タイ語Q&A:タイ文字の「母音記号のエー」を手書きで最も速く書くコツ

質問01

どうもこんにちは、でんいちです。

今回は、タイ文字の「母音記号のエー」を最も速く書く方法について、お話しします。

おそらく、これ以上速く書ける方法はありません。

↓↓Q&A動画はこちら↓↓

「 เ 母音記号のエー」は、正しい書き順だと、

まず下に丸を書いて、それから、線を「上に」引っ張ります。

しかし、いざ書いてみると分かりますが……

「線を下から真上に書く」というのは、意外と難しいです。

日本語には、「線を下から真上に書く」という文字が無いため、どうしても手の動きが不自然になってしまうんです。

そのため、多くの日本人は、「 เ 母音記号のエー」をササッと書くことができません。



この問題を瞬時に解決する方法が、

今回動画でご紹介している「上からシュッと線一本で書く」という方法です。

「 เ 母音記号のエー」を線一本で書くと、
本当に簡単でスピーディーです。



ただし、これは「裏技」です。

厳密に言うと、この書き方には「2つのルール違反」があります。

1つめは、「丸から書き始める」というルール。

この書き方は、完全に丸を無視して書いています。

2つめは、書き順違反です。

本来、下から上(↑)に線を引っ張るべきところを、

上から下(↓)に線を書いています。

そのため、これを初めて聞いた人は、

「こんな書き方で、本当に大丈夫なの??」

と、思ってしまいがちです。

しかし、これが、全く「問題なし」なのです。

むしろ、タイ人の大人は、けっこう多くの人が、

「 เ 母音記号のエー」を上から下(↓)の線だけで書いています。

この書き方は、いわば「大人の特権」というやつです。



例えて言えば、

中1の英語の授業で、「アルファベットのMは4画で書きます」と教えられたようなものです。

中1の教室や塾の中では、「Mは4画」という「常識」が通用しています。

でも、一歩「大人の世界」をのぞいてみると……

大人は誰もが、Mの字を「一筆書き」で書いていますよね。

実際に「Mの字を4画で」書いている大人なんて、誰一人いないことが分かります。

それと、同じことです。

建前上は、

「必ず丸から書く」
「書き順通りに書く」

というルールになっていて、タイの幼稚園でもそのように教わります。

しかし、大人の社会では、

「最も効率的な方法を、取捨選択している」

ということになります。



なので、

「こんなルール違反の書き方をして、タイ人に注意されたらどうしよう」

などと頭を悩ませる必要はありません。

むしろ、

「あなたはタイ文字を書くのがすごく速いのね!」

と、驚嘆してもらえます。



特に、「 เ 母音記号のエー」は、使用回数が多いですから、

これを簡単に書けるようになれば、タイ文字を書くための時間とエネルギーを大幅に節約することができます。

ぜひ、参考になさってみてください。

講座のご案内

なお、当サイトのタイ文字学習では、このように「効率的なタイ文字の書き方」を重視しています。

これは、世間一般のタイ語講座にはない特色です。

ほぼすべてのタイ語学校では、「フォント通りにきれいに書く」ように教わりますが、

これでは、1文字書くのに時間がかかりすぎて、

「タイ文字100回書き取り」などの自主勉をする際に、莫大な時間がかかってしまいます。

自主勉で最も大切なことは、
「いかに速く、ラクに書くか」です。

「速く・ラクに」書けるからこそ、たくさん書いて、覚えることができるからです。

「タイ文字の効率的な書き方」を体系的に教えているのは、当サイトだけです。



タイ文字学習に関心をお持ちの方は、こちらの案内をご覧ください。

⇒【タイ文字習得講座】のご案内はこちら