【タイ語入門】タイ語の勉強は何から始めるのが一番効率が良いのか【前編】

stokpic / Pixabay

「タイ語学習の際は、一体何から始めるのが一番良いのだろうか?」

と、考えたことはありませんか。

近年は、タイ語関連のブログの数も増えてきていますから、「タイ文字 暗記」とか「タイ語 挨拶」とかを検索すれば、一通りの知識は得ることができます。

スポンサードリンク

しかし、これらのネット記事というのは、

「タイ文字の学習」「タイ語の頻出フレーズ」などのような、それぞれが、非常に「断片的」な知識です。

こうなると、

「タイ文字の勉強法は、分かった。タイ語の文法も、なんとなく分かった。でも、一番初めに何をすれば良いの?」

という、「順序」までは分かりませんよね。

そこで今回は、タイ語の勉強を始めるにあたって、

「一番初めに何をするのが、最も効率が良いのか」

ということについて、前後編、2回に分けて、お話していきたいと思います。

一番初めにすべきこと

「タイ語学習で、一番初めにやるべきことは何か」

それは…

「受け答えを暗唱すること」

です。

理由は、それが「即戦力」になるからです。

質問と、その答え

例えば、

タイ語で「アローイ(おいしい)」という言葉を、覚えたとします。

この時、「アロイ!アロイ!」と、オウムのように連呼して練習するのも、もちろん重要なのですが、それにもまして重要なのは、

アローイ・マイ?
(おいしいですか?)

アローイ・カァ
(はい、おいしいです)

という、受け答えです。

なぜなら、あなたが「おいしいです」というフレーズを使う場面というのは、

タイ人から「おいしいですか?」と聞かれて、その質問に答える時に「おいしいです」と言う可能性が高いからです。

もちろん、あなたが一方的に「アロイ!」と言うこともあるかもしれませんが、

会話においては、「聞かれたことに正しく答えられる」というスキルが、最も重要なんです。

暑いですか?―暑いです

「ロォーン(暑い)」も、同様です。

単語だけで覚えるよりも、

ロォーン・マイ?
(暑いですか?)

ロォーン・カァ
(暑いです)

という受け答えで覚えておくのが、効果的です。

タイ人から「ロォーン・マイ?(暑いですか?)」と聞かれて、「ロォーン・カァ(暑いです)」ときちんと答えることができれば…

スポンサードリンク

それだけでもう、タイ人との会話が、成立していることになります。

そして、たとえカタコトでも、タイ語での受け答えが正しくできれば、

それが会話の糸口になって、少しずつ、使える文章が増えていきます。

ですので、「タイ語の勉強を始めたい!」と思っている人は、文字よりも、文法よりも、まず初めに、「受け答えのパターン」を、覚えるようにしましょう。

食べましたか?―食べました

そのため、このサイトでは、

例えば、「もうご飯を食べましたか?」のようなフレーズを、「単体」で紹介するようなことは、あまりしていません。

キン・カーオ・ルヤン?
(もうご飯を食べましたか?)

キン・レェーオ・カァ
(はい、食べました。)

ヤン・カァ
(いいえ、まだです)

という風に、なるべく、質問とその答えを、「セット」で紹介するようにしています。

どこ行くの?―○○に行きます

「パイナイ?(どこ行くの?)」も、同様です。

「どこ行くの?」という挨拶言葉を、単体で覚えたとしても、これだけだと、やはり不十分です。

タイ人から「どこ行くの?」と質問されたときに、タイ語で正しく答える必要があるからです。

そのため、

パイナイ?
(どこ行くの?)

パイ・スー・コォーン・カァ
買い物に行きます)

と、セットで丸暗記をしてしまおう、ということです。

即戦力になる

こうした「受け答え」の知識は、即戦力になります。

タイ人からの質問を聞いて、タイ語で正しく答えることができれば、それだけで十分、会話が成立するからです。

「とりあえず会話できる」というのは、かなり重要なステップです。

学習のモチベーションを維持するには、「会話を楽しむ」ことが、最も重要だからです。

次回は、「どのようにして使える文章を増やしていくか」

ということについて、お話をしていきます。

⇒【後編】に続く


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク