「マヨネーズください!」~タイの日本食屋で醤油やケチャップなどの調味料が欲しい時のタイ語フレーズ

唐揚げ定食には、やっぱりマヨネーズ!

海外で日本料理店へ行くと、

「これ、マヨネーズ付けたらおいしいのになぁ…」
って感じること、よくありますよね。

今回は、「調味料くださいっ!」と言いたいときの、厳選タイ語フレーズを、ご紹介していきます!

日本人のマヨラーとしては…

日本では、どんな料理にもとりあえずマヨネーズを付けようとするタイプの人がいて、

「マヨラー」と呼ばれます。

何を隠そう、私もその一人です。(笑)

マヨラーはマヨネーズを求める

マヨラーは、料理を食べる際、「とりあえずマヨネーズ…」と考えます。

しかし、タイの日本食屋では、マヨネーズがテーブルに常駐していることは、めったにありません。

また、基本的にタイ人は、「マヨネーズ」という物をまだよく知りませんから、

「日本人にはマヨラーの人もいる」なんてことを、考えもしません。

要は、タイでは、料理にマヨネーズが付いていないことのほうが多い…ってことなんです。

そのため、「マヨネーズが欲しい」と思った時は、ハッキリと、その旨をタイ語で伝えなければいけません。

例えば、日本人マヨラーが、タイの日本食屋で、『鶏唐揚げ定食』を注文する場合…

唐揚げに「マヨネーズを付けたいっ」って思いますよね。

こんな時は、遠慮せず、「マヨネーズください!」と、店員さんにタイ語で言ってみましょう。

「○○ください」

「○○ください」と言いたい時の最もシンプルなタイ語の文型は…

●ขอ…หน่อย
 コォー○○ノォーイ

です。

「ขอコォー」の声調は5声で、低く尻上がりに発音します。

「ขอコォー」は、語呂合わせで「請う」と覚えておきましょう。

マヨネーズは、タイ語風の発音になって、「マァ・ヨゥ・ネーッス」と言います。

●「コォー・マァヨゥネーッス・ノォーイ」
 (マヨネーズをください)

と言えば、店員さんは、ちゃんとあなたにマヨネーズを持ってきてくれます。

頻出の重要フレーズ

今回ご紹介するタイ語フレーズは、

「コォー・マァヨゥネーッス・ノォーイ」の1文だけです。

そんなに、難しくないですよね。

ただ、後述しますが、このフレーズは、マヨネーズ以外にも応用でき、使用頻度は意外と高いですので…

完璧に、発音できるに越したことはありません。

では、1語ずつ、順に音声を聞きながら、練習してみましょう。
↓音声はこちらから

●コォー
(ください)

●マァ・ヨゥ・ネーッス
(マヨネーズ)

●コォー・マァヨゥネーッス
(マヨネーズをください)

●コォー・マァヨゥネーッス・ノォーイ
(マヨネーズをもらえませんか?[丁寧])

少量で十分?

ただし、このように言うと、タイ人の店員さんは…

小皿に、「山盛りのマヨネーズ」を入れて持ってくることが、よくあります。

これは、「食品はとにかく必要以上にあげる」という…

タイ人の「ホスピタリティー(おもてなし)」によるものだと思います。

でも、マヨネーズなんて、普通、そんなにたくさん使わないですよね。

唐揚げ定食なら、4ピースの唐揚げにつける分だけあれば、もう十分です。

無駄なロスを防ぐ

「こんなに要らないよ!」という事態を防ぐためには、

●นิดหน่อยニッノォーイ(ちょっと)

と言って、少量で十分であることを強調するか、あるいは

●アオマー・ペン・コワッ(瓶でもってきて)

と言って、マヨネーズをボトルで持ってきてもらい、ボトルから必要な分だけを使用して返せば…

無駄なロスを、防ぐことができます。

ですので、もしもあなたが、タイの日本食屋で、毎度毎度、小皿のマヨネーズを残して、

「ちょっとでいいのに、こんなに持ってくるなんて、もったいないなぁ…」

と、感じたら、

●ニッノォーイ
(ちょっとでいいよ)

●アオマー・ペン・コワッ
(ボトルでもってきて)

と、タイ語で言ってみるようにしましょう。

チェンライの激安日本食堂にて… 唐揚げには、やっぱりマヨネーズ!

チェンライの激安日本食堂にて…
唐揚げには、やっぱりマヨネーズ!

その他の調味料

では、その他、日本食屋で使えそうな調味料名のタイ語を、ご紹介しておきます。

●ケチャップ⇒ソーッス・マクア・テーッ

●とんかつソース⇒ソーッス・トンカッス

●醤油⇒スィイウ・カーオ、または「ショーユ」

●お酢⇒ナムソム・サイシュー

●ごま油⇒ナムマン・ンガー

●こしょう⇒ピック・タイ

●塩⇒グア

まず、上記の語群から、あなたが好きな調味料を選びます。

そして、今回ご紹介した、

ขอ…หน่อย
コォー○○ノォーイ

の、「○○」の部分に挿入します。

たとえば、「ケチャップください」なら…

コォー・ソーッス・マクア・テーッ・ノォーイ

と、なります。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、
「マヨネーズください」
「ケチャップください」

などのタイ語フレーズを、ご紹介してきました。

最後に、例文をもう一度、練習しておきましょう。

一般のタイ人は、「新しい調味料にトライする」ということを、あまりしません。

ガパオライスなら、ひたすら同じガパオライスを食べ続ける…というようなところがあります。

でも…

「ガパオライスに、ちょっとマヨネーズを付けてみたら、意外と美味しかった」

なんてことはよくあります。

タイの飲食店では、遠慮せずに、どんどん調味料をもらって、ぜひ、新しい味覚を開拓してみましょう!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る