タイ語Q&A:タイ文字のくねくねした曲線部分は手書きでどうやって書く?

質問01
質問:
タイ文字のくねくねした曲線部分は、
手書きでどのように書けばよいのか

↓↓Q&A動画はこちら↓↓

我々日本人が外国語を勉強する際、ついつい、

「フォントそっくりに、綺麗に文字を書こう」

と考えてしまいがちなのですが、

海外の人は、意外と、そういうことはあまり気にしていません。



今回ご紹介している、

「フォントで曲線になっているところを、直線で書く」

というのは、その典型です。

仮に、私たち日本人が、タイ文字のくねくねした部分を直線で書いたとしても、

全く問題ありません。

そのことを指摘するタイ人は、おそらくいないでしょう。



それに、学習の初級の段階では、

「タイ文字をたくさん書いて覚える」というプロセスが非常に重要ですから、

「文字をラクに書ける」に越したことはありません。

フォントそっくりに綺麗に書こうとして、時間とエネルギーをかけるくらいなら、

走り書きで3回書いたほうが、確実に頭に入ります。



なので、タイ文字の書き取りの際は、
スピードを重視しましょう。

手書きでササっと書けば、時間とエネルギーの節約になります。

なおかつ、

たくさん書いて脳にインプットできるのですから、一石二鳥、三鳥です。



それに、実際のところ、

形がフォントそっくりなのが、キレイな字なのではありません。

「綺麗な字」というのは、
「バランスの取れた字」のことです。

あなたが最も書きやすい形で書いて、全体のバランスさえきちんと整っているなら、

タイ人はそれを「綺麗な字」だと思ってくれます。

「タイ文字を書くのに時間がかかる」とお悩みの方は、ぜひ、参考になさってみてください。



⇒【タイ文字習得講座】のご案内はこちら