タイ語で「洗剤/バケツ/ハンガー」は何と言う?【洗濯】に関する厳選キーワード

Credutien / Pixabay

あなたは、タイにいるとき、「自分で洗濯をする派」でしょうか。
それとも、「クリーニングに出す派」でしょうか。

洗濯をこまめにしていれば、荷物はいつも少なくて済みますから、海外生活では、できれば洗濯の習慣を身に付けておきたいところです。

今回は、洗濯に関するタイ語の重要キーワードを、ご紹介していきます。

「洗濯する」は何と言う?

「洗濯する」は、タイ語で

●サックパー

と言います。

これだけでも十分、日常会話は通じますが、

文頭に「意思・予定」を表す助動詞の「ヂャ」をつけて、

●ヂャ・サックパー
(これから洗濯するつもりです)

と言ったり、あるいは、

文頭に「願望」を表す助動詞の「ヤークヂャ」をつけて、

●ヤークヂャ・サックパー
(洗濯をしたいです)
…のように言えば、会話のバリエーションが、さらに広がります。

では次に、洗濯に必要な名刺をいくつか見てみましょう。

「洗剤」は何と言う?

●洗剤
フェップ

●水
ナーム

●石鹸
サブゥー

●洗濯用ブラシ
ペェーン

●柔軟剤
ナムヤー・パップパー・ヌゥム

●バケツ・たらい
ガラマン

商品名が一般名詞になるケース

興味深いのは、タイ語で洗剤のことを

「フェップ」

と呼んでいる点です。

これは、実は「洗剤」を意味するタイ語ではなく、タイで売られている洗剤の、ただの「商品名」なんです。

タイにも様々な洗剤のメーカーがあり、決して「フェップ」一択ではありません。

例えば、タイで比較的メジャーの洗剤の1つに、

「オーモー」

という名前の洗剤があります。

でも、商店でこの「オーモー」を買いたいとき、「オーモーください」とはあんまり言いません。

「フェップください」

って言うんです。…そうすると店の人も、

「フェップ=洗剤全般」

ということを理解していますから、

あなたが指差している「オーモー」を、ちゃんと渡してくれる…っていうことなんです。

でもこれ、日本で言えば、「洗剤を買いに行く」のことを、「アタックを買いに行く」と言っているようなものですから、

ちょっと変な感じですよね。

東南アジアではこのように、

「ある特定の商品名が、類似の商品全般を表す一般名詞のように使われる」

…ということが、よくあります。

例えば、「フェップ(洗剤)」以外にも、

タイ語でペンのことは「パーッカー」といい、

ホッチキスのことは「メック」と言います。

これらはすべて、海外の商品名、メーカー名です。

「柔軟剤」は何と言う?

また、「ナムヤー・パッパー・ヌゥム(柔軟剤)」も、タイ生活ではなかなか重要です。

でも、やたら長い単語ですので、無理をして覚える必要はありません。

ただ、「タイ人は柔軟剤が好き」というのは、タイ生活の豆知識として、知っておく必要があります。

さすがに、旅行中に柔軟剤を持ち歩いて、柔軟剤を使ってゲストハウスで洗濯する日本人は、そうそういないと思いますが、

タイ人は、ほぼ100パーセントの人が、洗濯の際は柔軟剤を使います。

これは、「柔軟にしたい」というニーズよりもむしろ、「服にいい匂いをつけたい」という願望によるものです。

私などは、

「田舎で毎日土まみれで暮らしてたら、柔軟剤なんて必要なくね?」

…と考えてしまうタイプなのですが、

「良い匂い」が大好きなタイ人は、泥だらけの子供の服や体操着、ユニフォームなど、

汚れることが前提の服であっても、とにかく全ての衣類に対して、柔軟剤を使おうとします。

「バケツ」は何と言う?

バケツのことは、タイ語で

●ガラマン

と言います。

「ガラマン(バケツ・たらい)」は、非常に重要です。

もしもあなたが、タイに長期滞在しているのではなく、旅行中であれば、バケツなんて、いちいち持ち歩いてられないですよね。

こうなると、ゲストハウスにバケツを借りる必要があります。

そのため、体のゲートハウスで洗濯をする際は、「ガラマン」という単語をしっかり覚えておいて、

●ミー・ガラマン・マイ?
バケツはありますか?

●チャイ・ガラマン・ダイマイ?
バケツを使ってもいいですか?

などのフレーズを、従業員に言って、バケツを借りて洗濯するようにしましょう。

※「ใช้チャイ」と高い上昇調で読むと、「使う」という意味。「そうそう」の「ใช่チャイチャイ」は、落ちる声調。

「干す」は何と言う?

「干す」はタイ語で

ターク  あるいは、

タークスア

と、言います。

タイの西側、ミャンマー国境のある「ターク県」と、「ターク(干す)」は、綴りも発音も全く同じです。

「ターク県で、洗濯物を干す」と言って覚えておけば、覚えやすいですよね。

ちなみに「スア」っていうのは「服」のことです。

ターク + スア
→服を干す

「ハンガー」は何と言う?

では次に、服を干すときに必要なタイ語の単語を、いくつか見てみましょう。

●ひも
チュアック

●ハンガー
マイ・クウェン・スア

●せんたくばさみ
ティー・ニーッパー

●もう乾いた
ヘェーン・レェーオ

●まだ乾いていない
ヤンマイ・ヘェーン

「紐」は、意外と重要です。

洗濯物を干す以外にも、不要なものを紐で縛ってまとめたり、庭やベランダにハンモックを吊るしたり、日本へ送る荷物を梱包したり…など、

紐の用途は多彩で、持っていると何かと重宝します。

特に、ビニール紐なら軽くてかさばりませんので、旅行の際には、ビニール紐を携帯しておくことをおすすめします。

ハンガーは、ホテルやゲストハウスに言えば貸してくれるので、基本、マイハンガーをわざわざ携帯しておく必要はありません。

●ユーム・マイクウェンスア・ダイマイ
(ハンガーを貸してくれませんか?)

というフレーズを、覚えておくようにしましょう。

なお、タイ人は洗濯の際、せんたくばさみをあんまり使いません。

理由は、タイの日差しがあまりにも強すぎるために、プラスチックのせんたくばさみは、

1年もしないうちに、カラカラになって、砕けてしまうからです。

そもそも、せんたくばさみは、タイ人は普段あんまり使わないので、

せんたくばさみがパリっと砕けても、「また新しいのを買おう」とは、なかなかならないんですよね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「洗濯」に関する、タイ語の単語やフレーズを、ご紹介してきました。

特に、7月や8月の雨季にタイを旅行すると、連日雨で、一度服が濡れるとなかなか乾かない、ということがよくあります。

今回ご紹介した「洗濯する/干す」などのフレーズは、タイ語会話の頻出フレーズとして、ぜひ覚えておきましょう!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の動画学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字習得講座」を開講中です。
受講後半年で、確実にタイ文字の読み書きが身につきます。
1日当たり、わずか33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