きなさい、と指示しておく

②話し言葉で書かない。書き言葉を書かせる

③変なつづりを書かない。正しいつづりで書かせる

…などの方法が、有効です。

これなら、元の文がきちんと「主語+動詞+目的語」になっていて、つづりも正しいのですから、

これを自動翻訳すれば、そこそこ正しい翻訳が得られる、というわけです。

まとめ

いかがでしたか。

おかげさまで、当サイトで実施している、「LINE翻訳サービス」は、多くの方にご利用をいただいております。

こうした「手動」の翻訳サービスに需要があるのは、とりもなおさず、自動翻訳アプリのタイ語には限界があるからです。

タイ語の自動翻訳アプリは、おそらく、あと30年は、精度が上がらないと思います。

それは、上記でご紹介したような、「タイ語文法や正書法、そのものの問題」も、さることながら…

「そもそもタイ人の多くが、正しいタイ語を書こうと思っていないから」

です。

タイ人のネットタイ語は、もはや暗号??

日本人の場合、たとえ親しい仲であっても、誤字脱字とか、文の響きとかにも、多少は気を遣いますよね。

でも、

タイ人は、そういう点をあんまり気にしません。

たとえ、誤字脱字があっても、めちゃくちゃな文法や綴りであっても…

書き終わったらすぐ、推敲もせずに平気で送信してきます。

しかも、これに加え、

そもそもタイには、「学校できちんと勉強したことがない」という層も多いです。

そういう人は、タイ国民でありながら、タイ語単語の正しい綴りを知らなかったりしますから、

おかしな綴りのタイ語文を送信してきます。

そんなの、機械が自動で翻訳できるわけがないですよね。

あと30年もすれば、話し言葉や方言のデータベース、定期的な流行語のアップデートなども開発されていくことでしょう。

(というか、そのころには、LINEなんて使わなくても、体内に埋め込まれたICチップを通じて、送受信が可能になる時代が来ているかも……??)

そうなれば、自動翻訳の精度も上がっていくとは思いますが、現時点では、かなり高いハードルです。

そういう事情で、

「自動翻訳アプリの、タイ語ベースの翻訳は、なかなかビシッと正しい翻訳文を出してくれない」

というわけです。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る