タイ文字を効率的に覚えるコツ~タイ語の文字配列のルールとは

shutterstock_japan

タイ語の42文字を覚えるのはなかなか大変ですが、

「覚えるコツ」というものもあります。

実は、文字の並びには、ある一定の「法則」があります。

そのため、この法則を知っておけば、タイ文字を覚える際の、非常に有力な助けとなります。

「あかさたな」の順に並んでいる

タイ文字の配列に関する法則とは…

タイ文字も、「あかさたな」の順番に並んでいる

というものです。

つまり、

日本語で、「あ・か・さ・た・な…」と指を折りながら、五十音表を思い出すのとほぼ同じプロセスで、

タイ文字の配列を覚えることができる、ということです。

タイ文字の配列

タイ文字は、「ก ข ค カ行」から始まり、「カ行」の音のグループの文字が、しばらく続きます。

これが終わると、次は「จ ฉ ช チャ行」です。

(日本語のサ行は、アジア語のチャ行に相当します)

そして、「チャ行」がしばらく続き、

その次は、日本語と同じように、「ด ต ถ タ行」、となっています。

そして、タ行の終わりに「น ナ」があるので、これを混ぜると、

「カ、チャ、タ、ナ、パ」

となり、日本語の、「あかさたなは」と、ほぼ同じですよね。

「まやらわ」も同じ

そして、タイ語では、「カ、チャ、タ、ナ、パ」の次に、

「ม マ、ย ヤ、ร ล ラ、วワ」
(ラは、rとlがある)

が続きますが、これまた、日本語の、「まやらわ」の順番と全く同じです。

暗記作業がラクになる

つまり、タイ文字42文字を、1から42にまで順に覚える際に…

「タイ文字も、日本語と同じように、大体『あかさたなはまやらわ』の順番に並んでいる」

ということを知っておけば、

「あれ、น の次は何だっけ?」

と迷ったときに、思い出しやすくなる、というわけです。

タイ文字をグループごとに並べてみる

では実際に、タイ文字42字を、並べてみましょう。

・か行(5)
ก ข ค ฆ ง
・ちゃ行(6)
จ ฉ ช ซ ฌ ญ

タ行は2つもありますが、これについては、また別の記事でお話しします。

・タ行1(6)
ฎ ฏ ฐ ฑ ฒ ณ
・タ行2(6)
ด ต ถ ท ธ น

・ナ行(タ行の最後がナน)

ハ行には、「Bバ・Pパ・Fファ」がありますので、ちょっと多いです。

・ハ(パ)行(7)
บ ป ผ ฝ พ ฟ ภ
・マ・ヤ・ラ・ワ(5)
ม (m) ย (y) ร (r) ล (l) ว (w)

最後に、「Sの高子音」というものが3つありますが、これについても、後日お話しします。

・Sの高子音(3)
ศ ษ ส

・その他(4)
ห ฬ อ ฮ

…という風に、全7グループに分けることができ、各グループを足すと、

5+6+6+6+7+5+(3+4)

で、トータル42になります。

そして、各グループ内の文字は、平均6、多くても7なので、グループごとに覚えていけば…

タイ文字暗記のための労力は、グッと楽になりますよね。

無理なく暗記できる

タイ文字の学習の際、もしも「42個を覚えなさい」と言われたら…

「そんなの、多すぎる!」

と言って、普通はだれでも尻込みをしてしまうものです。

でも、

「グループごとに覚えていきなさい。
 各グループは、多くても7つぐらいですよ。
 今週はまず、始めの5文字を覚えましょうね。」

と、言われれば、

「おっ、それならいけるかも…」

って思いませんか?

なぜこの順番なのか。

実は、タイ文字に限らず…

ミャンマーのビルマ文字や、カンボジアのクメール文字、チベットのチベット文字、

そして、サンスクリット語やヒンディー語、ベンガル語などのインド系の諸文字など、

アジア文化圏の文字の多くは、この「あかさたな」の順に並んでいます。

これはおそらく、

世界で一番最初に「文字の並び」というものを発明した民族がいて、周辺の諸民族も、それを模倣したからではないか、

と、考えられています。

元は同じ?

実際のところ、

タイやミャンマー、カンボジアなどは、みな、インドから文字を取り入れてますし、

インド国内、および周辺の文字も、元はサンスクリット語ですから、これらの文字は皆、並び方が同じです。

そして、日本の「五十音順」も、

インドから、シルクロードを通って、日本へ伝わったのかもしれません。

あるいは、反対に……

日本が世界最古の文明で、日本の五十音の並べ方が、古代のインダス文明に伝えられた、という説もあります。

「五十音順」がどこの発祥なのかはさておき、いずれにせよ、こういう事情で、

アジア諸国の言語は文字配列の順番が似ている

というわけです。

「日本大好き」の私としては、やはり、

「すべての文明は日本から始まった」
という説に一票です。

まとめ

今回は、タイ文字を覚える際の、効率的な覚え方として…

「タイ文字も、日本の五十音順と同じように、あかさたなの順番に並んでいる」

という法則について、ご紹介してきました。

そして、「カ行のグループ」、「チャ行のグループ」のように、グループごとに、似たような読みの文字が固まっていて、

各グループは、それぞれ、5つか6つ程度、ということです。

そのため、42文字を一気に全て覚えようとするのではなく、

まずはグループごとに分けて覚えればよい、ってことになります。

そして、各グループ内の6つほどの文字を、集中的に覚えていけば、

「グループの順番」は、日本語の「あかさたな」の順とほぼ同じなので、これを知っておけば、より効率的に覚えられる…というわけです。

このやり方なら、

1グループに10日かけても、7グループ×10で70日。

間に復習や休憩の日を、10日挟んだとしても、80日。

3ヶ月もあれば、タイ文字42個を、全部覚えられる

…ってことになります。

タイ文字の学習の際は、ぜひ、参考になさってみてくださいね。

追記

ただし、この覚え方は、あくまでも、「子音文字42個」だけを覚えるときの話です。

タイ語には、子音文字以外にも、

母音記号や声調記号など、種々の複雑なルールがあります。

なので、これらもすべて覚えないと、子音文字だけでは、タイ語を正しく読むことはできません。

もしも、こうしたタイ文字のルール全体を、「体系的に学習したい」という方は、

【タイ文字習得のための動画講座】
↑↑こちら↑↑もぜひ、参考になさってみてください