タイ語で「図々しい/厚かましい」は何と言う?~タイ人のおねだりを上手く回避する方法

ok-james / Pixabay

「知り合いのタイ人女性から、よく物をねだられる」という経験はありませんか。

初めのうちは良くても、おねだりの回数があまりにもかさんでくると、「ちょっと図々しいんじゃないの??」と、タイ語で言ってみたくもなりますよね。

そこで今回は、「図々しい/厚かましい」を表すタイ語のフレーズと、タイ人のこうしたおねだりを、うまく回避する方法について、ご紹介していきます。

「図々しい」はなんという?

まず、辞書的な意味としては、「図々しい」はタイ語で、

●หน้าด้านナーダーン

と言います。

先ほど、「辞書的な意味」という但し書きを入れたのには、理由があります。

それは、タイ語の「หน้าด้านナーダーン」と、日本語の「図々しい」、この両者は、かなり、ニュアンスが違うからです。

タイ語のหน้าด้านナーダーンのほうが、

「ネガティブさの度合い」がはるかに大きいです。

かなり否定的なニュアンス

これはタイ人に聞いた話ですが、タイ語の「หน้าด้านナーダーン」という言葉を使うのは、おおむね次のような場面だそうです。

●よその犬が、うちの犬の餌を食べにきた。

●よその猫が、勝手に家に入ってきた。

●知らない女が、勝手にうちの旦那に近づいてきた。

というような場面で、使うそうです。

つまり、一言で言うと、タイ語の「หน้าด้านナーダーン」には…

「人としてNG」
「そのラインを越えるのは非常識」
「分をわきまえなさい」

というような、かなり否定的なニュアンスが強く含まれています。

あまり面と向かって言わない方がいい

そのため、もしもあなたが、タイ人の言動に対して、「ちょっと図々しいんじゃないの?」と思ったとしても、

「หน้าด้านナーダーン」という言葉は、あまり口に出しては言わないほうがいいです。

上記にご紹介したとおり、タイ語で「หน้าด้านナーダーン」と発言することは、

「泥棒猫」「野良犬」「性悪女」

と言っているのも同然ですから、そういう語感を理解せずに、ただ辞書的な翻訳で、発言してしまうのは、禁物です。

「หน้าด้านナーダーン」という強い言葉を、日本人がタイ人に対して言ってしまうと、

場合によっては相手は逆上し、トラブルの元にもなりかねません。

「หน้าด้านナーダーンというタイ語もあるらしい」

ぐらいに考えておいて、実際の会話では、タイ人に面と向かって言わない方がベターです。

「とりあえず言ってみる」という国民性

「知り合ったばかりなのに、どうしてこんなにも図々しいの?」

このテーマを考える上で、1つ重要な事があります。

それは、「とりあえず言ってみる」というタイの国民性です。

「突発的なおねだり」は、タイでは普通のこと

タイ人は、「とりあえず言ってみる」というような軽い感じで、ものをねだってくることがよくあります。

これはいわば、タイ人の国民性のようなものです。

あなたもタイ人から、

「その時計、いいわねー、ちょうだい!」

というようなことを言われて、

「えぇーっ!なんで、あげなきゃいけねぇんだよ!」

と、面食らった経験はありませんか?

こうした「突発的なおねだり」は、タイ人の国民性なので、あまり深刻に受け止める必要はありません。

「ハハッ」

と、笑ってごまかして、その場をやり過ごしましょう。

間違っても、

「หน้าด้านナーダーン!(図々しいぞ!)」

などと、言ってはいけません。

現にタイ人同士の会話でも、こういう無謀で突発的なおねだりをされたときには、

タイ人は上手くごまかして、その場をやり過ごしています。

おねだりを断るのは、普通のこと

逆に言えば、「とりあえず言ってみる」という国民性がある以上、そのおねだりを断られることにも、タイ人は十分慣れているわけです。

ですので、おねだりをされた時は、すぐに断りましょう。

こうしたおねだりを深刻に捉えて、

「なんて厚かましいやつなんだ!」ということを考えてしまうと、お互いが気分を悪くしてしまいます。

ですので、もしもあなたが、こうした突発的なおねだりをされたときには、

さらっと断ってしまうのがベターです。

本当にあげてはいけない

逆に、あなたがここで、注意しなければならないことが、1つあります。

それは、タイ人の「とりあえず言ってみる」的なおねだりに対して、本当にあげてしまうことです。

たとえば、あなたの身近なタイ人女性が、「ねぇねぇ、そのストラップ、ちょうだい!」と言ってきたとします。

じつはこの時、

相手は特に「欲しい」とも思っていませんし、まさか本当にもらえるなんて、夢にも思っていません。

ただ、コミュニケーションの一環として、とりあえず、ねだっているだけなんです。

それなのに、もしも日本人が、そこで本当にあげてしまうと…

その瞬間から、その日本人は、「言えば何でもくれる人」というレッテルを貼られてしまいます。

こうなると、「とりあえず言ってみる」的なおねだりは、やむことがなく、

どんどんエスカレートしていきます。

今回の記事でご紹介しているように、こういうおねだりは、タイの国民性ですから、まともに相手をしてはいけないんです。

ですので、「タイ人がとりあえずねだってきた」というようなときには…

落ち着いて、慌てることなく、ましてや「หน้าด้านナーダーン!(図々しい!)」と怒ったりせず、

ただただ、「ハハッ」と笑って流すようにしましょう。

また、こうした国民性が、

「タイ人女性に騙される日本人男性」という構図を生み出している、最大の要因の1つにもなっています。

これについては、
【タイ人女性に騙される男性の特徴】の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、「図々しい/厚かましい)というニュアンスを表す、

「หน้าด้านナーダーン」

というタイ語について、ご紹介してきました。

私たち日本人が、タイ人のおねだりに対して「厚かましい!」と感じてしまうのは、単に、双方の文化の違いです。

「奥ゆかしさ」や「遠慮」を重んじる日本人とは正反対に、タイには「とりあえずねだってみる」というようなところがあります。

とりあえずねだってみて、

「もらえればラッキー、もらえなかったらマイペンライ!」ということです。

ですので、「หน้าด้านナーダーン!(てめえっ、厚かましいぞ!)」と言いたいときでも、ぐっとこらえて、

「タイではこれが普通」

と考えておくほうが、ストレスを溜めず、楽に過ごすことができますよ!


●タイ人から、突発的なおねだりをされたときには、笑ってごまかして、うまくその場をやり過ごすこと。
●「図々しいぞ!」と怒ってはいけないし、本当にあげてしまうのは、もっと良くない。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お知らせ

突然ですが、ここでクイズです。
この画像、何と書いてあるか、分かりますか?
somtam2 クイズの答えはこちら

これは、「タイ文字の看板」です。
もしもタイ文字を自由自在に読むことができれば、タイ滞在は、何倍も楽しいものになります。

当サイトでは、1日わずか5分のスキマ時間の学習で、難解なタイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる「タイ文字動画講座」を開講中です。

この機会をお見逃しなく!
⇒1日33円のオンラインタイ文字講座はこちら

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
⇒【 記事一覧 】へ戻る