タイ語の「クン(あなた)」の発音が意外に難しい件と発音のコツ

サムネイル黙字1

「あなた」はタイ語で「คุณ クン」と言います。

じつは、タイ語で「あなた」を意味する言葉は、色々あるのですが、

「คุณ クン」は最もオーソドックスで、
すぐに使える「あなた」です。

タイ語の「あなた」は色々ある

タイ語では、「クン」以外にも、相手との年齢差に応じて、

「ピー/ノーン(年上/年下)」
などの呼称があります。

ただし、タイ語の「ピー/ノーン(年上/年下)」は、

相手と自分の年齢差が明らかでないと使えないので、

我々外国人には、若干ハードルが高いです。

その点、「クン」であれば、年齢差を気にせず、

初対面でもとりあえず使えるため、

我々外国人にとっても、非常に使いやすい言葉なのです。

「あなた(クン)」の発音は意外に難しい

しかし、そんな使いやすい「クン(あなた)」ですが、

1つだけ、問題があります。

それは、「khun クン」の発音が
意外と難しいことです。

「会話集の通りに『khun クン』と読んでみたが、タイ人に通じなかった」

というのは、タイあるあるの1つです。

「あなた(クン)」の発音が難しい4つの理由

では、前置きが少し長くなりましたが、

今回は、タイ語で「あなた」を表す「クン」の発音が、なぜこんなにも難しいのか、その理由と、

「khun クン」をうまく発音するコツについて、お話しをしていきます。

1、語頭の[kh]

まず、「khun クン」の頭の子音は、[kh]です。

[k]の後ろに[h]がついていますが、

これは「有気音」と言って、
発音の際に吐く息を伴う音です。

タイ語にはこのように、

有気音(吐く息を伴う音)と、
無気音(吐く息を伴わない音)

という区別があります。

まずは、これが1つめのハードルです。

「khun クン」の[kh]は有気音なので、

「クフ」みたいな感じで、息を強めに出しながら、発音しなくてはいけません。

2、母音の[u]

母音の[u]も、簡単そうに見えて、意外に難しいです。

なぜなら、

タイ語には、カタカナで「ウ」と聞こえる音が、3つもあるからです。

そのため、「他のウの音」と区別するため、ある程度、特徴を極端にして発音する必要があります。

発音記号で[u]と書いてあった場合は、口を丸くすぼめて発音する「ウゥ」という音です。

このとき、

唇の形をまん丸にして、前に付き出した状態で、「ウゥ」と発音します。

なので、タイ語で[khun]を読む時は、イメージとしては、

「クン」よりも「クゥン」のほうが、実際の音に近いです。

なので、このサイトで随時ご紹介しているタイソングの歌詞でも、

[khun]のところはあえて「クゥン」と表記しています。

例)
コォープ・クゥン・ティー・ラッガン
(愛してくれてありがとう)

3、声調は1声

また、タイ語には「声調(せいちょう)」というものがあります。

声調とは、音の上下や高低で意味を区別する、発音上のシステムのことを言います。

タイ語には、この声調が5つもあります。

「5つの声調がどんな音か」
という解説は、ここでは割愛しますが、

今回のテーマである[khun]の声調は、5つのうちの1つめ、「第1声」です。

1声は、普通の高さで、平らに発音します。

この「平らに発音する」というのが、
これまた、日本人には意外と難しいです。

日本人は外国語を読むとき、ついつい、アクセントをつけがちだからです。

なので、

「音を上下させずに、平らに読んでください」

と言われても、パッと反応できない、というわけです。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
当サイト管理人による【タイ文字習得講座】のご案内はこちら
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

これを、あえて「/ \ ー」などの棒で表すと、1声の平らな音は「ー」になるので、

「クゥンー」みたいなイメージになります。


そして、「khun」の発音のポイントは、まだ終わりではありません。

まだあと「もう1つ」あります。

それは、「語末のN」です。


4、語末のN

ラスト、4つめは、語末のNです。

タイ語の「ん」には、NとNGの2種類があり、

この2つの「ん」をきちんと区別しなくてはなりません。

これも、タイソングのカタカナ歌詞では、

ン:N
ん:NG

という風に、表記を分けています。

NとNGの音の違いについての詳しい解説はここでは省きますが、

じつは、日本語の「ん」に近いのは、
NGのほうなのです。

たとえば、

日本人が何気なく「四(よん)」と言った時、タイの人は、「Yong」という風に、NGの音で認識します。

日本人が意識せずに読んだ「ん」は、NGの音になるからです。

なので、

タイ語のNGの音は、日本人はわりとすぐに発音できるようになるのですが、

反対に、Nは、普段日本人があまり意識していない音です。

なので、

今回の[khun]のように、Nの音を発音する際は、ある程度意識して、発音する必要がある、というわけです。

コツとしては、、

「ン」を言う瞬間に、軽く舌を噛むか、前歯の後ろに舌をピタッと付ける感じで「ンッ」と読むと、Nの音になります。

そしてもう1つ、

NGの音は長く、
Nの音は短く聞こえる

という傾向があります。

なので、

「khun クゥン…」という風に、音を短めに切るようなイメージで発音すると、

タイ語の「คุณ khun」の音にかなり近くなると思います。

タイ語の「คุณ khun」の発音方法

では、解説が少し長くなりましたが、

タイ語の「คุณ khun」の発音のポイントをまとめると、、

1、
語頭は、息を出して発音する有気音のKh

2、
母音は、口を丸くすぼめるウの音

3、
声調は、平らな音の1声

4、
語末は、軽く舌を噛んで
音を短く切るNの音

…以上、4点があります。

これら4つのポイントを意識してはじめて、
タイ語の[khun]の発音に近づくことができます。

このように考えると、
タイ語の「คุณ khun(あなた)」の発音が、

「いかに難しいか」

ということが、お分かりいただけると思います。

とりあえず、

[khun]の発音は「クン」ではなく、
「クゥン」で覚えておきましょう。

「คุณ khun」の発音練習

では最後に、

タイ語のネイティブ音声を実際に聞きながら、発音練習をしてみてください。

「ありがとう」のコープクンも、
今回の[khun]の発音なので、

「コープクン」ではなく、

「コォープ・クゥン」
と発音しましょう。

また、

「クゥン・チュー・アライ」で、

「あなたの名前は何ですか」
という意味です。

「クゥン(あなた)」
を練習するついでに、

「クゥン・チュー・アライ」
も練習しておきましょう。



クゥン(あなた)

クゥン・チュー・アライ・カァ
(あなたの名前は何ですか?)

コォープ・クゥン・カァ
(ありがとうございます)


今回は、タイ語の「คุณ khun(あなた)」の発音についてのお話でした。



◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2
クイズの答えはこちら


これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
↓↓↓
オンラインのタイ文字習得講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


【ホーム画面】へ戻る