タイ語で「どこ?」は何と言うか~ティナイとユゥナイの違いは?

Alexas_Fotos / Pixabay

「どこ」はタイ語で「ที่ไหนティナイ」と言います。

一方、「どこですか?」と質問するときは、

「อยู่ไหนユゥナイ」という言い方もあります。

スポンサードリンク

このที่ไหนティナイとอยู่ไหนユゥナイは、

タイ語の勉強を始めたばかりの人が、意外と迷いやすいポイントです。

そこで今回は、これらの違いを解説しながら、「どこ」にまつわるタイ語の頻出フレーズを、ご紹介していきます。

どこ?ที่ไหนティナイ

まず、原則となるルールを初めにご紹介しておくと…

「どこ」を意味するタイ語は、

「ที่ไหนティナイ」です。

まずは、この「ที่ไหนティナイ」を何度も練習して、完璧に発音できるようにしておきましょう。

そして、「どこにあるの?」「どこにいるの?」というときは、

「ある・いる」を意味する動詞の「อยู่ユゥ」をはじめにおいて、

「อยู่ที่ไหนユゥ・ティナイ?
(どこにあるの?どこにいるの?)」

と、言います。

どこにある?อยู่ไหนユゥナイ

そして、日常会話では、ที่ไหนティナイの「ที่ティー」の部分は、よく省略されます。

そのため、本来は「ユゥ・ティナイ」であったものが、縮まって、

「อยู่ไหนユゥナイ」になる…ということです。

「ユゥナイ?(どこにいるの?)」

は、タイ人との会話で非常に良く使います。

主語は、人でも物でもどちらでも使うことができます。

「ไหนナイ?」だけでもいい

また、単に「ナイ?」の一言だけで、「どこ?」を意味することがあります。

例えば、

「昨日、〇〇を買っておいたよ」と相手に伝えた時に、

「ナイ?(それはどこにあるの?)」

と、相手が尋ねる、というようなケースです。

この場合は、「何をどうした」ということが、前後の文脈から明らかですから、

主語や動詞などを全て省略して、「ナイ?」の一言だけで、

「あなたが言っている『それ』は、どこにあるの?」

という意味になります。

「前後関係が分かっている場合、省略できるものは省略する」

というのは、タイ語会話における鉄則の1つです。

上記の4つは、いずれもタイ語作文の基本となる、超重要フレーズですので、

いったん、ここまでをまとめておきましょう。

・どこ?
ティナイ?
 ↓
ナイ?

・どこにいるの?
ユゥ・ティナイ?
 ↓
ユゥナイ?

…と、なります。

「パイナイ?(どこ行くの?}」

そして、「ที่ไหนティナイ(どこ)」の「ティー」が省略されて、「ナイ」だけになる用法は、

会話では非常によく登場します。

スポンサードリンク

最も代表的なものは、「どこ行くの?」を意味する「パイナイ?」です。

これも、文法的に正確に言えば、

「パイ・ティーナイ(どこへ行きますか?)」

なんですが、実際の会話では、ほぼ99パーセント以上の人が、「パイナイ?」と言います。

「トゥンナイ?(どこまで着いたの?}」

また、「着く・到着する」は、タイ語で「ถึงトゥン」といます。

これも、「どこまで着いたの?」と聞くときには、

「ถึงไหนトゥンナイ」

と言います。

「どこまで着いたの?」という訳語は、日本語だとちょっと不自然な感じもしますが、この表現は、例えば…

「待ち合わせの時間に相手がまだ現れず、相手が現在こちらへ向かっている」

というような状態のときに、電話で

「ถึงไหนトゥンナイ?」

「ถึงไหนแล้วトゥンナイ・レェーオ?」

「มาถึงไหนマー・トゥンナイ?」

…などと尋ねたりします。

要は、「今こちらへ向かっているとのことだけど、どこまで来ているの?」というニュアンスです。

「アオワイナイ?(どこへ置いたの?}」

「置く」は、「เอาไว้アオワイ」といいますが、

これも、「どこへ置いたの?」というときは、

「เอาไว้ไหนアオワイナイ?」

と言います。

まとめ

以上をまとめると…

①「どこ」を意味するタイ語は「ที่ไหนティナイ」ですが、日常会話では、前の「ที่ティー」が省略されて、「ナイ」だけになることが多い、ということ。

②そして、「どこへ~する」という風に、動詞と組み合わせて使うときは、「動詞+ที่ไหนティナイ」が短縮されて、「動詞+ナイ」だけになる…ということです。

よく使うものとしては、

どこ?
ナイ?

どこ?
ティナイ?

どこにあるの?
ユゥナイ?

どこ行くの?
パイナイ?

トゥンナイ?
どこまでついたの?

どこへ置いたの?
アオワイナイ?

…などがあります。

では、最後にもう一度、今回の表現をすべて聞き流してみましょう。

↓音声はこちらから

いずれもよく使うフレーズですから、何度も聞き流して、タイ人との日常会話で、ぜひ、活用してみましょう!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク