平成天皇・令和天皇の名前はタイ人も知っている~日本の皇室に関する6つの基礎知識

hino

このたび、令和天皇の即位のニュースは、タイでも大々的に報じられました。

タイでは基本的に、日本の皇室を最大限に重んじた報道をしてくれます。

日本人がタイ人から学ぶべきものは、「家族のつながり」や「大らかな精神」など、いくつか挙げられますが、

そのうちの1つに、「皇室への敬意」があります。

今回は、このポイントについて、少しお話しをしていきます。

タイ人は王室が大好き

ご存知の通り、タイ人は、「タイの王室」が大好きです。

どこの家へ行っても、国王の写真が額に入れて飾ってありますし、

年末に銀行で配られるカレンダーも、国王の写真の大判が、使用されています。

また、映画館では王室を賛美する歌が流れたり、

毎日2回、国歌を斉唱したり…などなど。



タイ人が「いかに自国の王室を敬愛しているか」という例は、

挙げればキリがありません。

そして私は、タイ人のこうした「自国の王室への敬意」は、

日本人が、タイ人からもっと学んでも良いポイントだと思っています。

タイ人は日本の皇室にも敬意を払っている

タイ人は、自国の王室に敬意を払っているのと同じように、

他国の王室に対しても、最大限の敬意を払っています。

そのため、「日本の皇室の人がタイに来られた」というニュースは、

一般のタイ人にとっては、トップニュースとして認識されています。



一方で、多くの日本人は、

「皇室の誰が、いつ、タイへ行ったか」という情報について、とんと無関心です。

こうなると、「自国の王室への敬意」に関して、

日本人とタイ人との間で、「温度差」が生じることになります。



タイ人にしてみれば、

「えっ、日本人も当然、皇室に敬意を払っているものだと思っていたのに……

 君は、自国の皇室に興味がないのかい?」

ってなもんです。

そのため、もしもあなたが、ある程度タイ語が上達して、タイ人と深い話ができるようになれば、

当然、「日本の皇室」のことも話題になります。



そして、もしもこのとき、あなたがあまりにも皇室に対して無関心だと、相手のタイ人は、

「なぜ、この日本人は、自分の国の皇室のことについて、何も知らないんだろう……」

と、愕然としてしまいます。



こうした事情から、タイ人との会話においては、

日本の皇室についての知識を、持っておくに越したことはありません。

最低限知っておくべき項目としては、以下の6点です。

1.万世一系である

まず、日本は、歴史の始まりから現在まで、「たった1つの天皇家」という家系によって、存続されています。

こうした「ずっと1つの家系」ということを指して、万世一系(ばんせいいっけい)と言います。

これは、世界で唯一です。



普通はどこの国も、色々な王朝が、入れ替わり続けているからです。

そのため、ある程度日本史に詳しいタイ人であれば、

「万世一系(ばんせいいっけい)は、とてつもなく凄いこと」

という感覚を、ちゃんと持ってくれています。

2.世界最長の王室である

また、前項の万世一系とも関連して…

日本では、現在の皇室が存続している期間は、2600年とも3000年とも言われますが、

少なく見ても、2000年以上は確実にあります。

