タイ留学の不安を解消!必要な持ち物は?海外生活であると便利な日本製アイテム8選

sasint / Pixabay

海外留学を控えて、不安や緊張を感じていませんか?

これから、あなたが数ヶ月、あるいは数年間の海外生活を前にして、最も気になるのは、やはり…

「海外に、何を持っていけばよいのか」
という点ですよね。

そこで今回は、あなたが日本から確実に「持って行ったほうが良い」と言える、「8つのアイテム」を、ご紹介していきます!

意外と忘れがちだけど確実に重宝する物

なお、このサイトでは…

「ノートパソコン」とか、「常備薬」とか、のような、「分かりきっているもの」は、紹介していません。

そんなものは、わざわざここで言われなくても、誰もが準備するものだからです。

しかし、多くの人が、渡航前に最も知りたいのは…

「意外と忘れがちだけど、海外では確実に重宝するアイテム」

ではないでしょうか。

今回は、そんな「意外と役立つ」アイテムばかりを厳選して、ご紹介していきたいと思います。

1.スマホのポータブル充電器

タイでも、「1人1台」と言われるほどまでに「スマホ」が普及し、

今やタイ人にとっても、スマホは生活の必須アイテム、となった感がありますが、タイで意外に困るのが…

「充電のタイミング」です。

意外と充電させてくれない

タイではまだ、「飲食店でのコンセントの使用」というのは、日本ほど一般的ではありません。

そのため…

「外出のたびにスマホの充電が気になる」

ということが、よくあります。

また、特に雨季は、頻繁に「停電」するため…

「丸一日、スマホの充電ができなかった」

なんていう事態も、想定しておかなければなりません。

そのため、日本から「ポータブル充電器」を持参することをおすすめします。

現地調達をオススメしない理由

「タイの電器屋でも買える」

と言う人もいますが、こういう「毎日の生活で使うもの」というのを、現地調達にしてしまうと…

現地に到着してからの貴重な時間が、電器屋を探すために費やされてしまいます。

携帯のバッテリーというのは、やはり、現地へ到着した初日から、使用する可能性があるものですから、

ぜひ、日本から、『モバイルバッテリー』を買って、持っていくようにしましょう。

・Amazon商品リンク
【超軽量・長時間使用可能のモバイルバッテリー】

2.文房具

文房具は、タイでは意外と高価です。

日本よりも低いクオリティーティのものが、タイでは、日本よりも高い値段で売られていたりします。

ペンやハサミ、ホッチキスなどの小物も、もちろんあると便利なのですが、特に…

『クリアファイル』と
『名前ペン』は重宝します。

この2点は、ぜひ、日本で買っておきましょう。

クリアファイルは、書類やメモを挟んでおくときに重宝します。

また、タイ人は、物に名前を書かないので、『名前ペン』という概念が、そもそもありません。

『名前ペン』があると、プラスチックなどに「ちょっと書き込みたい」と思ったときに、すぐに書けますから、意外と役に立ちます。

3.折りたたみ傘

【雨季のタイ旅行の必須アイテム】の記事でもご紹介しているとおり…

雨季のタイは、「これでもか」というくらい、雨が降ります。

そのため、『折り畳み傘』は必須です。

これまた、タイで粗悪品を買うと、すぐに傘の骨が折れてしまいますので、

日本から「ずっと使えるもの」を選んで、持っていくようにしましょう!

