タイ語Q&A:タイ文字は、右と左どちらに傾けて書いた方が綺麗に見える?

質問01
質問:
タイ文字を書く際は、右と左、どちらに傾けて書くと綺麗に見えるのか

↓↓Q&A動画はこちら↓↓

文字を書く際に、

「文字がまっすぐ垂直になるように書いている」

という人は、おそらくあまりいないでしょう。

日本人外国人問わず、ほぼすべての人は、文字が左右どちらかに傾いています。

文字を左側に倒して書く人もいれば、

右側に傾けて、書く人もいますよね。

これは人それぞれで、癖のようなものです。

そして、海外ほど、この傾向が顕著です。



日本の場合、縦にも横にも文字を書きますから、

一口に「傾ける」と言っても、さまざまなパターンがあり、一概には言えません。

しかし、ほぼすべての海外では、文字は「横書き一択」ですから、

左右どちらかに文字が傾くのが普通です。

タイ人もこの例にもれず、だいたいの人は、やはり文字が傾いています。



こうなると、

「タイ文字を傾けて書くのは分かった、

だったら、どう傾ければいいの?」

という点が、気になりますよね。

それが、今回のテーマです。

「タイ語は、左右どちらに傾けた方が、綺麗に見えるのか」

詳しくは、動画を見て頂ければ分かりますが、

これはもう、圧倒的に、
「右傾斜」のほうが綺麗です。



そもそもタイ文字は、左から右へ「くるっ」と回して書くドーム状の文字が多いです。

こうなると、文字を右に傾けて、「しゅっ」とペンを滑らせて書く方が、理に適っています。

また、私がこれまで見てきた限りでは、

タイ人の役人(エリート)が書く文字は、だいたい、右に傾いています。



これは、おそらく……

エリートたちは、人生でたくさん文字を書いてきているので、

「早く書くコツ」というものを、各自が身につけているのでしょう。

そして、

「右に傾けた方が、速くきれいに書ける」

ということを、彼らは経験で知っているのだと思います。

だったら、私たちも、

「それを真似すればいい」ってことになります。



「タイ文字を書くのに時間がかかる!」
「タイ文字をもっと綺麗に書きたい!」

と、お悩みの方は、
ぜひ参考になさってみてください。



また、現在開講中の【タイ文字習得講座】では、

こうした「手書きで書く時のコツ」を、タイ語の全文字について、解説しています。

関心のある方は、受講案内のページも、ご覧になってみてください。


⇒【タイ文字習得講座】のご案内はこちら