ラオス語で「こんにちは/おいしい/ありがとう」は何と言う?ラオスですぐに使える20のフレーズ

ラオス 旅行


地上最後の楽園とも言われる、ラオス。

今回は、ラオスの第一言語であるラオス語(ラオ語)の頻出フレーズをご紹介していきます。

ラオス語のフレーズを言えるようになれば、ラオスの人たちとも仲良くなることができますよ!

ラオス語フレーズ20選

では、見ていきましょう。

ສະບາຍດີ さばーいでぃー
(こんにちは)

ຂອບໃຈ こぉーぷちゃい
(ありがとう)

ບໍ່ເປັນຫຍັງ ぼぉぺんにゃん
(大丈夫です)

まずは、この3つが基本です。
完璧に言えるようにしておきましょう。

「ບໍ່ເປັນຫຍັງ ぼぉぺんにゃん」は、
「大丈夫、問題ないよ」の意味で、

タイ語の「マイペンライ」に相当します。

ラオス語の返事

どぇ
(はい<返事>)

ぼぉ
(いいえ)

ແມ່ນ
めぇん
(そうです)

「めぇん」または「めぇん・れぇーお」で、
「そうそう」という肯定のニュアンスになります。

また、ラオス語で返事の時に「どぇ」と言うのは、中国語の「対(どぇ)」の影響かな?と思います。

よく使うラオス語の形容詞

形容詞は、まずは何よりも、「おいしい」という単語を覚えましょう。

「おいしい」はラオス語で、

ແຊບ せぇーぷ

と言います。

「せぇーぷ(おいしい)」は、ラオス滞在中、非常によく使います。

なぜなら、ラオスは田舎すぎて娯楽が少ないため、必然的に、飲み食いの比率が高くなるからです。

「とてもおいしい」はラオス語で?

また、この他にも、「せぇーぷ(おいしい)」には、いろいろな派生形があります。

●せぇーぷ・いりーぃ

●せぇーぷ・らーぃ

●せぇーぷ・らぃらーぃ

などなど、いずれも「とてもおいしい」と強調するフレーズです。




スポンサードリンク




「大きい/小さい」はラオス語で?

その他の重要な形容詞を見ておきましょう。

ງາມ んがーむ
(美しい)

ໃຫຍ່
にゃい
(大きい)

ນ້ອຍ
のぉーい
(小さい)

ラオス語の否定文

否定文は、動詞形容詞の前に「ぼ」を付けます。

せぇーぷ
(おいしい)

ぼ・せぇーぷ
(おいしくない)

んがーむ
(美しい)

ぼ・んがーむ
(美しくない)

「ホット/アイス」はラオス語で?

ຮ້ອນ
ほぉーん
(暑い・熱い)

ເຢັນ
いぇん
(涼しい・冷たい)

ラオス語も、タイ語と同様、「後ろから前」に修飾しますので、

「ホットコーヒー/アイスコーヒー」は、それぞれ

かふぇー・ほぉーん
(ホットコーヒー)

かふぇー・いぇん
(アイスコーヒー)

になります。

水・氷

ラオス語で水は「なーむ」、

氷は「なむごぉーん」と言います。

ラオス語の動詞

動詞は、よく使うものとして、

ກິນ きん(食べる)
​ໄປ ぱい(行く)

この2つを覚えておきましょう。

ご飯を食べる

「ກິນ きん~」で、
「~を食べる」

ກິນ​ເຂົ້າ きん・かお
(ご飯を食べる)

フランスパン(バインミー)は、ラオス語で

「ເຂົ້າ​ຈີ່ かおぢー」

と言います。

どこ行くの?

「行く」は「​ໄປ ぱい」
「どこ」は「​ໃສ さい」

​ໄປ​ໃສ
ぱいさい?
(どこ行くの?)

ໄປຕະຫຼາດ
ぱい・たらーっ
(市場へ行く)

~へ行くというときは、「さい」の部分を入れ替えて、

「ぱい~」と言います。

「ホテル」はラオス語で?

「ホテル」を表す語は2種類あり、

ເຮືອນ​ພັກ
ふあん・ぱっく

または、

ໂຮງແຮມ
ほーんへぇーむ

と、言います。

その他、行き先を表す語としては、

ວັດ
わっと
(お寺)

ທ່ຽວ
てぃぁお
(遊び、旅行)

ຫ້ອງນ້ໍາ
ほぉんなーむ
(トイレ)

などが頻出です。

これら「行き先」の単語は、先述の「ぱい(行く)」と、組み合わせて使ってみましょう

ໄປທ່ຽວ
ぱい・てぃぁお

で、「遊びに行く」となります。

私・あなた

ラオス語で、「私」は
ຂ້ອຍ こぉーい

「あなた」は
​ເຈົ້າ ぢゃーお

また、男と女は、

ຜູ້ຊາຍ ぷぅさーい(男)
ແມ່ຍິງ めぇにん(女)

と、言います。



スポンサードリンク




ຂ້ອຍ こぉーい(私)
​ເຈົ້າ ぢゃーお(あなた)

ຜູ້ຊາຍ ぷぅさーい(男)
ແມ່ຍິງ めぇにん(女)

「いくら」はラオス語で?

