ミャンマー語で「日本人・ミャンマー料理」など「○○人・○○料理」という言い方を覚えよう

burma-girls

海外旅行で意外とよく使うのが、「○○人」「○○料理」という言い方です。

たとえば、
「ミャンマー料理は好きですか?」
「私はミャンマー料理が好きです!」
「私は日本人です」
「ミャンマー人が好きです」

…などの受け答えです。
今回は、こうした「○○人・○○語・○○料理」などを表すミャンマー語を、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

国名

まずは、ミャンマー語会話でよく登場する、代表的な国名や民族名を、見ていきましょう。

・ミャンマー
ミャンマー

・ビルマ
バマァ

・イギリス
インガレイッ

・日本
ジャパン

・シャン族
シャン

・カレン族
カイン

・タイ
ヨーダヤー

・中国
タヨウッ

・インド
カラー

ミャンマー語で、ミャンマーのことは、「ミャンマー」と言ったり、「バマァ」と言ったりします。

「バマァ」というのは、「ビルマ」という意味です。

一昔前まで使われていた「ビルマ」という名称は、多数派民族である「ビルマ族」を指します。

英語や日本語ではなぜか「r」が入って「Burma」「ビルマ」と呼ばれますが、現地の発音だと、「バマァ」です。

一方、「ミャンマー」というのは、国名です。

「ミャンマーという国には、ビルマという多数派民族がいて、シャンやカレンという少数民族もいる」

…という風に解釈しておくと、分かりやすいです。

一応、「ミャンマー」と「バマァ」、両方の名称を覚えておくようにしましょう。

なお、ミャンマーは、かつてイギリスの植民地であったため、「西洋人=イギリス人」のような認識もあります。

旅行の際も、欧米の国名をいちいち覚えるのは面倒なので、

西洋系はとりあえず、「インガレイッ」だけ、覚えておきましょう。

「州」

ミャンマーには、7つの「州」があります。

「州」はミャンマー語で、「ピュィーネェ」と言います。

州は、だいたい民族ごとに分かれていて、例えば「シャン州」なら、「シャン族」が多く住み、

「モン州」なら、「モン族」が住んでいる…ってことになります。

ミャンマーの地方都市を旅行する際は、以下の7つの民族名を覚えておくと、現地の人との会話のとっかかりになります。

・州
ピュィーネェ

・シャン州
シャン・ピュィーネェ

・カレン州
カイン・ピュィーネェ

・ラカイン族
ヤカイン・ピュィーネェ

・モン州
ムゥン・ピュィーネェ

・チン州
チン・ピュィーネェ

・カヤー州
カヤー・ピュィーネェ

・カチン州
カチン・ピュィーネェ

「カ〇〇」という名前が多いので、若干ややこしいですが、

都市部でよく見るのは、「カレン族(カイン)」です。

「カチン」は最北の州で、マンダレーからでもかなりの遠路になります。

そして、これら7つの州以外の、「ヤンゴン」や「マンダレー」など、政治経済上の重要なエリアは、

多数派である「ビルマ族」が支配しているエリアです。

これらは州ではなく、「管区(タイン)」と呼ばれます。

・ヤンゴン管区
ヤンゴゥン・タイン

・マンダレー管区
マンダレー・タイン

「人」

「○○人」は、ミャンマー語で、「ルーミョー」と言います。

・ビルマ族
バマァ・ルーミョー

・イギリス人
インガレイッ・ルーミョー

・日本人
ジャパン・ルーミョー

・シャン族
シャン・ルーミョー

・カレン族
カイー・ルーミョー

・タイ
ヨーダヤー・ルーミョー

・中国人
タヨウッ・ルーミョー

・インド人
カラー

・外国人
ナィンガンチャーダー

「カラー」はインド系の総称なので、「カラー」だけで、「インド・インド人」という意味になります。

また、「外国人」という風に、一括りにする言い方もあり、その際は、

「ナィンガンチャーダー」

と言います。

民族名に関連して、「やさしい」や「好き」なども、ついでに覚えておきましょう。

・優しい
ダボオ・カウンデエ

スポンサードリンク

・ミャンマー人は、優しい
ミャンマー・ルーミョー・ダボオ・カウンデエ

・好きです
チャイッテエ

・シャン族が、好きです。
シャン・ルーミョー・チャイッテエ

「語」

「○○人」は、ミャンマー語で、「サガー」と言います。

・ビルマ語
バマァ・サガー

・英語
インガレイッ・サガー

・日本語
ジャパン・サガー

・シャン語
シャン・サガー

・カレン語
カイー・サガー

・タイ語
ヨーダヤー・サガー

・中国語
タヨウッ・サガー

・インド系諸語
カラー・サガー

なお、「難しい」は、「ケッテエ」と言います。

・ビルマ語は難しい
バマァ・サガー・ケッテエ

「料理」

「○○料理」は、ミャンマー語で、「アサーザー」と言います。

・ビルマ料理
バマァ・アサーザー

・イギリス料理
インガレイッ・アサーザー

・日本料理
ジャパン・アサーザー

・シャン料理
シャン・アサーザー

・タイ料理
ヨーダヤー・アサーザー

・中国語
タヨウッ・アサーザー

・インド料理
カラー・アサーザー

ビルマ料理は、刻み玉ねぎとトマトをふんだんに使った、油多めのカレーが特徴です。

慣れないうちは、「脂っこい」と感じるかもしれません。

ミャンマーの市場にあるカレー食堂はこんな感じ

ミャンマーの市場にあるカレー食堂はこんな感じ

反対に、シャン料理はあっさりしていますので、シャン州へ出かける際は、シャン料理なども織り交ぜていくと良いでしょう。

また、近年は、周辺のタイなどと同様、中産階級の間では日本ブームですから、都市部では日本料理も食べることができます。

「おいしい」は、「サーロゥカウンデエ」

「好きです」は、「チャイッテエ」と言います。

・シャン料理はおいしい

シャン・アサーザー・サーロゥカウンデエ

・ビルマ料理が好きです

バマァ・アサーザー・チャイッテエ

…と、なります。

まとめ

今回は、国名や民族名、ミャンマーの民族名や州名などについて、ご紹介してきました。

最後にもう一度、よく使うものを復習しておきましょう。

・ミャンマー
バマァ

・イギリス
インガレイッ

・日本
ジャパン

・シャン族
シャン

・カレン族
カイン

・タイ
ヨーダヤー

・中国
タヨウッ

・インド
カラー

・○○人
○○ルーミョー

・○○語
○○サガー

・○○料理
○○アサーザー

・おいしい
サーロゥカウンデエ

・好きです
チャイッテエ

・優しい
ダボオ・カウンデエ

・難しい
ケッテエ

こうした、「○○人」「○○語」という言い方は、普段の生活で意外とよく使いますので、

ミャンマー訪問の際、余裕があれば、ぜひ覚えておきましょう!

また、別の記事で、ミャンマー旅行に必須なミャンマー語の挨拶や、数字などについても、ご紹介しています。

⇒【ミャンマー語の挨拶】

⇒【ミャンマー語の数字】

こちらの記事も、ぜひ参考になさってみてください。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
スポンサードリンク