【国際結婚】タイ人と結婚してタイ在住10年以上の人でもタイ語が上達しないたった1つの理由

Grandfathe, Grandmother

先日の記事で、
【タイ在住10年以上の人がタイ語をほとんど話せない最大の理由】について、ご紹介しました。

今回はこの問題を、「タイ人との国際結婚」という側面から、少し深く掘り下げてみましょう。

なぜ、タイ人配偶者と10年以上暮らしているにも関わらず、「タイ語が話せない」という状況が起きてしまうのでしょうか。

話せる人のほうが少ないかも…

タイ人と結婚して、
タイに住んでいると聞くと、

「毎日奥さんと会話して、
さぞかしタイ語がペラペラなんだろう」

と、考えてしまいますよね。

はっきり言って、
そのケースは少ないです。

むしろ…

「タイ人と結婚して10年以上になるが、タイ語はあまり話せない」

という人のほうが、はるかに多いです。

なぜ、そうなってしまうのでしょうか。

結婚生活と語学の上達は、全く別のスキル

タイに限らず、
国際結婚をしている人は、

みな結婚相手の言語が
できるかのような印象がありますが、
現実は、決してそうとは限りません。

もちろん、
タイ人と結婚したからタイ語がペラペラ、
アメリカ人と結婚したから英語がペラペラ、
と言う人がいるのは事実ですが、
そうでないケースも多いです。

極端な例で言うと…

もしも、ある人がタイ人女性と結婚していて、
タイ語を使う相手が、奥さん1人だけだったら、どうなると思いますか。

この場合、
タイ語はほとんど上達しません。

上達するのはあくまでも、
「奥さんとの意思疎通」だけです。

これは、タイ語の習得とは、全く別次元の話なんです。

言語が持つ2つの側面

言語には、2つの側面があります。

タイの国語としてのタイ語

1つは、
国語としての側面です。

「タイ語能力がある」とは、

タイに住んでいるタイ民族全員と、
会話できる能力がある、
ということを意味します。

一般に「タイ語がペラペラ」という状態は、
この「国語の習得」を差します。

タイ人配偶者とのコミュニケーションツールとしてのタイ語

もう1つは、意思疎通の手段。

友人や家族など、
自分と関係のある人に、
自分の意思を伝達するための、ツールです。

あくまでもツールの1つですから、

「表情や声の調子から旦那が何を言いたいか大体分かる」

という奥さんは、
言語というツールを使わずとも、

テレパシー(?)というツールで、
十分意思疎通を行なっているわけです。

この能力が発達した夫婦にとっては、
言語なんて必要ありません。

つまり、奥さんとタイ語で話すことは、
数あるツールのうちの、

言葉というツールを、
たまたま使用しているに過ぎません。

これには、「語学力」は必要ありません。

家では「風呂、飯、寝る」の3語しかしゃべらない、という人も現実にはいますし、

ただ自分の意思を
配偶者に伝えるだけなら、

ジェスチャーでも手話でも、
何でもいいわけです。

つまり、

自分の配偶者と話をするときに、
タイ語がペラペラである必要はない、

ということです。

結果、

タイ人配偶者と10年一緒にいても、
タイ語はあまり上達していない、

ということになります。

2人の関係が、
深くなればなるほどそうなります。

夫婦仲が良いのは素晴らしいこと

今回のテーマ、

「タイ人との結婚生活が10年続いていても、
タイ語が上達していない人も多い」

私は、このことが悪いと言っているのではありません。

むしろ、
夫婦が仲睦まじいことは
素晴らしいことです。

私が言いたいのは、

タイ人配偶者と仲睦まじく
結婚生活を送っていくことと、
タイ語が上手であることとは、

あまり因果関係が無い、

ということです。

ですので、
もしもこれを読んでいるあなたが、

  • タイ人の恋人がいる、
  • 恋人ができそうである、
  • または結婚を考えている、

という状態で、

「タイ人の恋人がいればタイ語が上達するだろう」

と考えているなら、

それは間違いだと知るべきである、

ということです。

いくらタイ人の配偶者と長年過ごそうが、
タイ人の友人がの数がいくら多かろうが、
勉強しなければ、上達しません。

このことは、別の記事でも紹介していますので、
こちら↓もあわせて御覧ください。
あなたのタイ語が急に通じなくなったときに知っておくべきこと

配偶者や友人というのは、

基本的には、
あなたの言うことを、
分かろうと努力してくれます。

あなたがタイ語の初級者であっても、
上級者であっても、

心が通じ合った相手であれば、
言いたいことは十分伝わります。

これは、
語学の上達とは、
全く関係がありません。

もしも、
タイでの結婚生活が、
長ければ長いほどタイ語が上達する、
というのなら、

世の中の夫婦は朝から晩まで、
文法的に正しい言葉ばかりをしゃべりまくっている

ということになります。

でも、現実に
そんなことはありえないですよね。

むしろ、
結婚生活が長くなればなるほど、

夫婦間の会話というのは、
少なくなっていくのが普通です。

あなたのタイ語の上達がストップするとき

長い結婚生活のなかで、
いつ、タイ語の上達が止まってしまうのか。

それは、
あなたの配偶者が、
あなたの性格や行動パターンを
ほぼ全て把握したときです。

例えばあなたが、
毎日夜9時にお風呂に入る習慣があるとします。

結婚して間もない頃、
あなたは毎日、
夜9時になれば

「อาบน้ำアープナーム(入浴)」と、
タイ語で言うでしょう。

しかし、この生活が数ヶ月も続けば…

あなたは夜9時、

何も言わなくても、

あるいはでたらめに
「▲$※&%!!」と言ったとしても、

あなたの配偶者には、おそらく「お風呂」のことだと伝わります。笑

これは、語学とは全く別のプロセスです。

仮に、

あなたがタイ人と結婚して、
末永く結婚生活が続いていたとして、

そのことと、
あなたのタイ語が上達するかどうか、
ということとは、
全く別の問題なんです。

結局のところ、どうすればタイ語が上達するの?

では、結論になりますが、
語学が上達するために必要なのは、

地道な努力

これしかありません。

たとえ、
あなたのカタコトのタイ語の発音を、
恋人や友人が分かってくれたとしても、

「正しくはどのように発音するのか」
と、ちゃんと質問して、練習し、

正しい発音を身につける
努力を続けなければいけないんです。

特に、
タイ人はフレンドリーですから、

恋人に限らず、
友達や、その友達、
友達の親戚などが、
すぐにあなたの交友関係に加わります。

初めのうちは、
あなたのタイ語は
相手にあまり通じないかもしれません。

でも、関係が続いていけば、
仮にあなたのタイ語が上達しなかったとしても、

あなたの恋人や友人たちは、
あなたのタイ語を、
理解しようとしてくれます。

大事なことは、
「周囲が理解してくれる」という、
この段階に甘んじないことです。

タイ人と結婚して、
毎日タイ語を使っていたとしても、

勉強のための地道な努力がなければ、
間違いなくあなたのタイ語は、
ある一定のレベルで止まってしまいます。

逆に言うと、
言葉が全くできなくても、
結婚生活は十分送ることができる、
ということです。

「愛があれば、言葉は要らない」
「言葉はなくても、愛は育める」

まさに、
そういうことなんです。

このことは、
外国語を学ぶ上で非常に重要なことですので、
ぜひ覚えておいてください。

それではまた。

●タイ人と結婚したからといって、必ずしもタイ語が上達するわけではない。
●恋愛と語学は、無関係。
●上達のためには、勉強のプロセスが別途必要。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る

2 件のコメント

  • 初めまして、管理人さん!バンコクに、10年程住んで、タイ人配偶者が居りますが、昨日に当該サイトを知りました。仕事でもタイ語を使う必要がないので、タイ語レベルが、頭打ち状態で、管理人さんの述べられてることを、拝見し、改めて自身の現状を認識しました。ぼちぼちレベルをブラッシュアップしようと思います!サイト運営頑張ってくださいーー、記事を楽しみにしております!!

  • コメントありがとうございます!
    共感をしていただき、非常にうれしく思います。
    また今後とも、よろしくお願いします!

  • コメントを残す