ເທົ່າໃດ? たおだい
(いくら?)

ອັນ​ນີ້ あんにー
(これ)

ອັນ​ນີ້ເທົ່າໃດ?
あんにー・たおだい
(これいくら?)

「たおだい?」は買い物のたびに必ず使いますので、覚えておきましょう。

ラオス語の数詞

まずは、1から10まで、何度も復唱して、覚えてしまいましょう。

1 ぬん
2 そぉーん
3 さーむ
 
4 すぃー
5 はー
6 ほっく

7 ちぇっと
8 ぺぇーと
9 がーお
10 すぃっぷ

10以降の数

11だけ特殊な形で、「すぃっぷ・えっと」と言います。

11 すぃっぷ・えっと
12 すぃっぷ・そぉーん
13 すぃっぷ・さーむ

また、20には、「さーお」という特別な名前があります。

そして、30は「さーむ・すぃっぷ」、

100は「ろぉーい」と言います。

20 さーお
30 さーむ・すぃっぷ
100 ろぉーい

また、ラオスの通貨である「キープ」は、数字のケタがやたら多い、という特徴があります。

千キープは、
だいたい15円ぐらい。

なので、「千」を意味する「パン」という単位が、実質、お金の最小単位のようなものです。

ぱん・きーぷ(千キープ)
はー・ぱん・きーぷ(5千キープ)

また、「1万」という言葉はなく(あるかもしれませんが使用されず)、

1万のときは「10×千」という言い方をします。

すぃっぷ・ぱん・きーぷ

2万なら、「20×千」で、

さーお・ぱん・きーぷ

と、言います。

ここまでに紹介したフレーズと単語を、何度も練習しておいてください。

ラオス語頻出フレーズまとめ

では、今回学習したフレーズを、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

ສະບາຍດີ さばーいでぃー
(こんにちは)

ຂອບໃຈ こぉーぷちゃい
(ありがとう)

ບໍ່ເປັນຫຍັງ ぼぉぺんにゃん
(大丈夫です)

どぇ
(はい<返事>)

ぼぉ
(いいえ)

ແມ່ນ
めぇん
(そうです)

ແຊບ せぇーぷ
(おいしい)

●せぇーぷ・いりーぃ

●せぇーぷ・らーぃ

●せぇーぷ・らぃらーぃ

ງາມ んがーむ
(美しい)

ໃຫຍ່
にゃい
(大きい)

ນ້ອຍ
のぉーい
(小さい)

せぇーぷ
(おいしい)

ぼ・せぇーぷ
(おいしくない)

んがーむ
(美しい)

ぼ・んがーむ
(美しくない)

ຮ້ອນ ほぉーん
(暑い・熱い)

ເຢັນ いぇん
(涼しい・冷たい)

かふぇー・ほぉーん
(ホットコーヒー)

かふぇー・いぇん
(アイスコーヒー)

なーむ(水)

なむごぉーん(氷)

ກິນ きん(食べる)

ກິນ​ເຂົ້າ きん・かお
(ご飯を食べる)

ເຂົ້າ​ຈີ່ かおぢー
(フランスパン)

​ໄປ ぱい(行く)

​ໄປ​ໃສ ぱいさい?
(どこ行くの?)

ໄປຕະຫຼາດ ぱい・たらーっ
(市場へ行く)

ເຮືອນ​ພັກ ふあん・ぱっく
(ホテル)

ໂຮງແຮມ ほーんへぇーむ
(ホテル)

ວັດ わっと(お寺)

ທ່ຽວ てぃぁお(遊び、旅行)

ຫ້ອງນ້ໍາ ほぉんなーむ(トイレ)

ໄປທ່ຽວ ぱい・てぃぁお
(遊びに行く)

ຂ້ອຍ こぉーい(私)

​ເຈົ້າ ぢゃーお(あなた)

ຜູ້ຊາຍ ぷぅさーい(男)

ແມ່ຍິງ めぇにん(女)

ラオス 旅行
ເທົ່າໃດ? たおだい
(いくら?)

ອັນ​ນີ້ あんにー
(これ)

ອັນ​ນີ້ເທົ່າໃດ?
あんにー・たおだい
(これいくら?)

1 ぬん
2 そぉーん
3 さーむ

4 すぃー
5 はー
6 ほっく

7 ちぇっと
8 ぺぇーと
9 がーお

10 すぃっぷ
11 すぃっぷ・えっと
12 すぃっぷ・そぉーん

20 さーお

100 ろぉーい

ぱん・きーぷ(千キープ)
はー・ぱん・きーぷ(5千キープ)

すぃっぷ・ぱん・きーぷ(1万キープ)
さーお・ぱん・きーぷ(2万キープ)

今回の記事は、以上です。

ラオスへ行く前に、ぜひこれらのフレーズを練習しておいてくださいね!



スポンサードリンク