タイ語レベル中級になるには?~会話力が確実に上達する練習方法、教えます

RitaE / Pixabay

「タイ語で、日常会話は大体できるようになったけれど、もっと深い話がしたい!」と、悩んでいませんか?

タイ語能力が、【初級から中級へとステップアップ】する段階で、必ず1度は通るのが…

「深く込み入った話ができない」
「難しい話ができない」という悩みです。

今回は、タイ語で「日常会話しかできない」という状態から、

「込み入った専門的な話ができるようになる」という状態へとステップアップするための、効果的な練習方法について、ご紹介していきます!

初級と中級との最大の違いは何か

まず初めに、「初級のタイ語能力とは何か」ということについて、もう一度おさらいしておきましょう。

初級のタイ語能力というのは、あえて一言で言い切ってしまうと…

「タイで最低限の生活ができる」という状態です。

つまり…

市場で買い物をしたり、
タイ人の友人と待ち合わせをしたり、
バスやタクシーに乗ったり、
ホテルやアパートの部屋を借りたり、
室内の設備不良を訴えたり…、

こういうことができるのが、「タイ語の初級会話をマスターした」という状態です。

多くの人が初級で停滞する

そして、私の見る限り、タイ生活が長い人のほとんどは…

タイ語能力が、初級の状態で停滞しています。

理由は簡単で、中級になるための正しい努力をしていないか、あるいは、その方法を知らないからです。

そこで、今回の記事では、タイ語能力が飛躍的に上達するための方法を、ご紹介していこう、ということです。

前置きが若干亡くなりましたが、では、本題へ進みたいと思います。

タイ語能力上達のための最も効果的な練習方法は何か

タイ語能力が初級の段階から、中級へ上達するための、もっとも効果的な練習方法。それは…

「1人通訳」です。

通訳というのは通常、だれか別の話す人がいて、

その人が、通訳に対して「ちょっとこれをタイ語で伝えてくれない?」と言って、通訳がそれを別の聞き手に伝える、というものですよね。

1人通訳というのは、このプロセスを、全部1人でやってしまおう、というわけです。

つまり、「何か文章を用意して、それを、1人でタイ語に置き換えて、1人で話す、という練習方法です。

私はこれを「1人通訳」と呼んでいますが、これをすると、タイ語の会話能力は、驚くほど上達します。

翻訳の内容は?

この時、最も重要になってくるのは、「どんな文章をタイ語に翻訳するか」というチョイスです。

ここを間違えてしまうと、いくら頑張ってタイ語に訳したところで、たいした上達は見込めません。

では、どんな文章をタイ語に翻訳するのがいいのか。それは…

●「自分が関心があること」
●「自分がタイ人に対して伝えたいこと」
●「自分が専門でやっていること」

…などです。 これらを、

「頭の中で日本語の文章として構築して、それを、1人でタイ語で訳し、声に出して話していく」

という練習方法です。

そのため、すでに「自分の専門分野」というものがある人は、この方法で、「1人通訳」をすぐに実践することができます。

専門分野の話題をタイ語に訳す

たとえば、あなたがお寿司を握るのが大好きだとして、日本のお寿司屋さんで5年以上、アルバイトをしていた経験があるとします。

こういう場合は、

「タイ人のアルバイトの子にお寿司の握り方を教える」

というシチュエーションを設定し、それを説明するための単語を辞書で調べながら、どんどん、口に出して話すようにしましょう。

インプットとアウトプットが重要

このやり方が効果的なのは、「インプットとアウトプットを、同時に行なえる」という点です。

単語を調べるだけでは、すぐに忘れてしまいますし、調べずにただ話してるだけでは、なかなか身につきません。

でも、自分で調べて、ちゃんと頭にインプットしたものを、すぐに声に出してアウトプットすれば、記憶は劇的に定着しやすくなります。

自分の専門分野があった方がいい理由

海外のボランティア活動などに参加すると、「あなたの専門分野は何ですか?」ということを聞かれます。

実際のところ、「専門分野なんて、特にないですけど…」と言う人が多いんですが、

外国語の習得にあたっては、「自分の専門分野」というものが、確実にあったほうがいいです。

専門分野はなんでも良い

しかし、「専門分野」とは言っても、これは何も、建築や芸術、工芸のようなことだけに限りません。

漫画が大好き、歌が大好き、サッカーが大好き、映画が大好き…、

そういうことでも、十分「専門分野」になり得ます。

要は、「あなたは日本語で、そのことについて、話ができますか」ってことです。

「日本語で、少なくとも10分以上、1つの話題についてちゃんと話せる」

というものことがあるなら、それは、あなたの立派な「専門分野」です。

専門分野を訳すのは、難しくない

そして、自分の専門分野を、タイ語などの外国語に置き換えるのは、実は、そこまで難しいことではありません。

なぜなら、そのことについての知識や関心が、すでにあるからです。

話題がないのが一番深刻

でも、もしもそういう「自分の専門分野」というものが思いつかない場合は、「タイ語を話す」という以前の問題で…

「そもそも日本人と日本語で何を話しているのか」

ということになってしまいますよね。 つまり、「そもそも話題がない」という状態です。

この状態で外国語を身に付けても、日本語で話す話題がないのですから、外国語でも、当然話す話題はありません。

そうなると、冒頭でご紹介した「初級のままで上達が止まる」どういう状態になってしまうんです。

まとめ

今回は、「タイ語の会話能力が中級レベルに上達する方法」と題し、効果的な練習方法について、ご紹介してきました。

●「自分が話したい内容を、1人で通訳する」
●「そのための、自分の話題を、確立しておく」

という方法です。

これが、一番効果的で、最もメリットが大きく、なおかつ、確実にタイ語能力が上達する方法です。

そのため、「自分の専門分野」というのは、外国語を習得する上では、非常に大切です。

もしも、あなたがまだ、そういう「自分が話したい話題」が見つかっていないなら…

「自分はタイ語を身に付けて、タイの人に何を伝えたいのか」ということを、もう一度見つめ直してみることを、おすすめします!

外国語の勉強は、それからでも決して遅くはありません。

それではまた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る