【ムアン語】チェンマイで買い物する時役に立つ、北タイ方言の厳選フレーズ7つ

DSCN9172

チェンマイ旅行の際は、市場などでの買い物のときも、

できればタイ語ではなく、地元北タイの方言の、

「ムアン語」で、チャレンジしておきたいところです。

前回の記事では、【ムアン語の頻出フレーズ10選】を、ご紹介しました。

今回は、チェンマイでの買い物のときに使える、ムアン語のフレーズ7選です!

フレーズ1:いくら?

「いくら?」は、タイ語で

「タオライ?」

と、言います。このフレーズは、基本中の基本ですので、もうすでにご存知ですよね。

そして、「タオライ?」は、

ムアン語では、「タダイ?」になります。

短いフレーズなので、比較的覚えやすいと思います。

チェンマイでの買い物で、値段を聞く時は、タイ語の「タオライ?」ではなく、ムアン語で

「タダイ?」

あるいは語尾に「チャーオ(女性限定)」をつけて、

「タダイ・チャーオ」

と、言ってみましょう。

「タダイ(いくら?)」「タダイ・チャーオ」
↓音声はこちらから

フレーズ2:ください

くださいいるは、ムアン語で

「アオ」

と言います。これは、タイ語と同じですよね。

ただし、実際の会話では、受け答えが必要になりますので、

「アオ(要る)」を使って、ムアン語での疑問文やその答え方について、ここで練習をしておきましょう。



■疑問文

まず、疑問文にするときは、文末に「ゴォ」をつけます。

そのため、「要りますか?」は、

ムアン語で、「アオ・ゴォ」

と言います。
タイ語の場合は、「アオ・マイ?」ですよね。

【タイ語の動詞の受け答え】の記事はこちら

つまり、タイ語の「アオ・マイ?」が、ムアン語では

「アオ・ゴォ」

に変わる、ということです。



■答え方

答えるときは、

「アオ」

と一言だけで答えてもいいのですが、これだとなんだか少しぶっきらぼうな感じがするので、

女性の丁寧語の「チャーオ」をつけたり、男性なら「カップ」をつけたり、あるいは、ネイティブっぽい語尾の「ユゥー」をつけたりします。

●アオ・チャーオ(要ります・女性用)

●アオ・カップ(要ります・男性用)

●アオ・ユゥー(ええ、要りますよ)

…などのように、、「アオ」の一言で答えるのではなく、文末でバリエーションをつけるようにしてみましょう。



■否定文

「要らないです」と答えるときは、

タイ語では、否定の「マイ」をつけて、

「マイ・アオ」

と言いますが、否定の「マイ」が、ムアン語では

「バッ」

に変わります。

そのため、タイ語の「マイアオ(要らない)」は、ムアン語では

「バッアオ」

になります。

これも、相手に失礼がないように、女性丁寧語尾の「チャーオ」をつけて、

「バッアオ・チャーオ」

と言うようにしましょう。(男性の読者は、「カップ」)

では、

●アオ・ゴォ
要りますか?

●アオ・チャーオ
要ります

●バッ・アオ・チャーオ
要りません

この3つの受け答えのフレーズを、続けて聞いてみましょう。

「アオ・ゴォ/アオ・チャーオ/バッ・アオ・チャーオ」
↓音声はこちらから



■「何が要る?」という疑問文

前回の記事でご紹介した、ムアン語の

「アニャン?(何)」

を、覚えていますか。

これに「アオ(要る)」を続けて、

「アオ・アニャン」

と言えば、「何が要るの?」という意味になります。

答える時は、「アニャン?(何)」を「ニー(これ)」に入れ替えて、


「アオ・ニー」
(それください)

と答えれば、OKです。

では、この受け答えの音声も、聞いておきましょう。

「アオ・アニャン」-「アオニー」
(何が欲しいの? - これください)

↓音声はこちらから

フレーズ3:食べます!

文型練習のついでに、上記の「アオ(要る)」の部分を、

「キン(食べる)」

という動詞に入れ替えてみましょう。

●キン・ゴォ
買う?

●キン・チャーオ
買います!

●バッ・キン・チャオ
買いません!

では、

「食べますか?食べます。食べません。」

これらの受け答えのフレーズも、聞き流しておきましょう。

「キン・ゴォ/キン・チャーオ/バッ・キン・チャーオ」
↓音声はこちらから

フレーズ4:綺麗ですね!

