【タイ語の挨拶】タイ語で「おはよう」と「おやすみ」を何と言うか

Jippibux / Pixabay

สวัสดีครับ/ค่ะ「サワッディー・カップ/カァ」

は、タイ語で最も有名な挨拶言葉ですから、すでにご存知ですよね。

今回は、
「おはよう」や「おやすみ」のような、
時間限定の挨拶を、ご紹介していきます。

タイ語で「おはよう」と「おやすみ」を何と言うか

สวัสดีครับ/ค่ะ
「サワッディー・カップ/カァ」

は、いつでも使える
オールマイティな挨拶ですので、

基本、これだけでも生活に支障はありません。

でも、勉強がある程度進むと、

「”サワディー”だけでは物足りない」

「”おはよう”や”おやすみ”などの、時間限定の挨拶も覚えておきたい」

という気持ちになってきますよね。

สวัสดีครับ/ค่ะ
「サワッディー・カップ/カァ」

これ以外の、
“おはよう”や”おやすみ”などの挨拶も、
一応あります。

「おはよう」は、
「อรุณสวัสดิ์アルン・サワット」

「おやすみ」は、
「ราตรีสวัสดิ์ラートリー・サワット」

と言います。

タイ語は原則後ろから前へ修飾するので、
これも、「サワッディー」が先に来そうなものなのですが、

アルンもラートリーも、
純正タイ語ではなく、インド語源なんです。

インド語源の語は前から後ろへ修飾する、
というルールがあるために、
アルンやラートリーのほうが先に来て、

「อรุณสวัสดิ์
アルン・サワット(おはよう)」
「ราตรีสวัสดิ์
ラートリー・サワット(おやすみ)」

と、このような語順になる、
ということです。

「おはよう」や「おやすみ」が、タイでほとんど使用されない理由

さて、私は先程、

「”おはよう”や”おやすみ”などの挨拶も、
一応あります。」

と、書きました。

「一応ある」

というネガティブな言い方をしたのには、
理由が2つあります。

もともとは翻訳用の言葉

1つめの理由は、

「อรุณสวัสดิ์
アルン・サワット(おはよう)」
「ราตรีสวัสดิ์
ラートリー・サワット(おやすみ)」

これらの挨拶言葉は、
訳語用に作り出された語であるためです。

つまり、もともとタイの社会に
存在していなかった言葉だということです。

そのため田舎へ行くと、
これらの挨拶は庶民レベルでほとんど使われません。

特に年配のタイ人であれば、

「อรุณสวัสดิ์アルン・サワット(おはよう)」

と言っても、

「ハァ?」

という顔をされます。

訳語用に作り出された語であるため、
外国映画の吹き替え版で使われることがほとんどで、
普段の生活ではほとんど使いません。

私も20年間のタイ生活で、

「อรุณสวัสดิ์
アルン・サワット(おはよう)」
「ราตรีสวัสดิ์
ラートリー・サワット(おやすみ)」

これらを聞いたのは、数えるほどしかないです。笑

そもそも「人と会ったら挨拶する」
という概念がない

もう1つの理由としては、

そもそもタイには
「人とあったときには挨拶をする」
という概念がない、ということです。

朝、人と出会ったときに
挨拶をする習慣があれば、

「アルン・サワット」でも何でも、
とりあえずは何かしら口をついて
出てくるはずですよね。

でもタイには、
その習慣自体がそもそも無いんです。

タイでは、
朝、村の中で村人とすれ違っても、
多くの人は知らん顔をします。

それが普通だからです。

そのため、

たとえ彼らがTVで
「アルン・サワット(おはよう)」
という言葉を知ったとしても、

もともとそういう習慣がないため、
「それを朝会った人に言う」
とまでは考えが及ばないんです。

「ラートリー・サワット(おやすみ)」

も同様です。

「夜、外で人との別れ際に言う」

ということをTVなどで知ったとしても、
やっぱり一般使用はされません。

どうしても挨拶をしたいときはどうすればいいか

こういう事情があるので、
基本、タイ人と朝会ったときの正しい挨拶というのは、
あってないようなものです。

ですので、

「อรุณสวัสดิ์
アルン・サワット(おはよう)」
「ราตรีสวัสดิ์
ラートリー・サワット(おやすみ)」

この2つは、
別に覚えなくても大丈夫です。笑

でも、日本人としては、
朝一発目の挨拶、というのがないと、
どうも落ち着きませんよね。

このため私は、
タイ人相手にも、

「おはよう」

と、
そのまま日本語で言うようにしています。

私のこれまでのデータによれば、
最初相手は「えっ?」という顔をしますが、

大体3回目くらいで、
ちゃんと「オハヨー」と返してくれます。

それで自分の周囲だけでも
「おはよう」を広めることができます。

自分も相手も、
お互いにとって不自然な言葉である
「アルン・サワット(おはよう)」
を交わすくらいなら、

たとえ相手がタイ人であっても、

「おはよう」

と言い合ったほうが、
理に適っていると思いませんか?

「オハヨ」という名前のサンドウィッチがある

また、余談ですが、

最近タイのセブンイレブンで、
「オハヨ」という名前のサンドウィッチが
売り出されました。
(今もあるのかな?)

おそらくネーミングは、
おはよう=朝食
という連想によるものと思われます。

こういう商品がある以上、
いずれ「おはよう」というフレーズは
タイでも市民権を得るだろうと思っています。

また、そのうち
「おやすみ」という商品名で
何か発売されるのも、時間の問題でしょう。

ですので、
「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶言葉は、
日本語で言っても、おそらく問題はありません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、
タイ語の挨拶言葉として、

「อรุณสวัสดิ์
アルン・サワット(おはよう)」
「ราตรีสวัสดิ์
ラートリー・サワット(おやすみ)」

の2つを、ご紹介しました。

でも、この2つは、
特に田舎であれば、
ほとんど使用されることはありません。

ですので私は、
タイにいるときでも、

「おはよう」
「おやすみ」

は、日本語で言っても構わないと思っています。

だって、もともとタイ語で
そういう言い回しがないのですから。

特にタイは、
日本ブーム、日本語ブームですので、

「おはよう」
「おやすみ」

と言われたら、
最初のうちは
構えるかもしれませんが、

慣れれば、
意外とそのまま、
日本語で返してくれます。

ですので、
自分がタイで暮らすコミュニティの中だけでも、

「おはよう」
「おやすみ」

この2つを流行らせていくのも、
面白いと思います。

それではまた。

適当な挨拶言葉がない場合は、日本語で言うのもアリ。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る