・Amazon商品リンク
【 テフロン加工、超軽量、晴雨兼用の折り畳み傘 】

4.学生時代の名簿

海外生活中は、ふとしたきっかけで、「旧友」に連絡を取ってみたくなるものです。

学校の『クラス名簿』の、主要なページだけをコピーしておくようにしましょう。

A4用紙2,3枚程度なら、かさばりませんし、それに…

名簿というものは、見ているだけで、友人の顔が想い出とともに浮かんでくるものです。

持っているだけで、寂しさを紛らわしてくれます。

また、海外から絵葉書を送りたくなった時に、スマホでポチポチやるのも手間ですから…

住所録の「紙」が一枚あると、便利なんです。

逆に、住所録があれば、

「そうだ、絵葉書書こう」っていう気にもなります。

5.爪切り・耳かき・垢すりタオル

基本的に、洗面用具や化粧道具などは…

お気に入りのものがあるなら、日本から持参をするに越したことはありません。

しかし、その中でも、「これだけは絶対あったほうが良い」と言えるのが、

爪切り・耳かき・垢すりタオル

この3点です。

快適な生活のために必須

『爪切り』は、現地調達をすると、すぐに刃がこぼれたり、錆びたりしますので、

日本から、錆びにくくてよく切れる物を、1つ持参しましょう。

『耳かき』と『垢すりタオル』に至っては、

そもそもタイで売っていません。

こういうのは、快適な生活に欠かせない、ちょっとしたアイテムですから、

ぜひ、日本から用意しておくことをオススメします!

6.何度も読める本

『何度も読める本』というのも、けっこう重要です。

おすすめは、『名言集』や『詩集』など…

「どこのページをパッと開いても、そこそこ面白くて、タメになるもの」

というのが、理想です。

海外にいると、日本語の活字が恋しくなりますから…

「何でもいいから読みたい」という瞬間が必ず訪れます。

かと言って、何冊も持っていくと、荷物になりますから、こういう『厳選の一冊』というのは…

あなたが海外で寂しくなった時の「友」となってくれます。

ぜひ、日本にいるうちに本屋さんへ行って、『名言集』や『詩集』などを、じっくり探してみましょう!

7.デイバッグ・リュックサック

『デイバッグ』や『リュックサック』、これも、現地調達が「あまり期待できない」アイテムの1つです。

理由は、タイでカバンを買うと、ファスナーがすぐに駄目になったり、縫製が切れてしまったりするからです。

・ちょっとした外出用のカバン
・遠出用の大きめのリュック

この2つは、できれば日本で買っておきたいところです。

8.趣味で必要なツール

海外生活で意外と重要なのが、『趣味の時間』です。

私がこれまで見てきたところでは、海外生活を「つまらない・飽きた」と、不平をこぼす人は…

ほぼ全員、「無趣味な人」です。

海外生活では、趣味は確実に、「あったほうが良い」です。

例えば、

音楽が好きなら楽器

釣りが好きなら釣具

絵が好きなら画材

料理が好きなら包丁

を、日本から持っていく、ってことです。

ハッキリ言って、語学なんて、住んでいれば、そこそこ喋れるようになります。

それに、留学生活とは言え、「毎日24時間勉強し続ける」ってわけではありませんから、やっぱり…

「趣味の時間」

というものは、海外生活中も、確保しておいたほうがいいんです。

そのため、趣味で使う用の『日本製の高性能なツール』というのは、本当に重宝しますから、

ぜひ、性能の良い物を、日本から持参するようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、あなたが海外留学や海外生活をスタートするに際し、「これだけは絶対あったほうが良い物」として…

1.
スマホ用モバイルバッテリー

2.
名前ペンやクリアファイルなどの文房具

3.
折り畳み傘

4.
学生時代の名簿

5.
爪切り・耳かき・垢すりタオルなどの日用品

6.
名言集や詩集など、何度でも読める本

7.
外出用と遠出用で、リュックサック大小1つずつ

8.
趣味で必要なツール

以上8点を、ご紹介してきました。

いずれも、「意外と忘れがちだけど確実に重宝する」というようなものばかりです。

ぜひ、参考になさってみてくださいね!

つづく

…以上が、前編「持ち物編」となります。

あなたが渡航前に、「もう1つ」気にしているのは…

●日本にいる間にやっておくべきこと

ですよね。

日本を旅立つ前に、「絶対にやっておくべきこと」については、【後編】でご紹介していきます!

⇒【後編】へ続く

・Amazon商品リンク
留学生活の強い味方、
モバイルバッテリー↓


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 タイ語LINE通訳
タイ語のLINE内容や画像を、その場で翻訳いたします。
お気軽に、ご相談ください!
⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