もうこの時点で、世界最長です。



タイの歴史は、スコータイ王朝からが始まりで、約800年前です。

年数は日本の半分以下で、なおかつ、スコータイ王朝の家系はすでに断絶していますから、

「現存する世界最長の王家」

という点も、タイ人が驚愕しているポイントの1つです。

皇紀2600年

また、戦時中は、「皇紀二千六百年祭」という祭典が行なわれました。

これはつまり、

「初代の神武天皇が日本の国を建国してから、2,600年目」という意味のお祭りです。

もちろん、2600年前の確固たる資料が何か残っているわけではありませんが、少なくとも、

「そういうものとして伝わっている」

というだけでも、すごいことです。

タイは現在、仏暦で二千五百数十年ですが、単純に、それよりも長い、ということです。

3.令和天皇は第126代目

2,017年、タイの王位がラマ9世からラマ10世に継承され、

タイ語の日常会話では、9代目(ロォー・ガーオ)、10代目(ロォー・スィップ)という名称で呼ばれます。

また、「初代ラマ1世は何をした」「ラマ5世は何をした」など、

「何代目の功績」という知識を、タイ人はよく知っています。

この「何代目」という点についても、日本の人は、ほとんど関心がありません。



日本の天皇は、とっくに「百代目」を超えています。

昭和天皇は第124代目、
平成天皇は第125代目、

現在の令和天皇は、第126代目です。

タイ語で言うと、

รุ่นที่126(126代目)
「ルゥンティー・ローイ・イースィップ・ホック」

と、なります。

これを言うと、大抵のタイ人は「マジで?」という顔をして驚きます。

126代ぶんの系図が、史料として残っているだけでも、そんな国は他にないからです。

4.令和天皇の名前は「徳仁(なるひと)」

また、タイ人は、国王の「名前」もよく覚えています。

第9代は、「プゥーミポン・アドゥンヤデート国王」

第10代は、「ワチラーロンコーン国王」です。

特に、第9代の本名は、「世界一名前の長い王様」としても知られていて、

「9世国王の御名前を覚えるための歌」というものまであります。



しかし、

この点においても、日本人はタイ人に大きく引けをとっています。

昭和天皇の「裕仁(ひろひと)」という名前は、歴史の教科書にも出てきますから、知っている人も多いかもしれませんが、

「平成天皇の名前」
「令和天皇の名前」となると、

日本人でも、意外と知らない人が多いです。

平成天皇の名前は、
「明仁(あきひと)さま」

令和天皇の名前は、
「徳仁(なるひと)さま」

と言います。



タイのニュース番組では、

「ナルヒト様が令和の新しい天皇としてご即位された」

という風に報道します。

そのため、毎日のニュースを見ているタイ人であれば、当然、

「日本の今の天皇はナルヒトという名前」だと知っています。



一方で、日本人が
「天皇の名前を知らない」


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
当サイト管理人による【タイ文字習得講座】のご案内はこちら
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

