タイ人のFacebook投稿を見て、最も「怖い」と感じる瞬間

image00

タイ人のFacebookの普及度と依存度は凄まじいです。

「国民全員が、Facebookのアカウント持ってるんじゃないの?」
と言いたくなるほどの普及率で、
しかも、結構みんな頻繁にチェックしてます。

今回は、そんな彼らタイ人の生態を観察しつつ、私が「ちょっと怖いなぁ…」と感じたことについて、お話をしていきます。

恨み言をTLに書く

私が、タイ人のSNSを見ていて一番「怖い」と感じるのが、これです。

●FacebookのTL(タイムライン)に恨み言を書く

よくあるのは、

女性が彼氏と喧嘩をして、その彼氏への文句や愚痴、恨み言などを、ひたすら書き綴って、TLに投稿する、というケース。

なお、TL(タイムライン)というのは、つながりのある人たちの投稿が、時系列順にずらっと表示される画面のことです。

TLに愚痴を書くタイ人は多い

例えば、こんなのです。

「誰も私を理解してくれない。私を服従できると思ったら、大間違いよ!
なんて傲慢で、くだらない男なのかしら。
私は、一人でも生きていくの。
くだらない男にはもううんざりよ!!」

(=彼氏のこと)

…読んでいて、「気持ち悪っ!」って思いませんか?

普通、日本の感覚だと、「個人的な愚痴」というのは、ごく親しい友人にだけ、聞いてもらうものであって、

不特定多数に向かって話すようなもんじゃないですよね。

でも、タイの場合は、「愚痴をTLに書く」というのが、デフォです。

そのため、

「同じような心境を経験している女性や男性」から共感をもらえることが多く、意外に多くのいいねが付いていたりします。

でも、「よくそんなことするなあ…」って思いませんか。

彼氏も当然見る

まず、タイの場合、

Facebook普及率はほぼ100パーセントですから、当然、彼氏もFacebookのアカウントを持っていて、つながりがあります。

ということは、この愚痴は、TL上で不特定多数に書いているように見えて、

直接的には、彼氏に向かって、文句や不満をぶつけている、ってことになります。

こうなると、彼氏は、

「やべ~、めっちゃ怒ってんじゃん」

と判断しますから、その後、彼女をなだめるようなアクションに出るか、あるいは…

「えっ、何勝手に怒ってんの?しかもTLで晒すの?まじキモイんですけど…」

と、離れていくか、という分岐点になります。

女友達も…

女友達の対応も、2パターンに分かれます。

「この子またTLに愚痴書いてるよー、悲劇のヒロイン気取りもいい加減うざいよねー」

と、ひややかに無視するタイプ。もう1つは、

「あ、この子も地獄に落ちてる。地獄にいるのは、私だけじゃなかったのね♪」

と、他人の不幸を見て安心するタイプです。

いずれのリアクションも、「非生産的」です。

男友達へのアピール?

そして、「男友達が見る」というパターンもあります。

この場合は、

「あっ、この子、彼氏と喧嘩してんじゃん。俺にもワンチャンあるかも…」
と、横槍を入れてくるケース。

彼氏の愚痴をTLに書いたことで、ちょっかいを出す男が寄ってくる、ということです。

つまり、彼女にしてみれば、

「彼氏の愚痴をTLに書く」

「今、私にアプローチしたら、成功するかもしれないわよ」

というアピールになります。

そして、周囲の男もそのサインを察知して、横槍を入れてくる、というわけです。

実際のところ、これが、タイ人女性がTLに彼氏の愚痴を書く目的の1つであったりもします。

修復の時間差があると…

もしも、このケースで、修復と横槍との間に、「時間差」があると、話はややこしくなります。

例えば、女性がTLで愚痴を書いた3日後に、別の男が良い寄ってきて良い関係になり、5日後に、彼氏との関係が修復する、というケース。

この場合、横槍男は、彼氏にバレないと思ってますし、彼氏は、まさかそんな短期間で浮 気してるなんて思いません。

こうなると、無駄な三角 関係が生じてしまいます。

「やれやれ…、面倒くせえ」って感じですよね。

常識的な人もいる

以上は、タイ人の「恋愛あるある」で、非常にドロドロギスギスしていますが、常識的な反応をする人もいます。

例えば、良識のある、彼氏の親友や肉親たちです。

「TLに恋人の愚痴」なんていうのは、タイでは普通のことでも、やっぱり、非常識なことには変わりありません。

こうなると、良識のある人であれば…

「えっ、内輪の恥ずかしい話を、TLに書くの?まじひくわー」

と感じます。

信頼関係が崩れる

そもそも、当の彼氏自身も、このTLの投稿によって、メンツを潰されているわけですから、心中は穏やかではありません。

仮に、関係を修復できたとしても、彼氏の中では、

「こんなにも恥ずかしいことを、平気でやるような女」

という印象は、残ってしまいます。

「この女は、ケンカをするたびに、TLに愚痴を書くつもりなの?これから一生?」

ってなもんです。

つまり、TLに恋人の愚痴を書く、という行為は…

恋人や周囲との信頼関係を、根底から崩壊させてしまう、「非常に低劣な行為」なのです。

仕事でも…

これは、恋人の愚痴に限らず、仕事の愚痴、家族の愚痴など、いろいろなパターンがあります。

いずれのパターンにせよ、共通しているのは、

「TLに恨み言を書き綴る」というやり方です。

そして、タイ人のTLには、これが非常に多いんです。

アカの他人が書いていることなら、

「うゎっ、気持ち悪っ。もう読まんとこ…」
とスルーできます。

でも、もしも、自分の関係者が、こういう「裏切り的な内容」を書いていると…

「ああ、この人を信頼する事はできないな」

って、判断しちゃいますよね。

信頼の基準になる?

また、タイ在住の日本人経営者のなかには、タイ人のこうした生態を知って、

「従業員のFacebook投稿をチェックしている」という人もいます。

これはつまり、タイ人のFacebookの投稿を見れば、

「だいたいどういう人かわかる」
ということを意味しています。

もしもそこで、「経営者の悪口」や、「職場への個人的な文句」をTLに書くような従業員がいれば…

「そんな従業員は、全く信頼できない」
ってことになります。

まとめ

そもそも、「内輪の恥ずかしい話を他人に聞かせる」という行為は、あんまり良い事ではありません。

信頼関係が、崩れてしまうからです。

それがデフォになってしまっているタイという国は、「やっぱりちょっと怖いなぁ…」と、感じてしまうわけです。

以上をまとめると…

●FacebookのTLに個人的な愚痴を書くタイプのタイ人
⇒信頼できない

●愚痴を書かないタイ人
⇒信頼できる

という風に、タイでは、Facebookの投稿を見れば、信頼がおけるか否かを、「ある程度判断できる」と言うことができます。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る