タイの道路で【ながらスマホ】がマジで危険である事がよく分かるニュース&グレーチングがิボロすぎる件

640_a9e45620c196415a52f0e5b83684f046_1415874318557_104423_ver1.0

ながらスマホは、本当に危険です。

特にタイの道路では、ながらスマホをやると、命に関わります。

先日、タイの地元新聞で、ながらスマホの危険性がよく分かるニュースが掲載されていたので、以下に引用してみます。

チェンマイのニュース

以下、ニュース記事の翻訳です。

5月上旬、チェンマイ大学に通う女子学生が、市内道路わきの溝にはまり、大けがを負った、というネットニュースが拡散された。

女子大生が、チェンマイ大学周辺の歩道を歩いていた際、グレーチング(鋼材でできた格子状の溝蓋)の上にさしかかると、

突然、格子部分が崩れ、上を歩いていた女子大生は、下水へ落下した。

しかもその際、ちぎれた金属の格子部分が足の肉に引っ掛かり、ふくらはぎから太ももまでが大きく裂ける事態となった。

女子大生は、流血の中、金属が足の肉に食い込んだ状態で、10分以上もレスキュー隊の到着を待った。

その後、病院で治療を受けたが、筋肉と皮膚で2層、12針を縫う大けがとなった。

調査の結果、このグレーチングは、すでに錆びきって老朽化しており、上に人が乗った重みで、格子部分がちぎれたことが判明した。

また、女子大生はこの時、いわゆる「ながらスマホ」、スマホを見ながら歩道を歩いていたことが、分かった。

つまり、この女子大生は、ながらスマホをしていたために、グレーチングの老朽化に、気が付かなかったのである。

その後、女子大生は、自身のフェイスブックに次のように投稿した。

「大けがをする危険性は、町のいたるところ潜んでいるわ。私たちは、自分の身は自分で守らなくちゃいけない。
錆びた鉄板の上に乗るなんて、自殺行為よ。
屋外を歩くときは、スマホをいったん閉じるべきだ、ということを、痛感したわ」

ニュース記事は、以上です。
いや本当、怖いですよね。

グレーチングとは?

これがグレーチング

ちなみに、↑この板のこと、「グレーチング」っていうんですね。
よく排水溝などの上に、置いてあるやつです。

私はこのニュースで、初めて「グレーチング」という名称を知りました。

とまぁ、それはさておき、タイは、このグレーチングのメンテナンス状況が、

「極めて悪い」です。

タイに行ったことのある人ならご存知と思いますが、

「グレーチングの格子部分がボロボロに錆びて、切れている」

なんていうのはザラです。

グレーチングがボロボロ

なにせ、タイ人のなかには、「グレーチングの上は歩かない」と決めている人もいるぐらいです。

たとえ、グレーチングが「ちぎれていない」ように見えても、人が上に乗ったら、重みでちぎれてしまう可能性が高いからです。

そのため、タイの街歩きでは、「グレーチングの状態の見極め」が、けっこう命にかかわる問題だったりします。

タイの道路は本当に危ない

そもそも、
道路が全国ほぼ完ぺきに整備された日本でさえ、

「ながらスマホは危ない」と指摘され、取締りの対象になっているんです。

近代化を達成して間もないタイでは、「ながらスマホ」の危険性は、言わずもがな。
日本の比ではありません。

タイの道路では…

・グレーチングが錆びてちぎれている

・アスファルトがはがれている

・そもそも歩道がない

・屋台&客席が歩道を占領している

・バイクが歩道を走る

・バイクが逆走してくる

・小中学生がバイクを運転している

・車が路駐しまくりで、歩道をまっすぐ歩けない

…なんてのは、日常茶飯事です。

こんな環境で、ながらスマホをしてしまうのは、

まさに「自殺行為」です。

ながらスマホの代償

このニュースに出てくるチェンマイの女子大生は…

たった一瞬の「ながらスマホ」のために、脚の側面に12針もの傷を負うことになりました。

当然、傷は一生消せません。

今後きっと、この女子大生は、ミニスカートやショートパンツをはいて外へ出かけることはないでしょう。

タイのOLは、まだパンツルックは一般的ではありませんから、就職後も、タイトスカートを履くたびに、脚の傷を気にしなくてはなりません。

それが、「ながらスマホ」の代償だとしたら…

失うものがあまりに大きく、
本当に、やるせない思いになりますよね。

まとめ

今回の記事は、以上です。

タイの街歩きの際は、

●ながらスマホをしない
●グレーチングが前方に見えたら警戒する
●グレーチングの上を歩かない、走行しない

これらのポイントを、覚えておくようにしましょう。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る