なんて言ってしまうと、これまた、タイ人はびっくりするわけです。

補足:「諡号・諡」について

なお、日本には、天皇陛下、上皇陛下がご存命中は、「○○天皇」という名称では呼ばない、という文化があります。

これを、諡号(しごう)または諡(おくりな)と言います。

例えば、平成の御代であれば、

「昭和天皇」という言い方はしても良いが、「平成天皇」と言う呼び方をしてはいけない、ということです。

そのため、陛下がご存命中の間は、「○○天皇」という呼び方を避け、「天皇陛下」「上皇陛下」とお呼びしなくてはなりません。

ただし、このサイトは、「SEO検索でサイトを見つけて読んでいただく」という性質上、どうしても、「検索されやすい言葉」をタイトルに入れておく必要があります。

そのため、正しくはないのですが、便宜上、「○○天皇」という言葉をタイトルに入れています。

これはあくまでも便宜上なので、会話ではこの言い方はせず、「天皇陛下」「上皇陛下」とお呼びするようにしましょう。

5.タイ語の「ジャカパット」は日本の天皇だけ

また、タイ語で「จักรพรรดิジャカパット」という言葉がありますが、

意味は、「天皇」です。

実はなんと、

現在タイでこの言葉を使用するのは、「日本の天皇だけ」なんです。



つまり、「〇〇国のジャカパット」というような、一般名詞としての用法はなく、

「ジャカパット」と言えば、それは即、日本の天皇を指す、ということです。



そのため、タイ語の「ジャカパット」は、

日本人として、必ず知っておけなければならないタイ語単語の1つです。

6.元号制の国は日本だけ

また、日本では、「平成〇〇年」「令和〇〇年」という和暦が使用されていますが、

こうした「平成」や「令和」などの名称のことを、「元号」といいます。

これはつまり、「現在の天皇が即位してから何年目」ということが、一目で分かるようにしてある、ということなのですが、

この「元号制」を、現代でも使用しているのは、日本だけです。

タイ語には、「10世国王から何年目」という言い方はありません。

この日本の元号については、

「ややこしいから、やめたほうがいい」なんていう意見を言う人もいますよね。

でも、

「やめるのは簡単だが、新たに始めるのは無理」です。

また、こうした元号があることによって、

「平成は何年続いた」「令和天皇が即位してから今年で何年目」ということがすぐにわかりますし、

何より、国として、皇室を尊重していることの表れでもあります。



また、元号を付けておくことで、

「平成の頃は…」「令和になってからは…」というような、1つ1つの時代区分として考えることができます。

やはり、ないよりは、あったほうが良いものです。

日本のマスコミは教えない

今回ご紹介しているような、「自国の国体に関する基礎知識」は、

もしもタイ人であれば、「国民として当然知っておくべきこと」ばかりです。

なのに、日本では、学校で教えるどころか、世間であまり話題に上ることもありません。



現に、日本の学校で使用されている日本史の教科書には、

「初代神武天皇」の名前や、「令和で126代目」という項目を記載していないものもあります。

「自分の国の、現王朝の初代創始者の名前を知らない」

なんて、海外では考えられません。

日本がこんなことになっている理由は明確で、

・日本人が誇りを持つと困る人たち
・日本人が団結すると困る人たち

がいるからです。

王室というのは、その国民にとっての「一体性」の象徴ですから、

王室が大切にされればされるほど、国民としての一体感は強固になっていきます。

現代のタイのように。

逆に、「自国の王室を大切にさせない」という世界でも稀(まれ)にみるおかしな教育体制になっている我が国日本では、

いつまでたっても、日本国民としての一体感が育っていきません。

日本では、かなり大掛かりな「情報統制」が行なわれていて、

「日本人に誇りを持たせないための情報や教育」

が、日常的に行なわれています。



実際のところ、

あなたの周囲で、「日本人としての誇り」を大切にして日々生活している人、というのは、おそらく少数派ではないでしょうか。

なにせ、現代の日本は、

「愛国心があります」などと口に出して言おうものなら、奇異な目で見られてしまうような社会です。

でもそれって、世界的に見たら、
すごく異常なことです。



タイやポーランドなど、海外の多くの国では、愛国心は「あって当然」のものです。

「自国の誇りを持っていない人」

なんていう人のほうが、むしろ少数派だと分かります。

しかし、日本にいると、その事実にすら、なかなか気付くことができません。

こうしたことに気がつくことができるのも、海外生活の大きなメリットの1つだと言えます。

まとめ

タイでは、全国民が、王室を敬愛しています。

そのため、ある程度タイ人と込み入った話ができるようになると、タイ人は、

「なぜ日本人は、自分の国の皇室に敬意を払っていないのか」

ということに対して、非常に怪訝な顔をします。

逆に、タイ人と話す際に、皇室に関する最低限の知識を持って話せば…

「タイ人と同じように、自国の王室を尊重し、敬愛している人」

として、あなたを見てくれます。

最低限、知識として知っておきたいポイントとしては…

1.日本の皇室は万世一系

2.世界最長の王室

3.令和天皇は126代目の天皇

4.平成天皇の名前は明仁さま、
  令和天皇の名前は徳仁さま

※ただしこの言い方は諡(おくりな)であるため、会話では、「上皇陛下・天皇陛下」とお呼びするようにしましょう。

5.タイ語で「ジャカパット」を使うのは日本の天皇だけ

6.元号制は日本だけ

…以上の6点です。

いずれの項目も、

「やっぱり日本はすごい!」

と、タイ人が驚愕することばかりです。

海外での滞在を機に、ぜひ、日本の皇室に関心を持ってみてはいかがでしょうか。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2
クイズの答えはこちら


これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
↓↓↓
オンラインのタイ文字習得講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


【ホーム画面】へ戻る