タイ語の「ソヮイ(美しい)」は、ムアン語では

「ンガーム」

に変わります。これも、一言で「ンガーム(きれい!)」とだけ言うのではなく、

文末に終助詞などを添えて、会話にバリエーションを持たせてみましょう。

●ンガーム・チャーオ
(キレイです)

●ンガーム・ユゥー
(キレイですよ)

●ンガーム・ノォ
(キレイですね)

●ンガーム・テテー
(超キレイ!)

では、これら4つの文型を、続けて聞いてみましょう。

「ンガーム・チャーオ/ンガーム・ユゥー/ンガーム・ノォ/ンガーム・テテー(いずれも美しいの意)」
↓音声はこちらから

4つのニュアンスは、ほとんど変わりませんが、こういうのを知っていると、会話がよりネイティブっぽくなります。特に、

「ノォ」

という語尾は、日本語の、

「うまいのぅ」
「ええのぅ」
「ほぅじゃのぅ」

のような、おっとりしたニュアンスに、かなり近いです。

「ンガーム・ノォ」
キレイじゃのぅ

「ディー・ノォ」
ええのぅ

と、覚えておくと、いかにも方言という感じがして、味があります。

フレーズ5:負けてくれませんか?

買い物の際に、「値段を負けてくれませんか?」という値引き交渉のフレーズは、必須です。

「負けてくれませんか?」は、タイ語では、

ロッ・ダイ・マイ?

と言いますが、前項と同様、ムアン語では、

文末の「マイ」を「ゴォ」に変えて、

ロッ・ダイ・ゴォ?

と言います。

ロッ・ダイ・ゴォ?(負けてくれませんか?)
↓音声はこちらから

ちなみに、現在のチェンマイでは、観光客がぼられるようなことはほとんどないので、言い値で買っておいても問題はないのすが、

例えば…

「4つも買ったんだから、ちょっと値引きして欲しい!」

「会計が520バーツなら、20バーツ負けて欲しい!」

のようなときは、店員もそういう状況を察してくれるので、結構値引きしてくれることがあります。

チェンマイの市場で、数量を多めに買ったときや、金額に端数が出たときなどには、

「ロッ・ダイ・ゴォ?」

と、言ってみるのも手です。

フレーズ6:いっぱいだね!

「たくさん・いっぱい」というフレーズも、旅行ではよく使います。

「たくさん」は、ムアン語で

「ナック」

と、言います。

チェンマイの市場などで、

「たくさんあるね!」
「いっぱい買ったね!」

北タイ名物「ナム・プー(カニ味噌)」

北タイ名物「ナム・プー(カニ味噌)」

のようなシチュエーションで使ってみましょう。

●ナック
たくさん

●ミー・ナック
たくさんあるね!

●ナック・カナーッ
超たくさん!

↓音声はこちらから

なお、タイ語では、「たくさん」のことは「ユッイェッ」と言います。

【タイ語で「たくさん」は何と言う?】の記事も、参考にしてみてください。

フレーズ7:疲れた!

「疲れた!」はムアン語で

「イーッ」
「イーッ・ボフーイ」

と、言います。
↓音声はこちらから

なお、このフレーズは、前回の【ムアン語頻出フレーズ10選】記事でもご紹介しています。

チェンマイの市場を練り歩いていて、歩き疲れてしまったときなどには、ムアン語で、

●イーッ
疲れた!

●イーッ・ボフーイ
超疲れた!

と、言ってみましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、チェンマイの市場などでの買い物の際に使用する、

ムアン語のフレーズをご紹介してきました。

最後にもう一度、今回の表現を、続けて聞いてみましょう。
↓音声フル


1:いくら?

●タダイ/タダイ・チャーオ
いくらですか?

2:ください!

●アオ・ゴォ
要りますか?

●アオ・チャーオ
要ります

●バッ・アオ・チャーオ
要りません

●「アオ・アニャン」-「アオニー」
何が欲しいの? - これください

3:食べます!

●キン・ゴォ
食べる?

●キン・チャーオ
食べます!

●バッ・キン・チャーオ
食べません!

4:きれいですね!

●ンガーム・チャーオ
(キレイです)

●ンガーム・ユゥー
(キレイですよ)

●ンガーム・ノォ
(キレイですね)

●ンガーム・テテー
(超キレイ!)

5:負けて!

●ロッ・ダイ・ゴォ?
(負けてくれませんか?)

6:たくさんあるね!

●ナック
たくさん

●ミー・ナック
たくさんあるね!

●ナック・カナーッ
超たくさん!

7:疲れた!

●イーッ
疲れた!

●イーッ・ボフーイ
超疲れた!

チェンマイに行くときは、これらの表現をしっかりと聞き流して、

市場などでの会話の中で、どんどんムアン語を活用していってくださいね!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る